ショットの原点はPWで50ヤードの練習

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この練習がゴルフ上達への近道になるはずです。

練習場でひたすらPWで50ヤードを打ち続ける。

地味な練習かもしれませんが、ゴルフの基本練習です。

PWで50ヤードが、なぜ上達への近道になるのか。

ピッチングウエッジで50ヤードを打つ練習は、腰から腰でスイングの基盤作りをするということ。

この腰から腰のスイングが出来ればフルショットでもブレなくなります。

土台が出来れば振り幅が大きくなっても難しく感じなくなります。

また、この基本練習は、腕と体の一体化のため、体の力で打つための練習です。

PWで50ヤードを打つのは、手打ちでは難しく感じるはずです。

普通のスイングスピードで打てば100ヤードは飛びますので、ゆっくりしたスイングになるのです。

ゆっくりしたスイングは、腕と体を一体化させて体で打ちます。

この体で打つことを養うための練習がPWで50ヤードです。

ピッチングウエッジの基本練習のポイント

いちばん大事なのは体の軸を回転させて打つことです。

スイング中のポイントは

・左腕を伸ばして3クオーターのトップ

・左腰を切りながらダウンスイング

・左脇を締めてインパクトを迎える

・インパク後左脇を締めてフォローをとる

この点を意識して練習します。

このPWで50ヤードは最初は上手く打てないかもしれません。

50球程打っているうちに感覚が掴めてきます。

100球程打つとPWの芯にボールが当たるようになり

アイアンの切れ味の良い音が聞こえてきます。

地味な練習ですが、PWで50ヤードを継続すれば

必ずゴルフは上達します。

ゴルフ上達へお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

この記事をフォローしよう