飛ばしたいときにはゆっくりバックスイングがいいね!

eg-link-res

ドライバーの飛距離をアップさせる方法はたくさんあります。

雑誌やゴルフレッスン番組などでも飛距離をアップさせるための様々な方法が紹介されています。
これらの飛距離をアップさせる方法は、人それぞれ『合う合わない』があります。

つまり、飛距離が出るプロ選手の打法・スイングが必ずしもあなたの体格や柔軟性にピッタリ合うとは限らないのです。

数ある飛距離をアップさせる方法の中から、あなたに合う飛距離をアップさせる方法を見付けることができるのが理想となります。

ドライバーの飛距離をアップさせるための打法・スイングを行う時に、 絶対にしてはいけないことがあります。

ドライバーの飛距離をアップさせるためには、 絶対にしてはいけないことは、トップのポジションからは絶対に、右上半身である、右肩、右腕、右手グリップからダウンスイングをスタートしないようにしてください。

右利き右打ちの方の多くは、飛距離を出そうとすると、利き腕である、右腕を使ってダウンスイング時にクラブヘッドを加速しようとしてしまいます。

飛距離を出すためには、ダウンスイング時に右腕を使ってスイングすることは絶対にいけません。

ダウンスイング時に右腕を使い過ぎてしまうと、かえって飛距離が落ちてしまうことがあります。
これは、ダウンスイング時に、右腕を使えば使うほど、ダウンスイング時に右肘が伸びてしまうためです。

ダウンスイング時に右肘が伸びてしまうことにより、ダウンスイング時に『タメ』が生まれなくなってしまいます。

それにより、クラブをムチのように使ってダウンスイングすることができなくなってしまいます。

その結果、インパクト前にクラブヘッドが失速してしまい、正しくクラブヘッドが加速した状態でインパクトを迎えることができなくなってしまいます。

例えインパクト時にクラブの芯でボールをヒットすることができても、インパクト時には失速してしまっているので、飛距離は出ません。

過去に飛距離を出そうとして利き腕である右腕で力一杯スイングしても、『飛距離が意外と出なかった』という経験をしたことはないでしょうか?

それはこのためです。

飛距離をアップさせるためには、左上半身主導でスイングできることが理想。

プロ選手も左腕や左背中の筋肉などの左上半身を鍛えるのはこのためです。

左上半身主導でスイングすることができれば、ダウンスイング始動後、インパクト前のクラブヘッドの失速を防ぐことができ、飛距離をアップさせることができるようになります。

過去に、力を抜いて軽く振ったら飛距離が出たという経験をしたことはないでしょうか。

これは、力を抜いて軽く振ることにより自然と右上半身の使い過ぎを抑えることができ、左上半身主導でスイングすることができるためです。

左上半身主導でスイングすると、

本人は、『あまり振っていない』という感覚になるのに飛距離が出るのはそのためです。

トップのポジションからダウンスイングの始動時には、右上半身の、右肩、右腕、右手グリップに力が入り過ぎないようにすることを意識してください。

右上半身主導でスイングしないようにすることを意識してください。

トップのポジションからダウンスイングの始動時には、右上半身の右肩・右腕・右手グリップ に入っている力よりも、左上半身の左肩・左腕・左手グリップのほうが、強く力が入っている状態で、左上半身主導でダウンスイングすることを意識してください。

飛ばしたいと思ったときに飛ばす方法

ゴルフをしていれば、誰もが思うことです。

15ヤード飛距離が伸びれば、2打目のクラブは一番手以上小さくなる可能性があります。

距離が長いホールでは飛ばしたいとおもいますね。

しかしながら、ここ一番で飛ばそうと思うほどミスショットの確率は高くなり、リズムが早くなったり、腕やグリップに力がはいってしまいます。

では「飛ばしたい」と思ったときに飛ばす効果の高い方法をご紹介します。

(1)飛ばしたいときこそ、ゆっくりバックスイング

飛ばそうと思うとリズムが早くなり、バックスイングで肩の捻転が不足します。

飛ばしたいときこそ、ゆっくりとバックスイングをします。

バックスイングはゆっくりでもダウンスイングからフォローまで一気に振りぬきます。

ボールを打つ前にバックスイングをいつもよりゆっくり素振りして、右の股関節に体重をしっかり乗せます。

ゆっくりとバックスイングをすると肩を十分に捻転できて、飛距離がアップします。

(2)飛ばしたいときこそ、上半身をリラックス

アドレスをした時に、肩と腕の力を抜きます。

肩を下にストーンと落とすイメージです。

グリップの力も抜きます。

特に右のグリッププレッシャーを弱くします。

飛ばしたいときこそ、上半身をリラックスします。

上半身の力を抜けばヘッドが走ります。

結果として飛距離が伸びるわけです。

(3)飛ばしたいときこそ、コンパクトなトップ

もしあなたが飛ばそうとして、ボールがスライスする場合、コンパクトなトップがオススメです。

飛ばそうとして、ボールがスライスする場合、切り返し後のダウンで右肩が下がってしまう可能性が高いです。

右肩が下がるとクラブが寝てしまい、ヘッドは開いた状態でインパクトを迎えてしまいます。

ヘッドが開くとボールがスライスになります。

これでは飛距離が落ちてしまいます。

飛ばしたいときこそ、トップをコンパクトにしましょう!

トップをコンパクトにすると、ダウンスイングで思い切り腰をきっても振り遅れなくなります。

結果として、ボールがしっかり捕まり飛距離が伸びます。

15ヤード飛距離が伸びれば!

ゴルフは飛距離が出た方が有利ですし、プレーも面白くなります。

ただ、、、

「飛ばそう」と気合を入れるのは逆効果です。

むしろ、、、

・肩の力を抜く

・コンパクトなスイングをする

・ゆったりバックスイングをする

の方が飛距離は伸びます。

飛距離が伸びるとゴルフは急に面白くなります。

10、20ヤード飛距離が伸びるとセカンドの風景がまったく違います。

ベテランゴルファーには飛距離アップをあきらめている方もいますが、、、

スイングを変えなくてもちょっとしたコツを知れば飛距離は伸びます。

是非、参考にして下さい。