グリップを直して飛距離アップ

ゴルフのグリップで右手のV字はドコを向いていればよいのか?

この答えは、右手のV字がアゴと右肩の間を指すのが正解です!

ゴルフクラブを握る上でグリップの向きはとても大切です。

グリップの向きが安定しているとボールも安定した球筋になることでしょう。

ゴルフ界には「グリップで始まり、グリップで終わる」という言葉があります。

グリップはゴルファーとクラブの接点です。

頭に描いた弾道のイメージをクラブやボールに伝える大切な役割を担います。

グリップを少し直すだけでショットが安定し、飛距離が伸びることも多いです。

スイングが安定するグリップのV字

「右手のV字は必ずしめる」

右手の親指と人差し指の間が大きく開かないようにします。

右手親指の腹と人差し指の内側でクラブを挟むように握ればokです。

V字がしまっていないと、、、

トップでクラブがグラグラと動きます。

すると、ショットが不安定になりますし、飛距離が落ちてしまいます。

V字をしめることでトップが安定し、飛距離が伸びて、方向性も安定するわけです。

■飛ばすグリップはストロンググリップ

右手の親指と人差し指の付け根で「Vの字」ができます。

その「Vの字」が右肩を指していることを確認してください。

今はV字が右肩を向くストロンググリップが主流です。

ストロンググリップは無駄な手首の動きを抑えて、且つ、飛距離が伸びて、方向性が安定します。

スライスに悩んでいる方は右手のV字がアゴをさしているケースが多いです。

ほんの少しストロングにするだけでスライスが直ることも多いです。

グラブの進化により理想とされるスイングは徐々に変化しています。

しかし、右手のV字は昔から世界中のゴルファーが採用してきました。

今もその重要性は変わりません。

それはグリップのV字がゴルフにおいてとても大切だからです。

この機会に

「右手のV字が緩んでいないか?」

「右手のV字が向く方向がずれていないか?」

チェックしてください。

「基本を常にチェックする」はゴルフ上達への近道です。

飛距離が伸びるグリップの握り方

グリップを強く握ると飛距離が落ちます。

「グリップを強く握ってはいけない」

これは多くのレッスンで言われていることですし私もそれに賛成です。

グリップを強く握ると腕に力が入ります。

腕に力が入ると、スムーズなスイングができませんしヘッドも走りません。

柔らかくグリップしてヘッドが走る感触を確かめて下さい。

「私はソフトに握っているよ!」という人でもまだまだ力が入りすぎているケースは多いです。

飛距離が伸びるグリップの握り方は?

小指、薬指、中指の3本で握る

grip07「左手の3本の指だけはしっかり握る」というレッスンが有効な方もいます。

小指、薬指、中指の3本でしっかり握ると他の部分から力が抜けやすいという効果もあります。

「グリップを軽く持つ」

または

「左手の3本の指だけはしっかり握る」

2つのどちらが有効かは個人差があります。

どちらの方がスムーズにスイングできるかをお試し下さい。

飛距離を伸ばす方法はいろいろあります。

大切なことは、「あなたの飛距離はまだまだ伸びる」ということ。

スイングから無駄を取り除けば、スイングの再現性が高まり飛距離もアップしますよ。

もしあなたが

「もっと飛距離を伸ばしたい!」

と考えているのであれば、↓の練習法がオススメです。

ミート率の高いショットで飛距離アップを狙う練習方法!
ミート率の高いショットで飛距離アップを狙う練習方法!
ミート率の高いショットを打つには!ミート率の高いショットって言うと何かものすごくレベルの高い話に聞こえるかもしれませんが、 要は、当たるショットって感じです。例えばドライバーでチョロやザックリやテンプラなどの大きなミスが出ないで普通に当たるショットを打てるよう・・・

応援しています!

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
スポンサーリンク
グリップを直して飛距離アップ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!