この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肩甲骨でドライバーの飛距離を伸ばす方法

ゴルフをしていれば、もっと飛ばしたいと誰もが思うことです。

飛距離が伸びれば、セカンドショットで
短いクラブが使えます。

飛距離を伸ばすには肩甲骨を上手く使えば飛距離が伸びます。

肩甲骨が柔らかいと捻転が大きくなり、飛距離が伸びます。

肩甲骨を上手く使う良いドリルがあります。

(1)椅子に座ってバックスイングをする

クラブを使わずに椅子に座り、右手を左肩、左手を右肩におき、腕を胸の前でクロスします。

下半身を止めた状態で上半身を右に回転させます。

バックスイングを行う動きです。

上半身の回転が大きいほど
捻転が大きくなり飛距離が伸びます。

下半身を止めているので、
45度程度の回転になります。

(2)右の肩甲骨を後ろに引く

バックスイングの時に右の肩甲骨を後ろに引きます。

右脇を締めると右の肩甲骨が意識できます。

右の肩甲骨を意識して後ろに引くと捻転が大きくなります。

肩甲骨でドライバーの飛距離を伸ばす方法

立った状態でシャドースイングをします。

(1)バックスイングで肩甲骨を後ろに引く

肩甲骨を後ろに引くといつもより深く捻転できます。

右脇を締めながら肩甲骨を引く感じです。

捻転の大きさが1cm〜2cm変わるだけで
飛距離が期待できます。

(2)ダウンスイングでは左肩を早く移動

ダウンスイングでは左肩を動かしましょう。

首の後ろの付け根を動かさずに
ダウンスイングでは左肩を横に移動する。

左肩をターゲット方向へ移動させるスピードが早いほど
飛距離が伸びます。

(3)肩甲骨のストレッチで可動域を広げる

筋肉は動かさないと固まってきますので、日常的にストレッチをします。

ゆっくりと動かして可動域を広げます。

練習の効果

肩甲骨を使ってスイングすれば、必ず飛距離が伸ばせます。

是非、参考にしてください。

応援しています。

忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
肩甲骨でドライバーの飛距離を伸ばす方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!