パターが上達するテンポ(振り子のリズム)の作り方

パターをパチンと打ってしまい、大オーバー!!

あなたもこんな経験ありなせんか?

パターで多いミスは「打ち急ぎ」です。

パターの打ち急ぎは距離感があわなくなります。

3パットになり、誰もが体験したことがあるでしょう。

距離感がないと3パットが簡単に出てしまいます。

パットのテンポが安定すると軌道もフェース面も安定します。

ロングパットの距離感が良くなり、ショートパットは入りやすくなります。

距離感を良くするにはコツがあります。

パッティングのリズムとテンポが大切!

ゴルフでは、リズムが大切だとよく言われますが、これはパッティングでも同じです。

例えば、

・ラインを確認したら、ボールの前でターゲットを見ながら素振りを「2回」する。

・アドレスに入り、フェイスの向きを確認しながら、ターゲットを「2回」見る。

・目線をボールに戻したら、そのままティクバックを開始してボールを打つ。
このときのリズムは、ティクバックで「1」、インパクトからフォローまで「2」のリズム。

素振りからパッティングに至るまで、動作が「1、2」のリズムになっているということです。

これは、ドライバーからアプローチまで、すべてのショットも「1、2」のリズムでスイングしましょう。ゴルフのリズムに大切なことです。

プレッシャーを感じるときでも、いつもと同じリズムでストロークできれば、パッティングが大きく乱れることはないでしょう。

同じ「1、2」でも、「イチ、ニイ」、「イ、チ、ニ、」、「イチッ、ニッ」と、そのテンポは人によってみな違います。どんなテンポがいいのかは、一概にいえません。

人は、それぞれ生まれながら持っているテンポ感のようなものがあり、もっとも自然で、心地よいテンポなら、それがその人のテンポになります。

テンポで重要なのは、テンポが速い、遅いといったスピードではなく、ドライバーからパターまで、同じテンポで振るということです。プロは、みなそうしています。

ところが、アマチュアのなかには、ドライバーは打ち急ぐくせに、パッティングになると、大きくゆっくり引いたのにインパクトで緩めたり、反対に、ドライバーはゆったり振っているのに、パッティングとなるとせっかちにティクバックして、パチンとインパクトしたりするタイプが少なくないですね。

これは、慎重にという思いが強すぎたり、早く打って結果を見たい、という不安によるものなのでしょうが、これではパッティングが安定するはずがありません。

ドライバーもパッティングも、自分なりの「1、2」のリズムとテンポを守ることです。

まずは、自分なりのテンポを練習で見つけましょう。それが見つかったら、最初のうちは心のなかで「1、2」とつぶやきながらプレイしてみることです。

パターが上達するテンポの作り方

パットのテンポを安定させる簡単な方法があります。

(1)パターのテンポは振り子(慣性)と同じ

パターを振り子のテンポで打つと距離感が安定します。

最近のマレットタイプのパターはヘッドが重いので振り子をイメージしやすいでしょう。

振り子のテンポを体感するには、パターのグリップエンドを指でつまみ、親指と人差し指の2本でグリップの先をつまみ、グリップエンドを支点にパターヘッドがユラユラと揺れます。これが振り子のテンポです。

(2)パターが苦手な人はテンポが早いという共通点があります

バックスイングもダウンスイングも早すぎます。腕や手の力を使って無理に加速をさせています。するとロングパットの距離感が生まれません。フェース面がズレるためショートパットも外しやすいです。

松山秀樹のパットは振り子のテンポですね。ゆっくりとした、振り子のリズムでパットをストロークします。無理やり自分でパターを動かすのではなく、重力にまかせてストロークします。

(3)ロングパットとショートパットを交互に打つ

ロングパットとショートパットで距離によってテンポが変わると距離感が安定しません。ロングパットとショートパットを交互に打つドリルがオススメです。

1mと5mを同じテンポで打つ練習をします。

練習にはボールを4つ使います。

1m、5m、1m、5mと順番に打ちます。

ここで重要なのは、同じテンポでポン、ポン、ポンと打ち続けることです。ストロークのふり幅やボールの初速で転がる距離感を体感できます。パットのテンポがいつも同じになり距離感が良くなりす。

(5)安定したリズムは練習で身に付ける

パターのリズムを整える練習は自宅でもできます。ラウンド時にリズムを意識するのも良いですが、できれば普段の練習でリズムを安定させましょう。パットのリズムはいつも同じです。

パッティングで重要なことは、無意識にできるようにしておく

これが理想です。

パッティングがシンプルになり、パット数を減らせますよ。

是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク