体のケアとメンテナンス

ゴルフを楽しむ人の多くが、スキルアップを目指します。プロのような華麗なフ ームで飛距離を伸ばしたい。グリーンの芝目を正確に読み絶妙なタッチでパットを沈めたい!そのためにゴルフ練習場へ通って、ひたすらボールを打ち続ける。

確かに、地道な練習を続けていけばスキルアップにはつながります。しかし、それが同時にスコアアップへとつながっているでしようか。ある程度まではスコアアップに成功しても、そこから先は頭打ち。

何がいけないのかと原因を探るうちに、本来アマチュアゴルファーが目指すべき楽しみゴルフの様相は影をひそめ、神経質なまでにスコアに固執したプレーばかりが目につくようになってしまう。これではゴルフを楽しめるわけがありません。

どんなスポーツにも言えることですが、スキルを支えるのは体であり、その人が持つ身体能力です。ゴルフで言うならば、頭でイメージする華麗なフォームの再現には体の柔軟性が必要。

毎日、ストレッチをすればケガを防止するだけでなく、スイングを良くします。ゴルフファーの誰もが望む飛距離アップも筋力アップと上半身と下半身の適切な運動により効果がでます。

今よりももっと力強くて、しなやかなスイングをするにはストレッチが効果的です。

飛距離が伸びるストレッチ

ストレッチ不足でスイングをするとスライスになり飛距離がでないです。ストレッチを十分に行えば、飛距離を伸ばせます。ストレッチはケガを防止するためにも大切です。必ず、練習前やラウンド前には次の順番にストレッチをしましょう。

研究熱心なあなたに言うまでもないかもしれませんが、、、
飛距離アップには「肩甲骨の柔軟性」が重要です。

肩甲骨の可動域を広げることで、飛距離がアップします。

ただ、、、意外と知られていないのが「胸や背中の柔軟性も重要」ということ。肩甲骨の動きは、背中と胸に影響を受けます。背中と胸の柔軟性が高まると肩甲骨の動きも良くなります。肩だけでなく、背中や胸のストレッチをして飛距離を伸ばしましょう。

ゴルフで重要なストレッチは、肩、肩甲骨、股関節です。練習前、ラウンド前は、次の順番にストレッチをしましょう。

(1)肩の関節

アイアンを2本重ねて持ちます。

体の前後で、ゆっくりとクラブを大きくまわします。

肩のまわりをストレッチできます。

(2)股関節

足を左右に広げて、シコを踏むようにゆっくりと屈伸します。

次に、足を前後に広げて、ゆっくりと屈伸します。

反動を付けずにゆっくりと股関節を伸ばします。

(3)肩甲骨

クラブを肩に担いで上半身をひねります。

肩甲骨をストレッチすることで肩の可動域が広がり、飛距離がアップします。

飛距離が伸びるストレッチを継続すれば、柔軟性が高まり体がスムーズに動きます。

バックスイングでの捻転が大きくなります。

毎日5分でも良いです。

ストレッチは飛距離アップの効果がありますよ。

スタート直前のスコアが良くなる3つの練習

(1)充分なストレッチ

練習前やラウンド前のストレッチは欠かせません。

多くのプロはクラブハウスで、20分から30分かけて念入りにストレッチをするそうです。

ケガの予防になります。

ストレッチをすることで飛距離も伸びます。

(2)いろんなクラブを少しずつ練習する

練習するクラブはいろんなクラブを少しずつ行います。

次のように短いクラブから行なうのが一般的です。

・ウェッジのハーフショット
・ショートアイアンのコントロールショット
・ミドルアイアン
・ロングアイアン または ユーティリティー
・フェアーウェイウッド
・ドライバー

あなたの得意なクラブからはじめても良いです。

あなたが安心して打てるクラブから練習をはじめるとリズムが整います。

安心感が生まれます。

たくさんのボールを打つのではなく、飛距離や曲がり幅のチェックをしましょう。

まったく打たずにラウンドするより、少ない数でも練習場でボールを打つと、その日の調子を確認出来ます。

(3)100ヤード以内の距離感をチェック

30ヤード、50ヤード、70ヤードなど100ヤード以内の距離感を確認しておくとスコアアップに直結します。

このように、朝の練習は「気持ちと身体のウォーミングアップ」がメインの目的になります。

余裕をもって準備をすれば良いスコアでラウンドできますよ。

ゴルフに効果的な動的ストレッチング

動的ストレッチングは動きを入れながら筋肉を伸ばすストレッチングです。静止した状態を保持する一般的な静的ストレッチングと違い、ご存知ない方がほとんどではないでしようか?

ゴルフはもちろん、 野球やサッカー、ラグビーなどスポーツの動作はほとんどの場合が、激しい反動動作や爆発的なパワーを発揮する動きを含むものです。ショットを打つ直前まで体を温める意味でも有効なストレッチングなのです。

動的ストレッチングの効果

弛緩と緊張を繰り返すことによって、全身の動作をなめらかにしたり、関節の可動域を拡大したりする効果があるので、運動にしつかりと身体を適応せることができます。

動的ストレッチングの方法

始めはゆっくりと動作を行い、体が十分なれてきたところで徐々に関節の動きを大きくしていきましよう。 無理に動かすと関節に負担がかかり、ケガにもつながります。また、痛みを感じたまま行うと、「伸張反射」 というメカニズムが働き、 反射して収縮してしまいます。筋肉を痛めてしまう可能性があるので注意しましよう。動的な動きを含むので、静的ストレッチングで 筋肉を伸ばし、 関節の 域を確保してから行うのが良いでしよう。

ストレッチングを習置にしましよう!

ひとりで簡単にできるストレッチング。しかし、忙しい現代人にとって、毎日の習慣にするのは簡単ではありません。そこで、ストレッチングを習慣にするためのポイントをご紹介します。

1 .仕事の合間や移動の時間などの空き時間を上手に使う

このストレッチングはゴルフ場や家だけではなく、オフィスや外出先でも気軽にできるものばかり。昼食時やちょっとした空き時間を使ってストレッチングを行おう。

2.風呂上がりに行う

ストレッチングは体が温まっているときに行う方が、筋肉が伸びやすく関節の可動範囲も確保しやすいので効果的。そこで、体が温まった風呂上がりにストレッチングを行おう。毎日行えば徐々に柔軟性が増して関節の可動域も広がり、ゴルフのパフォーマンスも向上する。

3.鏡を見ながら行う

ストレッチングを鏡の前で行えば、正しい姿勢で行えているかチェックできる。

4.最初から完ぺきを狙って、無理をしないこと

少しずつでも毎日続けることが大切。3 日坊主よりも、毎日自分のペースで続ける方が効果的。

5.全身ストレッチングは足先から順に始めて、徐々に上半身へ

全身をストレッチングするときは、ふくらはぎから始めて、スネ、太ももと、足先から順に上半身へ移行する。ストレッチングの順番を覚えやすく、全身をくまなくストレッチングできる。

ぜひ、ストレッチングを習慣にしよう。

ゴルフに大切な水分補給

野外でプレイするゴルフの場合、夏場、冬場、天気などの状況によって変わりますが、ラウンド開始前までに500mlペットボトルの半分~1本分の水分を補給しておくこと。ラウンド中は一気にがぶ飲みせず、1 5~20分おきに100~200ml程度を補給。一度に水分を大量補給しようとすると体内への吸収時間が遅くなり、胃腸への負担も大きくなり、トイレが近くなるだけで、せつかくの水分補給がムダにならないよう、1回の水分量を少なめにし、飲む回数を増やしてラウンド終了までに3本は飲むように心がけてください。

さらに、ラウンド終了直後に半分、シャワーを浴びてゴルフ場を出る前に半分飲む。これが疲労を残さない効果的な水分補給法でもあるのです

なお、コーヒーやビールには利尿作用があるので避けること。スポーツドリンクのタイプによっては、発汗などで失ったカルシウムやミネラルの補給、また糖質を含んだドリンクであれば水分と同時にエネルギー補給もできます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう