「 飛距離アップ 」一覧

ミート率を高めてスピン量をおさえれば飛距離が伸びる

ミート率を高めてスピン量をおさえれば飛距離が伸びる

ミート率を高めてスピン量を押さえれば飛距離が伸びます(1)クラブフェースの「芯」で打つ(2)前傾姿勢を変えないスイング(3)腹筋と背筋で起き上がりを防止(4)インサイド・アウトでスピン量をおさえる・・・

記事を読む

シニアーでも”まだまだ”飛距離は伸びる

シニアーでも”まだまだ”飛距離は伸びる

「最近、飛ばなくなったなー」 と悩んでいませんか? 60歳を過ぎて飛距離の低下を感じている人も多いでしょう。 もしかすると...

記事を読む

ドライバー250ヤード以上飛ばすコツとテクニック公開

ドライバー250ヤード以上飛ばすコツとテクニック公開

ドライバーショットが安定しない、飛ばない・・・ と悩んでいませんか? ドライバーの飛距離アップを望むゴルファーがとても多いと思います...

記事を読む

ドライバー飛んで、曲がらないボールを打つ

ドライバー飛んで、曲がらないボールを打つ

ここに飛ぶドライバーと方向性が安定したドライバーがあります。 飛ぶドライバーは、飛距離が最大になるドライバー、280ヤードは軽く飛び、...

記事を読む

飛距離アップのコツを掴めばドライバーで250ヤード以上飛ばせる

飛距離アップのコツを掴めばドライバーで250ヤード以上飛ばせる

ドライバーの飛距離アップには何が必要なのか?飛ばしには、「ボール初速」「打ち出し角」「スピン量」の3つが適切でなければいけません。そしてそれぞれの要素を手に入れるために、3つのポイントをおさえておく必要があります。。。

記事を読む

飛距離が出るドライバーの打ち方があります!

飛距離が出るドライバーの打ち方があります!

左手主導のスイングをするとスイングの再現性が高くなります。ヘッドも走りやすくなり飛距離もでやすいです。どうすれば左手主導のスイングができるのでしょうか?

記事を読む

アーリーリリースを直して飛距離が出るタメを作る

アーリーリリースを直して飛距離が出るタメを作る

アーリーリリースとは、バックスイング時のコックの「タメ」をダウンスイングの早いタイミングで解いてしまうスイングです。アーリーリリースはパワーが開放されて飛距離が出にくくなります。飛距離が出る人は「自然なタメ」が出来ています。

記事を読む

ゴルフはひじから下の力を抜いたほうが飛ぶ

ゴルフはひじから下の力を抜いたほうが飛ぶ

ゴルフではよく「力を抜いたほうが飛ぶ」と言われます。 といっても、「どこで力を抜くのか」と考えると難しくなります。 肩からぶら下...

記事を読む

ダウンブローでアイアンの飛距離アップ

ダウンブローでアイアンの飛距離アップ

アイアンで番手通りに飛ばすためには、 ヘッドスピードを上げることとダウンブローをマスターすることが重要です。 アイアンの飛距離は、イ...

記事を読む

ビハインドザボールで飛距離を伸ばす方法

ビハインドザボールで飛距離を伸ばす方法

ドライバーショットで飛距離の出る人のスイングには共通点があります。 その共通点の中でも重要なのが”ビハインドザボール”です。 ”...

記事を読む

ドライバーの飛距離ロスを知ってもっと飛ばそう!

ドライバーの飛距離ロスを知ってもっと飛ばそう!

ドライバーの飛距離アップを望んでないゴルファーなどいないでしょう。 ですが、多くのゴルファーがなんらかの「飛距離をロスしている原因」を...

記事を読む

ドローボールの打ち方

ドローボールの打ち方

ドローボールとは回転によってボールが右から左へ大きく曲がるような軌道を描くことであり、ドライバーショットでこのドローボールが打てれば相当な飛...

記事を読む

「右肩」の使い方が上手い人は飛距離がでます!

「右肩」の使い方が上手い人は飛距離がでます!

練習場で若い人のドライバーショットをみると「もっと飛ばしたい!」と思いますね。 飛距離が伸びれば、セカンドショットで短いクラブが使えま...

記事を読む

スポンサーリンク