左肩と股関節の使い方を知ればドライバーの飛距離は伸びる

eg-link-res

ゴルフをしていれば、もっと飛ばしたいと誰もが思うことです。

飛距離が伸びれば、常に80台でラウンドできます。

この記事は、飛距離を伸ばしたいゴルファーにとって重要な内容です。

”正しい左肩の動かし方をすれば飛距離は伸びます”

飛距離を伸ばそうとして、腕を早く振ろうとするが、むしろ飛距離が落ちてしまう。

実は、、、

腕を早く振ろうとするほど飛距離が落ちるケースは多いです。

原因は「肩の回転が不足」しているから。

腕を早く振ろうとしても肩が動いていないと、腕の動きを肩が邪魔をしてしまいます。

そのため腕を早く振ろうとしてもヘッドスピードが上がらないのです。

左肩の動きで飛距離を伸ばす方法

動かすのは腕ではなく肩を動かせばよいのです。

ではどうすれば良いのか?

正解は、左肩を早く移動する。

ダウンスイングで腕を早く振るのではなく、左肩を早く移動すると腕を早く振ることができます。

方法は、トップのポジションからインパクトまで、左肩をターゲット方向へ、より速いスピードで移動させることです。

スピードが速ければ速いほど飛距離が出ます。

トップから左肩をターゲット方向へ、より速いスピードで移動させると、、、

腕も早くふれて、ヘッドスピードが上がります。

結果として飛距離が伸びるワケです。

左肩の動かし方のポイントは、首の後ろの骨を支点にし、スイング軸を動かさずに左肩を移動させます。

そうすると、、、

肩がスムーズに回転してヘッドスピードがアップします。

飛距離が伸びるだけでなく、スイングが安定しますよ。

テークバックで左肩をスムーズに回す方法

左肩がスムーズにまわると、、、

・打ち急ぎがなくなる
・トップでほどよい「間」ができる
・左右に体がブレなくなる
・軸がブレないのでヘッドが走る

などなど、ショットは安定して飛距離が伸びます

多くのゴルファーが顔の真正面でボールを見ながらアドレスをします。

すると「アゴを引いた状態のアドレス」になります。

この「アゴを引いた状態」というのが、左肩がスムーズにまわらない原因になります。

バックスイングでアゴが邪魔になり、肩の回転がスムーズに出来なくなります。

肩がまわらないと打ち急ぎになり、手打ちの原因にもなります。フックやスライスの原因にもなります。

ではどうすれば良いのか?

アドレスをした時に頭が天から吊るされているイメージで顔を少しあげる。

顔を上げると「ボールを下目線で見る」状態になります。

アゴを少し上げることで、バックスイングで左肩がスムーズに回転します。

すると捻転が大きくなり飛距離が伸びます。

フォローでは右肩がアゴの下に入ります。

力いっぱいスイングしても、スイング軸がぶれなくなります。

軸がブレなくなるので、スライスやフックも防止できます。

アドレスを少し見直すだけで飛距離が伸びることも多いです。

肩を上手く使うドリル

(1)椅子に座ってバックスイングをする

クラブを使わずに椅子に座り、右手を左肩、左手を右肩におき、腕を胸の前でクロスします。

下半身を止めた状態で上半身を右に回転させます。

バックスイングを行う動きです。

上半身の回転が大きいほど捻転が大きくなり飛距離が伸びます。

下半身を止めているので、45度程度の回転になります。

(2)右の肩甲骨を後ろに引く

バックスイングの時に右の肩甲骨を後ろに引きます。

右脇を締めると右の肩甲骨が意識できます。

右の肩甲骨を意識して後ろに引くと捻転が大きくなります。

(3)ダウンスイングでは左肩を早く移動

ダウンスイングでは左肩を動かしましょう。

首の後ろの付け根を動かさずにダウンスイングでは左肩を横に移動する。

左肩をターゲット方向へ移動させるスピードが早いほど飛距離が伸びます。

(4)肩甲骨のストレッチで可動域を広げる

筋肉は動かさないと固まってきますので、日常的にストレッチをします。

ゆっくりと動かして可動域を広げます。

肩甲骨を使ってスイングすれば、必ず飛距離が伸ばせます。

テークバックで右股関節に体重を乗せる

テークバックで右股関節に体重を乗せて、左肩を回せば飛距離がアップします。

テークバックで右股関節に体重を乗せるとスウェーが直ります。

テークバックで右にスウェーするとフォローでも左にスウェーします。

テークバックで右股関節に体重を乗せるとショットが安定して飛距離も伸びます。

(1)アドレスは股関節から前傾

テークバックで右股関節に体重を乗せるにはアドレスが重要です。

先ず、アドレス時に重心を下げて、股関節から前傾します。

するとテークバックで股関節に体重を乗せやすくなります。

方法は簡単です。

「股関節にシャフトを当てて、自分の方に押す」

これだけで股関節から前傾ができます。

(2)バックスイングで右膝を正面に向けたまま

右膝が右に流れるとパワーが蓄積されません。

右膝は我慢するとパワーがたまり上半身と下半身に捻転ができます。

テークバックで右膝の角度をキープし、股関節に体重を乗せると飛距離がアップします。

基礎となるのは筋力アップです

打ったボールに勢いがないと悩んでいる人がかなり多いです。

ビシッと打って、グングン伸びるような球筋を目指したいと思っていても、まずはビシッと打てない、スイング自体はがんばって速く鋭く振ろうとしていても、思った以上にヘッドが加速しない為、ビシッとキレのあるショットにならないのです。

最大のパフォーマンスを発揮させる3つの要素

1.体づくり
2.スイングの効率性
3.ショットの精度の高さ

この3つに尽きます。

飛距離の元となるヘッドスピードは、パワーと瞬発力に左右されます。

そして、これは自分自身の努力次第で変えることができます。

上半身の筋肉、それを支える強い下半身とのバランスが必要です。

バランスが正しく取れれば、スイングの効率も上がり、無駄な力も入らずスイングで力むこともなくなります。

最も楽に、最も効率的に、最もボールにパワーを伝えることができるのです。

体のコントロールが出来れば、ボールのコントロールも、今よりももっと楽になりますので、ショットの精度も、自然に上がります。

また、上半身と下半身の捻転差です。

このひねりが大きいほどボールは遠くへ飛んで行きます。

例えるなら、ムチのしなりの大きさに応じて叩いた時のインパクトの衝撃の大きさが変わるのと一緒の原理です。

そのためには筋肉の強さだけではなく柔軟性も要求されます。

筋力+柔軟性

これこそが最大のパフォーマンスを引き出すためのキーワードです。

ビシッとキレのあるショットを打つには!

それにはヘッドがしっかり加速させることです。

ヘッドが加速する強くボールを叩けるので、自然に勢いのあるボールが打ち出されるものです。

ヘッドを加速させる、強くボールを叩くというと、多くの人は手で速く振ろうとしたり、強く打とうとしてしまうのですが、手でいくら加速させようとしても、強く叩こうとしてもそれほど効果はでません。

手の力よりも遠心力をしっかり使わないと、力が全然足りないのです。

そこで速く振るには、回転する力を高める事なのですが、シャープに振れない人の多くは、回転を使ったスイングが出来ていないので、回転する意識を持つだけで速く鋭く振れるようになるのです。

そこで回転運動がいいと言って、一生懸命回転させる意識を持ってスイングをする事はとてもいい事なのですが、ただ回転するだけでは遠心力を高める事が難しいのです。

テークバックやトップで回転を絞り、力を貯めて、切り返しからインパクトに向かって貯めた力を解放するかのようにヘッドを加速させる事が大切なのです。

そこで大事になってくるのが、右ヒザと右足の股関節です。

テークバックやトップで右ヒザと右足の股関節の角度が伸びてしまうと力が逃げてしまうのです。

これはやってみるとわかりやすいのですが、トップで右ヒザが伸びてしまうと、締まったトップにはなりません。

また右足の股関節もアドレスの時は折れて角度が出来ています。

でもこの角度がトップで伸びてしまったら、同じように締まったトップにはならないのです。

スイングで回転は大事ですが、このヒザと股関節の角度がアドレスと変わるようだと、力を貯めれないのです。

鏡の前でヒザと股関節の角度がアドレスとトップで変わっていないかをチェックしてみましょう。

締まりのあるスイングをしっかり意識を持って作りましょう。

キレのあるスイングになり、勢いのあるボールが打てるようになりますからね。

応援しています!

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
スポンサーリンク

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう