タオルで素振りしてドライバーの飛距離アップ

もし、あなたが練習してもゴルフが上達しないと感じているのであれば、タオルで素振りをやって下さい。

そして、簡単な素振りでゴルフが上達するという事を体感して下さい。

あなたは、こんなゴルフの悩みを抱えていませんか?

・練習しても上達しない!

・何年やってもひどいスライスが出てしまう!

・いつもダフリやトップが出る!

・いくら振りまわしても飛距離がでない!

等々、、、

そこで、こんな人の為に、

タオルで素振りすれば飛距離アップとゴルフが上手くなる練習法を紹介します。

タオルを使って素振りをすると飛距離アップ

簡単そうでなかなか難しいタオル素振り練習です。

でもコツを掴めば簡単です。

これができればドライバーの飛距離アップ間違い無しです。

タオルで素振りができるようになるとどうなるのか。

左ヒジと手首のたたみ方がマスターできるので、フィニッシュがきちんととれるようになり、飛距離が一段とアップします。

できればバスタオルを使って、タオルの端をクラブを持つ要領で握ります。

次いでアドレスをしてクラブのつもりで振り抜くのですが、フィニッシュで、もう一方のタオルの端が自分の体に巻きつくように振り抜くのがポイントです。

タオルのようなフワフワしたものがクラブの代わりになるのかと思われるかもしれないが、これが意外にむずかしいのです。

左右の腕の力を抜いて、上半身のムダな動きをできるだけ抑えて振り抜かないと、タオルはなかなか体に巻きつかない。

それに空気の抵抗もあるので、実際にクラブを振るよりもきつい練習かもしれない。

タオルの代わりに竹ボウキを使う手もあります。

いずれにしても、左手の引っ張る力と左腕の折りたたみがないと、タオルは思うように体に巻きつかないから、この練習で左のヒジと手首のたたみ方が自然にマスターできます。

これで飛距離も3割方アップするだろう。

とくに “明治の大砲(音ばかり大きくて飛ばない) “で飛距離不足に悩んでいる人におすすめしたい練習法です。

朝、ヒゲをそったあと5分、夜、風呂から上がったあと5分の素振りを毎日続ければ、ボールが飛んでくれるようになるでしょう。

応援しています!

忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
タオルで素振りしてドライバーの飛距離アップ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!