「 パター練習法 」一覧

上達するパターの練習方法で最も重要なことは、毎日の積み重ねの練習とメンタル面でした。感情をコントロールし、常に良いイメージを持ち続けること。それを踏まえてパターを練習することが、アプローチへ、ゴルフ全体の上達へとつながっていきます。ゴルフのヒントを見つけ、自身のゴルフ上達のために利用ください。

ショートパットが得意になる方法

ショートパットが得意になる方法

ショートパットが入らないと悩んでいる人へ! ショートパットを入れるために、一番大切なのは、インパクトでフェース面が目標方向にスクエアに...

記事を読む

パットの距離感を養うにはパターの芯で打て!

パットの距離感を養うにはパターの芯で打て!

もっとも簡単に、 素早くあなたのゴルフスコアをアップする方法は、パット数を減らすことです。 パット数を減らすにはパットの距離感を...

記事を読む

パターの距離感と方向性を養い3パットを減らす

パターの距離感と方向性を養い3パットを減らす

「3パットが多い」とお悩みなら、、、 ロングパットの距離感を磨くことでスコアが大幅に良くなる可能性が高いです。 3パットが多いの...

記事を読む

パッティングの距離感を視覚化する!

パッティングの距離感を視覚化する!

距離感はボールの転がる「スピード」をイメージ アマチュアには、パッティングの距離感をストロークの振り幅でイメージしている人が多い。もちろん...

記事を読む

パッティングのリズムとテンポは「1、2」

パッティングのリズムとテンポは「1、2」

ゴルフでは、リズムが大切だとよく言われますが、これはパッティングでも同じです。 例えば、 ・ラインを確認したら、ボールの前でター...

記事を読む

パッティングの始動のきっかけ

パッティングの始動のきっかけ

■フォワードプレスの利点とは ゴルフが難しいのは、「止まっているボールを打つ」ゲームだから、とよくいわれます。ボールが止まっていると、...

記事を読む

パターの距離感、右手1本で養う方法

パターの距離感、右手1本で養う方法

パターは、ドライバーやアイアンと比較して、 初心者でも手軽に打つことができるショットです。 しかし距離感を合わせることが難しく、 ...

記事を読む

パターは入れる?寄せる?これこそパター!

パターは入れる?寄せる?これこそパター!

あなたは、パターを打つ時、何を考えて打っていますか? 正しくストロークできるようにって考えていますか? これは大事ですね、練習通...

記事を読む

パッティングは打つのではなく、転がすイメージを持て

パッティングは打つのではなく、転がすイメージを持て

パッティングでボールを転がすことを何といいますか? おそらく「ボールを打つ」「パットを打つ」「パターで打つ」のように「打つ」という人が...

記事を読む

素振りをしないでパッティングしてみる!

素振りをしないでパッティングしてみる!

パッティングの前に素振りをしないゴルフアーはめったにいない。 たしかに、素振りはタッチを出すためにはきわめて有効だが、間題は、その素り...

記事を読む

パターのストローク「真っ直ぐ引く」か「インに引く」?

パターのストローク「真っ直ぐ引く」か「インに引く」?

パターのストロークの軌道! 「真っ直ぐ引く」か「インに引く」か、 パッティングにおけるストロークの軌道については、 さまざまな説...

記事を読む

パターは自分に合ったストロークタイプで選ぶ

パターは自分に合ったストロークタイプで選ぶ

みなさんは、自分に適したパターをどんな基準で選んでいますか? 自分に合ったパターを選ぶのは大変なことです。 パター選びのポイント...

記事を読む

グリーンの傾斜は4方向から読めば距離感が合わせやすい

グリーンの傾斜は4方向から読めば距離感が合わせやすい

グリーンに向かう時に全体傾斜を読みグリーン上では4方向から読みましょう。 グリーンの読み方を間違えていたのでは正しくストロークできても...

記事を読む

パッティングは構え方、打ち方、握り方が重要

パッティングは構え方、打ち方、握り方が重要

パッティング上達の方法は、極めて簡単です。 狙ったところにボールを転かすたけです。 方法は2つ。 ひとつは、スイングを磨く...

記事を読む

パターが上達するテンポ(振り子のリズム)の作り方

パターが上達するテンポ(振り子のリズム)の作り方

パターをパチンと打ってしまい、大オーバー!! あなたもこんな経験ありなせんか? パターで多いミスは「打ち急ぎ」です。 パタ...

記事を読む

スポンサーリンク