「 アプローチ練習法 」一覧

アプローチでカップインを狙うには「方向性」が重要なのでグリッププレッシャーを強めにしてボールを「打つ」というより「ラインに押し出す」というイメージがオススメです。ラインに押し出すイメージをだすには素振りが重要です。なんとなくの素振りではなく、本番と同じふり幅、同じリズムで素振りをします。

30ヤード以内のアプローチが上手くなる簡単な方法

30ヤード以内のアプローチが上手くなる簡単な方法

今日、知り合いと一緒にラウンドをしてきました。 ゴルフが上手い人はショートゲームが上手いです。 特に30ヤード以内のアプローチで...

記事を読む

ショートゲーム攻略がゴルフ上達への近道

ショートゲーム攻略がゴルフ上達への近道

ゴルフが上手い人はアプローチが上手いです。 アプローチが上手い人は30~50ヤード以内の寄せワンが多いです。 短いアプローチの寄...

記事を読む

苦手なグリーン周りのアプローチを克服!

苦手なグリーン周りのアプローチを克服!

グリーン周りのアプローチが苦手という人が多いようです。 トップしたりザックリしたりのミスショットが出やすいだけでなく、距離感が合わない...

記事を読む

グリーン周りを簡単にするゴルフマネージメント

グリーン周りを簡単にするゴルフマネージメント

100を切れない、90を切れない と悩んでいる殆どのゴルファーは、アプローチとパットで損をしています。 アプローチが簡単になる方...

記事を読む

どうすればアプローチのミスを減らせるのか?

どうすればアプローチのミスを減らせるのか?

もしあなたが、 グリーン周りのアプローチが苦手、ダフリが多い と悩んでいるのであればオススメの解決方法があります。 アプロ...

記事を読む

80ヤード以内をどうすればベタピンにできるか?

80ヤード以内をどうすればベタピンにできるか?

ゴルフは80ヤード以内のショットがスコアに大きく影響します。 80ヤード以内の距離を正確に打てるようになれば スコアは素晴らしいもの...

記事を読む

寄せワン増やすなら得意なクラブを1本を作れ!

寄せワン増やすなら得意なクラブを1本を作れ!

ゴルフが上手い人はアプローチに使う得意クラブがあります。 アプローチの打ち方を簡単にするには「アプローチで得意なクラブを1本作る」とい...

記事を読む

30ヤード以内、どうすれば寄せワンを増やせるのか?

30ヤード以内、どうすれば寄せワンを増やせるのか?

ピンまで30ヤード以内、、、この中途半端な距離を苦手と感じている方は少なくないです。あなたも30ヤードからピンに寄らないと悩んでいませんか?30ヤードは寄せワンを取りたい距離です。この距離から寄せワンを増やせると一気にスコアアップできます。

記事を読む

ゴルフ初心者!基本アプローチショットのポイント

ゴルフ初心者!基本アプローチショットのポイント

アプローチのミスが減らない・・・ と悩んでいませんか? アプローチでミスせずにワンピンに寄せられたらスコアは絶対に良くなります。...

記事を読む

ショートゲームどうすれば、寄せワンが取れるか?

ショートゲームどうすれば、寄せワンが取れるか?

ショートゲームはスコアアップの近道です。 30ヤード前後の距離を苦手としている方は多いです。 30ヤードからピタリと寄せられると...

記事を読む

ピン傍によるアプローチウエッジの練習方法

ピン傍によるアプローチウエッジの練習方法

ウェッジによる距離のコントロールは、それぞれのウェッジで確実に打てる距離を見付けることです。 人によって身体能力に差はあるが、ピッチン...

記事を読む

バンカーショットは砂を強く叩いて快音を聞く

バンカーショットは砂を強く叩いて快音を聞く

バンカーショットのコツは、砂を浅く取ることです。 近代のサンドウェッジは、リーディングウエッジに比べて、後ろのエッジを低くして”バウン...

記事を読む

サンドウエッジのバウンスを使えばバンカーは簡単に脱出できる!

サンドウエッジのバウンスを使えばバンカーは簡単に脱出できる!

バンカーショットは直接ボールを打たずに砂の勢いでボールを運びます。フェースを開かないとクラブが砂に潜ってしまい砂が前に飛びません。フェースを開くとクラブヘッドが砂に潜りにくくなります。バンカーショットの基本は「フェースを開く」です。

記事を読む

40ヤードから寄せワンにするアプローチ

40ヤードから寄せワンにするアプローチ

ピンまで40ヤードの距離を、あなたならどう打ちますか?近すぎてフルショットはできない、転がすにはちょっと遠すぎる。体の回転を使って、適正な振り幅でスイングすることが重要になります。落としどころ重要!

記事を読む

アプローチのダフリやトップを防止する6つの方法

アプローチのダフリやトップを防止する6つの方法

アプローチのダフリ、トップ!素振りは上手くできても、いざボールを目の前にすると、イメージ通りの素振りが再現できずに、ボールの手前で“ざっくり”とダフってしまったり、トップして奥のバンカーに入ったり、バンカーからの脱出に失敗したり、散々な結果を招くことが多いですね。

記事を読む

スポンサーリンク