この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェアーウェイウッドをコースで成功させる方法

フェアーウェイウッド、

練習では上手くいくのにコースではフェアーウェイウッドのミスが多い、、、

こんな悩みを持つゴルファーは少なくないです。

フェアーウェイウッドが得意になると距離の長いホールでもスコアを崩さずにすみます。

フェアウェイウッドを使いこなせるとゴルフが楽になります。

ドライバーでミスをして飛距離がでなくてもセカンドショットでグリーンを狙えます

フェアーウェイウッドのミスを減らす方法

例えば、420ヤードのミドルでドラーバーが200ヤードの飛距離でもフェアーウェイウッドで180~200ヤードが正確にショットできれば、次は、ショートアプローチでピンを狙えます。

ティーショットで飛ばそうとせずに済むのでミスショットが減ります。

フェアーウェイウッドを得意になるとスコアアップに繋がります。

フェアーウェイウッドの打ち方

フェアーウェイウッドのミスを減らす方法として、

(1)ボールの位置は体の中心よりやや左

フェアーウェイウッドが苦手という方はボールの位置が間違っているケースが多いです。

ドライバーのように左過ぎたりアイアンのように体の正面になっていたりします。

ボールの位置は個人差がありますが次の位置を標準と考えて良いです。

「体の真ん中から5センチほど左」

体の真ん中はクラブの最下点になりやすいです。

そこから少し左のあたりにボールを置くと払い打ちができるようになります。

(2)ボールを上げようとしない

フェアーウェイウッドで多いミスはボールを上げようとする動きです。

ボールはクラブが上げてくれます。

ボールをスイングで上げようとするとダフったり、トップになりやすいです。

「低いボールを打つ」という

イメージで打てば、すくい打ちを防止しやすい。

フェアウェイウッドでボールが上がる打ち方

FWでトップになる原因は、ボールを上げようとするからでしょう。

ボールを上げようとすれば、アッパースイングになります。

ボールの下は地面なので「ダフリ」「トップ」になります。

ティーアップしているボールならなんとか打てますが、地面にあるボールは打てません。

FWのスイングは

•ダウンブロー気味に打つ
•ダウンブローでも良い
•払い打ちでも直接当てれば良い

ボールが上がらない最大の欠点とは直接ボールが打てていないのでしょう。

アイアンは少々ダフリでも飛びますがFWはダフリだとボールは転がるだけです。

FWは「払い打ち」のイメージではなく、ダウンブローが良いです。

ただ、、、意識してダウンブローに打つのは難しいです。

FWでダウンブローに打つオススメのドリルがあります。

・ボールの左横に葉っぱを置きます。

・ボールと葉っぱを一緒に打つ

をお試しください。

適度なダウンブローになりボールはロフト角通りに上がります。

追記:

FWでボールが上がらないのはボール位置

FWでボールが上がらないのはアドレスのボール位置を間違っているケースがあります。

アドレスのボール位置は、FWは最下点が基本です。

このボール位置が基本になりますが、状況次第でボール位置は多少変わることもあります。

ヘッドの最下点とは、素振りしてクラブが地面と接触する中心です。

ショットする前に素振りをして最下点を探してみましょう。

参考になれば幸いです。

忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
フェアーウェイウッドをコースで成功させる方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!