腹筋と背筋を使えば捻転が深くなるテークバックができる

アマチュアの方のテークバックは、腕や手から始動されてるケースが結構多いです。

捻転パワーを最大限ヘッドスピードにいかすためにも、身体の動きと連動したスウィングが必要とされます。

腕や手から始動すると、体の動きに腕がついてくる一体感のあるスウィングになりにくいからです。

テークバックでは、右ひざを動かさないで、まず胸を右に回すことを始動のきっかけにします。

この胸の回転に引っ張られるようにして、クラブヘッドを低く動かします。

巷ではよく肩を回すという人もいますが、肩を回すと、左肩がアゴに近づいて、スムーズなスイングができません。

それより胸を回した方がスイングが大きくなります。

テークバックは、肩を回すというより胸を右に回す意識を持つことで、腕ではなく体主体の動きに連動して腕がついてくるという動きになります。

腕でテークバックしていくと、どうしても腕や手からクラブを降ろそうとしてしまい、安定性に欠けてしまいます。

この胸を回すという意識があれば、上体全体で捻ろうとしますので、スウィングに大事な腹筋と背筋を使うことにもなるし、捻転が深くなりパワーも当然たまります。

この深い捻転のパワーを、右股関節で受け止めて、パワーを逃さずに、その後のヘッドスピードへと繋げます。

スイングはテイクバックからフィニッシュまでの筋肉や関節の使い方が正しければスムーズな身体運動により、全てがうまく連動していきます。

胸でテークバックができれば、飛距離アップとスイング安定を期待できます。

あなたも、ゆっくりテークバックしてみませんか?

バックスイングはゆっくりがいい

飛距離不足に悩むゴルファーの多くは、バックスイングをあげるスピードが速すぎます。

筋力のある男子プロは、早いテークバックでも肩を捻転できます。

練習量の少ないアマチュアゴルファーが早すぎるテークバックをすると肩を充分に回すことが難しくなります。

手や腕だけでクラブを上げてしまいます。

手や腕の小さな筋肉でクラブをあげると体幹の大きな筋肉を使えません。

手や腕の小さな筋肉は器用に動くのでスイングの再現性が低くなります。

小さな筋肉は器用に動きますがパワーが小さいです。

手や腕の小さな筋肉でクラブをあげるとスイングの再現性も悪くなりますし、飛距離も落ちます。

ゆっくりテークバックをすると、体幹の大きな筋肉を使ってテークバックが出来ます

大きな筋肉は器用に動かないのでスイングの再現性が高くなります。

大きな筋肉はパワーが大きいのでヘッドスピードが上がります。

大きな筋肉を使って、ゆっくりテークバックをするとスイングの再現性も良くなり、飛距離もアップするわけです。

男子プロのスイングは真似してはダメ!

理想的なスイングリズムというのは個人差があります。

自分にとって最適なスイングリズムを見つけましょう。

男子プロのスイングはとても早いので真似するとリズムが悪くなるでしょう。

筋力のある男子プロはスイングリズムが早いです。

男子プロのスイングを参考にしてもスイングリズムを参考にするのはNGです。

プロの真似をせず「今よりもゆっくり上げる」を試してみてはいかがでしょうか?

スイングが安定して、飛距離も伸びますよ。

殆どのアマチュアゴルファーはスイングリズムが早いために、スイングの再現性が低く、飛距離もロスしています。

あなたに最適なスイングリズムを見つけましょう。

スイングが安定して、飛距離が伸びます。

自分にあったスイングリズム

今よりも、飛距離を伸ばしたい!

あなたの飛距離を伸ばす“簡単”な方法が見つかります。

その方法とは、スイングのリズムには、飛距離が出るリズムと、飛距離が出ないリズムがあります。

では、飛距離が出るスイングリズムとは?

「あなたの体に最も無理のないスイングリズム」です。

飛距離を出すためには、「単にスイングするスピードが速ければいい」ではありません。

飛距離不足に悩む多くのゴルファーが、飛ばそう、飛ばそうと、スイングスピードを早くします。

すると、「打ち急いだスイング」になり、スイングが不安定になり、飛距離をロスします。

飛ばそうとして、逆に飛ばないスイングをしているのです。

では、どうすれば良いのか?

正解は、あなたにとって『理想的なリズム』でスイングをする。

理想的なリズムは、人にそれぞれに違います。

体格も違いますし、使っているクラブも違うからです。

あなたにとって、理想的なリズムでスイングをすると…

  • スイング軸が安定する
  • 芯を食う確率が高くなる
  • インパクトでヘッドが加速する
  • 気持ちよくクラブが振れる

そうすることで…

ショットが安定し、飛距離も伸びます。

では、あなたにとって理想的なスイングリズムを見つけるために、実際にどうするのか?

左腕のみで素振りをして、気持ちよくクラブを振れるリズム

これが、あなたにとって、理想的なスイングリズムです。

左腕のみで素振りを行うと、両腕で素振りをしていた時に比べて速いスピードでクラブを振ることができません。

この左腕のみで素振りをしたゆっくりしたスピードのスイングが、あなたの体に最も無理のないリズムで、あなたのスイングの軌道が一番安定するリズムなのです。

この左腕のみ素振りをした時のスイングリズムで、両腕でボールを打つと、芯を食う確率が一番高く方向性が一番安定します。

簡単な方法ですが効果抜群です。

是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m