アッパーブローを直して飛距離を伸ばす方法

アッパーブローは飛距離が伸びる!と思っている方が多いです。

実は、、、

アッパーブローのやり過ぎはドライバーの飛距離を落とします。

なぜ、アッパーブローのやり過ぎは飛距離が落ちるのでしょうか?

「飛距離を出したい!」

「ボールを上げたい!」

という気持ちが強いとアッパーブローになりやすいです。

もちろんアッパーブローで芯で打てれば飛距離がでます。

アッパーブローの度合いが大きいとドライバーのフェース下部に当たりやすくなります。

ドライバーはフェースの下部にボールがあたるとスピン量が多くなります。

スピン量が増え過ぎると当然飛距離が落ちます。

過度なアッパーブローは、ショットが安定しないし、飛距離が落ちる原因になるわけです。

地面から直接打つアイアンでは、アッパーブローはNGです。

ダフリやすくなります。

ボールの手前は地面なのでアッパーブローに打つのは物理的に不可能なのです。

アイアンでボールを打つにはゆるやかなダウンブローで打ちましょう。

ダウンブローで打てるとダフリやトップがなくなり、飛距離も1番手ほどアップします。

アッパーブローを直して飛距離を伸ばす方法

(1)練習打席の選び方であおり打ちを直す

練習の打席選び方でアッパーブローを防止する方法があります。

2階建ての練習場を使っているならぜひ参考にして下さい。

あおり打ちを直すなら、2階打席で練習しましょう。

1階打席で練習すると、ボールを上げたくなり、すくい打ちになりやすいです。

2階打席なら、低いボールで飛距離が出るので、すくい打ちの癖がつきにくいです。

(2)素振りで直す

ボールを打って練習すると「ボールを飛ばしたい」、「ボールを上げたい」という意識が強くなります。

あおり打ち、すくい打ちを直す場合に限りませんが、スイングを直す時は「素振り」で直しましょう。

ボールを打ちながらスイングを直すのは難しいです。

また小さなスイング(ハーフスイング)からスイングを作ると上達が早いです。

スイングを直す時は、「素振りで直す」、「ハーフスイングからはじめる」。

これを覚えておいて下さい。

ちょっとした勘違いで飛距離をロスしている方は多いです。

正しい知識を学ぶことでスイングを大きく変えなくても飛距離を伸ばせます。

下半身アッパーブローで飛距離アップ

下半身をアッパーブローに使って飛距離アップする方法があります。

上半身ダウンブロー、

下半身アッパーブロー、

これは、手打ちではなく、理想的な体の使い方です。

どうすれば最も力を出せるかを考えれば、上半身は上から下に力を使うときに最も大きな力が出るんです。

これは斧を振り下ろすことを考えればわかりますね。

横に振るより、縦に振り下ろすほうが遥かに大きな衝撃を与えられます。

そして、下半身は上から下に沈み込むより、下から上にジャンプするときに最も大きなカか出ます。

つまり上半身と下半身のそれぞれが最も大きな力を出せる体の使い方をすればよいのです。

上半身のカのべクトルと下半身のカのべクトルが交差するのはこのパターンしかないです。

だからカが出せるんです。

下半身をアッパーに使うのはコツがあって、右足で地面を蹴るようにします。

これは作用反作用の法則を応用するんです。

壁を押すと壁から同じ大きさのカで押されている、というのが作用反作用の法則です。

ダウンスイングで自分の体重を地面にかければ、地面は同じ力で体を押返してきます。

これを利用して下半身アッパーを行なうのです。

具体的にはトップオブスウイングからの切り返しで、右足に多く乗っている体重を地面に落とし込みます。

すると地面からの反動で押し返されて右足が伸びます。

これが体のターンを速くするのです。

地面の反発を使用できるようになれば、回転のスピードが飛躍的にアップするので

必然的に飛距離が伸びます。

是非、試してください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう