この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフスイングのテンポが良くなる練習方法

スイングのテンポが良いと、

・ショットが安定します
・再現性が高まります
・多少スイングに悪い癖があってもナイスショットを打てます

スイングのテンポを良くする
練習方法があります。

スイングのテンポが悪くなる原因は
いくつかあります。

とても多いケースとして以下があります。

・ボールを意識し過ぎ

・グリップを意識し過ぎ

・クラブの動きを意識し過ぎ

など、、、

目の前にボールがある状態でクラブを持つと、
どうしても細かい部分が気になります。

良いテンポでスイングができなくなるのです。

ゴルフスイングのテンポが良くなる練習方法

(1)クラブやボールを使わないでシャドースイング

クラブやボールがあると
細かい部分が気になりテンポが悪くなります。

クラブやボールを使わないシャドースイングが
オススメです。

(2)アドレス、トップ、フォローとチェック

クラブを肩にかついでスイングをします。

クラブを肩にかついでスイングをするので
体の動きに集中できます。

以下をチェックしましょう。

・アドレス
股関節から前傾したバランスの良いアドレス
上半身のリラックス

・トップ
右膝を右に移動せず股関節に重心をのせる

・インパクト
前傾姿勢をキープ

・フィニッシュ
体重を左足にしっかりとのせる
腰を目標方向にむける

練習場でボールを打つと
「ナイスショットを打つ」に意識がいきます。

シャドースイングなら
体幹の動きをしっかりと確認できます。

(3)トップで「間」を作ろう

スイングのテンポが悪い大きな要因があります。

トップに”間”がないことです。

ゴルフが上手い人は
トップに”間”があります。

トップで慌ててダウンスイングを開始せず
間をとりましょう。

リズムが整いやすくなります。

(4)左足に踏み込んで良いテンポを体感

スイングの全体をチェックしたら
次は良いテンポを身につけるドリルです。

このドリルもシャドースイングで行います。

・肩にクラブを担ぐ

・バックスイングで左足を右に移動

・ダウンで左足を踏み込む

・上半身はリラックスして
しっかりと回転させてフォローまで振りぬく

左足を踏み込む動きでスムーズな重心移動ができます。
テンポが整いやすくなります。

体重移動を意識すると殆どの場合、
動き過ぎになりミスショットの原因になります。

左足を踏み込む動きで「自然な重心移動」を身につけましょう。
テンポが整いやすくなります。

* * *

テンポが良くなる練習方法を実践すれば、
良いテンポのスイングは再現性が高くなります。

テンポを最適にするだけなので
スイングの変更も必要ありません。

芯で打てる確率が高まり
飛距離アップの効果も高いです。

ゴルフはコツがわかれば
短期間にスコアが良くなります!

応援しています。

忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
ゴルフスイングのテンポが良くなる練習方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!