「 2018年02月 」一覧

ゴルフスイングを安定させる効果的な練習方法

ゴルフスイングを安定させる効果的な練習方法

素振りの時はものすごく安定して振れているのに、ボールを打つ時には、フラフラになっているなんて場合もあります。このパターンの人もかなり多いです。安定感のない不安定なスイングになるのは、実は間違った体重移動をしている場合が多いのです。

記事を読む

ゴルフの基本をマスターすればアイアンがナイスショットする

ゴルフの基本をマスターすればアイアンがナイスショットする

基本を守らないと、スイングが安定せず飛距離もでないのです。スイングの基本とは・軸がぶれない・スイングプレーンが安定・一定したリズムでスイング・フィニッシュでバランスがとれているなどです。では、どうすれば、良いショットが打てるのでしょうか?

記事を読む

ショートアイアンのひっかけを防ぐにはコツがある!

ショートアイアンのひっかけを防ぐにはコツがある!

ロングアイアンは右に、ショートアイアンは左に飛びやすくなっているのです。じゃあ、どうすれば良いのか?「ショートアイアンでボールをひっかける」を防止する方法があります。なぜショートアイアンはひっかけるのか?ショートアイアンは、ロフトの角度が大きいからです。

記事を読む

40ヤードから寄せワンにするアプローチ

40ヤードから寄せワンにするアプローチ

ピンまで40ヤードの距離を、あなたならどう打ちますか?近すぎてフルショットはできない、転がすにはちょっと遠すぎる。体の回転を使って、適正な振り幅でスイングすることが重要になります。落としどころ重要!

記事を読む

アプローチのダフリやトップを防止する6つの方法

アプローチのダフリやトップを防止する6つの方法

アプローチのダフリ、トップ!素振りは上手くできても、いざボールを目の前にすると、イメージ通りの素振りが再現できずに、ボールの手前で“ざっくり”とダフってしまったり、トップして奥のバンカーに入ったり、バンカーからの脱出に失敗したり、散々な結果を招くことが多いですね。

記事を読む

バンカーショットの基本を習得すれば一発で脱出できる

バンカーショットの基本を習得すれば一発で脱出できる

バンカーにボールが入ると色々なショットが要求されます。あごの高いバンカーショット、ピンが遠いバンカーショット、ピンが近いバンカーショット、目玉のバンカーショット、左足下がりのバンカーショット、、、状況により様々ですね。バンカーショットは簡単に考えた方が良い。

記事を読む

アプローチの片手打ちドリル

アプローチの片手打ちドリル

スコアの70%はピンから120y以内で打たれる! だから、アプローチを重点的に練習すべきです。 これは、帝王ジャック・ニクラウス...

記事を読む

アプローチショット傾斜地から確実に寄せる

アプローチショット傾斜地から確実に寄せる

左足上がりの傾斜の攻略法。あなたは「何を注意」してボールを打ちますか?『上り傾斜だから、大きめのクラブを使う!』 これは「正しい考え方」ですが、もう少し注意すべきことがあります。「左足上がりの傾斜」は、「番手を大きくする」だけではスコアを損する可能性があります。

記事を読む

ピッチエンドランとピッチショットの練習方法

ピッチエンドランとピッチショットの練習方法

アマチュアに一番必要なショートゲームのワザはピ ッチショットやピッチエンドランです。 ボールの位置とクラブを変えることで多彩なアプロー...

記事を読む

アプローチを上達して寄せワンの数を増やせ!

アプローチを上達して寄せワンの数を増やせ!

100を切れない、 90を切れないと悩んでいませんか? プロの世界でドライバーで300y以上飛ばす選手がたくさんいます。 ...

記事を読む

ラウンド中の褒め言葉はナイスショット、ナイスパー

ラウンド中の褒め言葉はナイスショット、ナイスパー

一緒にラウンドをして楽しいゴルファーとなんとなく楽しくないゴルファーと詰まらないゴルファーがいます。 せっかくですから、「あの人とゴル...

記事を読む

ロングアイアンで長いミドルホールをパーオンさせるには?

ロングアイアンで長いミドルホールをパーオンさせるには?

今から、ロングアイアンでグリーンを狙います。 ピンまで175ヤード。 ピンはグリーンセンター。 グリーン手前には大きなバン...

記事を読む

スイングの力みは飛距離ロスの原因

スイングの力みは飛距離ロスの原因

スイングにおいて力みはミスが出る大きな原因です。 力みがあるだけで、軸が動いてしまったり、上体がかぶってしまったり、肩が上がってしまっ...

記事を読む

スポンサーリンク