フックを直すには自分の球すじを知る

hookゴルフをはじめた頃はスライスが多く、徐々にスライスが直ったと思ったのに今度はフックになるケースが多くなった。

フックはゴルフ中級者、上級者に多い悩みです。

フックを直して、ショットの方向性を安定させることが目的です。

ショットの方向性が安定すれば、、、

・OBの数が減ります

・ラフ、バンカー、林、池にボールを入れてスコアを崩さずにすみます

・フェアーウェイを歩きながら楽しくラウンドできます

・ボールの曲がりが小さいと、同じヘッドスピードでも飛距離が伸びます

フックを直すにはちょっとしたコツがありますのでご紹介します。

スポンサーリンク

まずは自分のフックの種類を知ることから

自分のフックの種類とは、、、

(A) 目標方向に飛んでから、左に曲がる

(B) 目標方向より左に出てから、左に曲がる

ボールが目標方向に対して、どの方向に飛んでいるか

をチェックすれば自分のフックがわかります。

(1)フックの直し方の分析

ボールはクラブヘッドの動く方向に飛び、フェースの向いた方向に曲がります。

これを理解していると、何をすれば良いかが見えてきます。

(A)目標方向に飛んでから、左に曲がるフック

スイング軌道はOKです。

インパクトでフェース面がかぶる点を直しましょう。

(B)目標方向より左に出てから、左に曲がるフック

アウトサイドインの軌道とインパクトでフェース面がかぶる点のどちらも対応が必要です。

(2)フックを直すには?

フックに悩む多くのゴルファーが(A)の「目標方向より左に出てから、左に曲がる」というフックをしています。

このフックを直すには「アウトサイドイン」のスイング軌道を直しましょう。

アウトサイドインを直す一番の方法

アウトサイドインの軌道を直す方法はいくつかありますが、「テークバックをゆっくりにする」という方法も有効です。

テークバックが早いと手や腕だけでクラブをあげてしまいます。

手や腕の小さな筋肉でクラブをあげるとテークバックで肩の回転が不足しがちです。

肩の回転が不足するとアウトサイドインの軌道になりやすいです。

ゆっくりとテークバックすると肩の回転が大きくなります。

するとアウトサイドインの軌道が軽減されます。

(1)ゆっくりテークバックの方法

ゆっくりテークバックをすると、体幹の大きな筋肉を使ってテークバックが出来ます

大きな筋肉は器用に動かないのでスイングの再現性が高くなります。

大きな筋肉はパワーが大きいのでヘッドスピードが上がります。

ゆっくりテークバックは飛距離アップ、スイングの再現性アップの効果が高いです。

(2)スイングを直すときは素振り

スイング軌道を直すときは素振りがオススメです。

スイング軌道を直しているときはボールを打っても打球が安定しません。

ボールを打つ場合は、ボールの変化を確認するだけです。

スイングを直している間はナイスショットを期待してはいけません。

(3)スイングを直すときは小さなスイング

スイングを直すときはフルスイングよりもハーフスイングが良いです。

小さなスイングの方がスイングを直しやすいからです。

ハーフスイングからフックを直して徐々にフルスイングに近づけます。

(4)スイングを直すときはオーバー気味の動きで直す

スイングを直すときは「オーバー気味の動き」をすると直しやすいです。

「アウトサイドイン軌道」を直す場合は、「インサイドアウト軌道」を目指してスイングをします。

バックスイングをいつもよりも、内側(体に近づける側)に上げます。

フォローを外側(右側)に振りぬきます。

「アウトサイドイン軌道」を直すには、逆の動きである「インサイドアウト軌道」を意識します。

すると中間の「インサイドインの軌道」に近づきます。

「間違った動きを直すには、オーバー気味の動きで直す」

これはゴルフスイングを直すときに全般的に使える考え方です。

フックやスライスを直すことで大きく飛距離が伸びることは多いです。

まずは「小さなハーフスイングの素振り」から始めてはいかがでしょうか?

力強いドローを打てるようになりショットが安定して、飛距離が伸びますよ。

スイングを変える時の注意点!

日々いい球を打つために、そして、飛距離を伸ばす為に、スイングをいろいろ矯正したり、修正したりしている事でしょう。

スイングを矯正する為に普段の打ち方とは違う打ち方を試します。

数球打って様子をみる。

上手く打てる場合もあれば、そうでない場合もあります。

また、練習では打ててもコースでは打てないという事もあるでしょう。

そんな時に少しトライしただけで「この打ち方はダメ!」と結論付けるのは危険です。

簡単に言えば、
「ちょっと打ってみてダメだったからやめた!」
「コースで上手く打てなかったからこの練習は間違っていた!」と考えてしまうのです。

しかし、今まで何年もやっていたスイングを変えるので、最初から上手く打てる事はほぼありません。

スイングの1ヶ所を矯正する場合、最低でも3ヶ月くらいは意識を持って続けないと上手く振れるようにはならないでしょう。

本当にその矯正法があっているのかどうかは難しいところですが、1つの事を3ヶ月は意識して練習を続けるのです。

練習して、すぐにいい球が打ちたいという気持ちはよくわかります。

ちょっと練習して、バシバシいいショットが打てたら最高です。

しかし、そんは事はほとんどありません。

どうして練習しているのに、すぐに良くならないのか?

と言うと、それは、今ままでやってきたスイングを壊しながら新たなスイングを身体に憶え込ませるという事をしているからです。

スイングを変えると言う事は、「今までやってきたスイングを壊す」という事です。

慣れているスイングを壊しているので、いいショットがバシバシ打てる事は、ほぼないのです。

効果が出るのは、壊したあとにそれでも練習を続けて初めて効果が出始めるのです。

ゴルフ上達に取り組んだ時には、悪くなる!

でも続けることが大事なんだ!という意識を持っていましょう。

ちょっとやってすぐに効果がでる練習は、忘れるのも早いのです。

じっくり時間をかけて効果が出てきたものは、あなたの身体に染み込んでいくのです。

目先のナイスショットに振りまわされないように。

悪くなっても自分を信じて練習を続けましょうね。

応援しています。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう