シニアでもスイングを変えることなく毎日5分で飛距離アップ!

2020年5月18日

もっと飛距離を伸ばしたい!

飛距離を伸ばす方法は色々あります。

たとえば、、、

ウェイトトレーニングを毎日続ける。

素振りを毎日行う。

など・・・

効果はありますが継続するのは簡単ではありません。

今回は継続が簡単で自然に飛距離が伸びる方法をご紹介します。

毎日5分のストレッチ

1日5分の柔軟体操で10ヤードの飛距離アップが可能!

といったのは「プロより強いアマチュア」と称された中部銀次郎です。

ストレッチのやり方は自由です。

スイング時に負担の大きい、次の部位をほぐしましょう。

「肩甲骨」、「股関節」、 「首まわり」、「手首」、「足首」

ストレッチをするときのポイントは3つ。

・反動をつけずに、ゆっくりと伸ばす
・イタ気持ち良いあたりで、20秒程度静止
・息を止めずに、ゆっくりと呼吸する

ゴルフで大切な肩まわりのストレッチは、安眠効果も高いので、寝る前にストレッチをする習慣もオススメです。

ただし、四十肩など肩に痛みがある人は無理をしないでください。

「寝る前にベッドでストレッチをする」

飛距離アップの効果だけでなく安眠の効果もあります。

「起床後にベッドでストレッチをする」

飛距離アップの効果だけでなくスッキリした気分で1日をスタートできます。

どちらもあわせて5分で十分です。

毎日の習慣にすれば自然に飛距離が伸びますよ。

日常生活でトレーニング

日常生活を少し工夫することで飛距離を伸ばせます。

ゴルフは下半身と体幹の強化が飛距離アップに効果的です。

ですので、、、

・バスや電車では椅子に座らない

・エレベーターを使わず、階段を使う

・TVのCMのタイミングで腹筋をする

・歯磨きの時にスクワットをする

など、少しだけ日常生活にトレーニングを加えます。

気合を入れてジムに通うのも良いですが、継続が難しいでしょう。

騙されたと思って続けてみてください。

決まったタイミングで、決まったトレーニングをすると習慣化されて継続しやすいです。

数カ月後には、、

「理由はわからないが、なんだか飛距離が伸びてきた」

という状態になっているでしょう。

ストレッチとトレーニングは飛距離アップだけでなく、スイング安定の効果もあります。

ショートゲームの向上にも効果があります。

そして健康面にも効果があります。

毎日5分だけやる価値はあると思いませんか?

是非、試してください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m