上手くなるゴルファーの練習方法とは?

上手くなるゴルファーと上手くならないゴルファーには、練習方法に大きな違いがあります。

なかなか上手くならないゴルファーにはある共通点があります。

「練習をしない」というのは論外ですが、練習方法に問題があります。

練習場についてなんとなくボールを打つ。

問題は何となくボールを打っているという状態。

とりあえず、練習場でボールを打つ。

運動にはなるけど、これは練習ではありません。

これとは別に、上達が早いゴルファーの練習方法はどうでしょう!

上手くなるゴルファーの共通点はコレです。

次のラウンドに向けて、課題が明確

上達が遅い人は「練習」で課題を見つけ、上達が早い人は「ラウンド」で課題を見つける。

ラウンド見つけた課題を克服するために練習をします。

課題がアプローチであれば、練習場の1階で集中して練習する。

課題がショートパットであれば、家でパット練習をする。

ラウンドで緊張するなら、気の合うパートナーとラウンドする。

何気にラウンド中に普段できなかったことが出来てしまったショットは、ラウンド終了後、練習場で繰り返し練習する。

課題によって何をするかが変わります。

課題が明確なので、次のラウンドまで集中して取り組めます。

そして、次のラウンドでその成果を確認できます。

スコアアップに重要な課題に集中するので、上達が早くなるわけです。

ゴルフが上達する人の3つの共通点

ゴルフが短期間に上達する人と、練習を沢山しているのに、上達しない人がいます。

なぜ、短期間に上達する人と、上達しない人がいるのか?

観察していて、上達が早い人に共通点があることに気づきました。

その3つとは…

・「ゴルフクラブにふれる機会が多い人は、上達が早い」

・「自分より上手な人と練習やラウンドをする機会が多い人は、上達が早い」

・「自分のゴルフに固執せずに、いろいろ試す人は、上達が早い」

順番に説明しますね。

(1)「ゴルフクラブにふれる機会が多い人は、上達が早い」

「ゴルフを上達するにはどうしたら良いのか?」

プロゴルファーは毎日、毎日、ゴルフの技術を磨き続ける。

それも、何年も集中して。

アマチュアの人は、

「1年もゴルフを続けているけど、上達しない。何故なのか?」

回答はコレです、

「その1年間、どのくらいゴルフをしたのか?」

「え、週1なので・・・50回ほど・・」

そうなんです。

多くのアマチュアはプロから見れば、ゴルフクラブにふれている回数が圧倒的に不足している。

長い年数、ゴルフをしていても、実はそれほどゴルフをしている時間は多くない。

だから、

「上達するために、まず必要なことはゴルフクラブにふれる機会を増やすこと」

(2)「自分より上手な人と練習やラウンドをする機会が多い人は、上達が早い」

自分より上手な人と、練習やラウンドをすると、自分でも気づかないうちに上達が早くなります。

無駄な練習をしていれば、指摘をしてくれます。

有効な練習をしていることが多いので、真似することで上達が早くなります。

上手な人は、ゴルフに対して誰よりも真面目で、熱心で、沢山練習します。

ですので、そんな人と練習やラウンドをする機会が多いと、あなたも、ゴルフに対して、真面目で、熱心で、沢山練習するようになります。

上達が早くなるので、練習も、ラウンドも楽しくなります。

ですので、

「一緒にゴルフを楽しめる、自分よりゴルフが上手な人を見つけましょう。」

(3)「自分のゴルフに固執せずに、いろいろ試す人は、上達が早い」

ある意味「素直さ」に近いかもしれません。

ゴルフ上達の条件は、「素直」な人は、上達が早いです。

ゴルフが上手な人は、長年の経験で、「何をすれば、ゴルフが簡単になるか」を知っています。

ですので、

上級者の意見は、一度は「素直」に聞くことをおススメします。

上級者のアドバイスは、一度試してみて、自分に合う「上達のコツ」だけを取り入れましょう。

今、80を切っている人は、

その前に100の壁を越え、90の壁を越えています。

ゴルフでぶつかる壁というのは、殆どの人が同じです。

今の自分のゴルフに固執せずに、上級者のアドバイスをいろいろ試す人の方が、上達が早いです。

ゴルフが上達する練習打席の選び方

練習場練習場の打席をどうやって選んでいる?

打席の選び方が悪いと、スイングに「悪い癖」がつく場合があります。

打席の選び方が良いと、練習の効率が良くなり、ゴルフが上達します。

ベテランゴルファーの多くは、1階の打席を選ぶことが多いようです。

おそらく、

・アプローチ練習をしたい
・ラウンドの風景に近い

という理由だと思います。

ただ、2階席もメリットは多数あります。

2階席のメリットは、

・ボールを打ち上げようとしないので、アッパースイングの防止になる

・打席が空いているので、スイング撮影がしやすい

・打席が空いているので、リラックスして練習できる

・打ち下ろしの練習ができる

・視界がティーグラウンドに近いので、ティーショットの練習になる

・待ち時間が少ない

最近、私は2階打席を使っています。

一番の理由は、アッパースイングを防止したいからです。

練習場のボールは、本番用ボールに比べて、打球の高さが3割ほど落ちます。

ボールが低く飛ぶので、1階でボールを打つと、無意識のうちにアッパースイングをしたくなるのです。

特に、1階打席が打ち上げになっている場合は、アッパースイングを誘発するので要注意です。

アイアンのアッパースイングは最悪です。

トップ、ダフリの原因になります。

あなたがアプローチの練習をメインに行いたいなら、1階打席で行うと良いでしょう。

ドライバー、アイアンの練習をしたいなら、2階席をオススメします。

参考になれば幸いです。

60歳以上の方でも
クラブを変えずに飛距離を伸ばした
最速飛距離アップ術に興味ありませんか?

ゴルフ飛距離130%ブースター

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう