「 アイアン練習法 」一覧

ロングアイアンを上手に打つにはコツがある

ロングアイアンを上手に打つにはコツがある

ロングアイアンの飛距離が出ない 3番、4番、5番アイアンが難しい、 という人が多いです。 ロングアイアンを抜いてユーティリティー ...

記事を読む

アイアンのすくい打ちを直す簡単な方法

アイアンのすくい打ちを直す簡単な方法

ゴルフスイングは下向きにボールを打つもので、すくい上げる打ち方は無いのです。「ボールを上げようとする動き」はゴルフをはじめる全ての初心者が一度はおちいる間違いです。もしあなたがすくい打ちをしているならすくい打ちを直しましょう。緩やかなダウンブローを身に付けて下さい。

記事を読む

フェード、ドロー、高いボール、低いボールなど球筋を打ち分ける

フェード、ドロー、高いボール、低いボールなど球筋を打ち分ける

ほとんどのアマチュアゴルファーにとって球筋を打ち分ける必要はありません。 むしろ「常に同じボールを打ち続ける」という方が良いスコアはだ...

記事を読む

ショットの原点はPWで50ヤードの練習

ショットの原点はPWで50ヤードの練習

この練習がゴルフ上達への近道になるはずです。 練習場でひたすらPWで50ヤードを打ち続ける。 地味な練習かもしれませんが、ゴルフ...

記事を読む

クラブの芯でボールを捉える練習方法

クラブの芯でボールを捉える練習方法

インパクトの形が悪いと アイアンショットでダフリやトップになります。 ドライバーが曲がりやすくなり飛距離をロスします。 正...

記事を読む

正しいスイング作りは体の回転と腕の振りを基本にする

正しいスイング作りは体の回転と腕の振りを基本にする

アドレスの状態から正しくバックスイングを開始するのは難しいですね。 バックスイングがはじまり、トップが正しい位置にくればスイングは60...

記事を読む

アイアンショットの飛距離を把握する方法

アイアンショットの飛距離を把握する方法

あなたは自分のアイアンの飛距離を 正確に知っていますか? 上手いプレーヤーはパーオン率が高いです。 パーオンが出来る大きな...

記事を読む

確実にアイアンショットを安定させる方法

確実にアイアンショットを安定させる方法

ここでご紹介する実践法は あなたのアイアンショットが安定し、 スコアアップの大きな効果があることを約束します。 パーオン率...

記事を読む

ショットを安定させる簡単なドリル

ショットを安定させる簡単なドリル

どうすればショットが安定するのか? 腕の使い方が上手いとショットが安定します。 ・体と腕が同調してショットの方向性が安定します ...

記事を読む

フルスイングをしないアイアンのコントロールショット

フルスイングをしないアイアンのコントロールショット

9番アイアン以下のショートアイアンやウェッジは狙った場所に打つ重要なクラブです。 練習の半分は9番アイアンを打つとスコアが改善されます...

記事を読む

アイアンの飛距離が極端に落ちる原因

アイアンの飛距離が極端に落ちる原因

アイアンの飛距離が極端に落ちた・・・ もしあなたが 「アイアンの飛距離が極端に落ちた」とお悩みなら! アイアンショットで大...

記事を読む

アイアンのダフリや飛距離不足を解消するドリル

アイアンのダフリや飛距離不足を解消するドリル

アイアンがダフル、飛距離が出ない ダウンブローに打てると、打感は最高です。 適正なロフトでボールをとらえるので 飛距離がで...

記事を読む

アイアンの距離感と方向性を磨くには?

アイアンの距離感と方向性を磨くには?

なぜ、アイアンのショットが安定しないのか? と悩んでませんか? アイアンで狙った場所にボールを打つには、 距離感と方向性を...

記事を読む

今日のゴルフは雨!雨でもラウンドを楽しめる方法がある

今日のゴルフは雨!雨でもラウンドを楽しめる方法がある

雨の日はボールの回転数が少なくなります。すると、、、 ボールの曲がり幅が小さくなります。ドローやフェードの曲がり幅が小さくなります。ボールが高く上がらなくなります。球筋が変わるので、考慮しましょう。

記事を読む

スポンサーリンク