この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スピンをかけないアプローチでチップインを狙う

グリーンのすぐ側からのアプローチ。

ラインに乗せてチップインをすればバーディーという場面。

「チップインなら最高!」
「悪くても寄せワンのパー!」

気合を入れてランニングアプローチをしたところ・・・

ボールは予想よりも転がらず、5m以上のパットが残ってしまった。

「チップインでバーディーを狙ったのに、結局はボギーになった」

こんな経験はありませんか?

スピンをかけず「転がるアプローチ」を打てればチップインバーディーを取れる確率も増えます。

転がすアプローチはミスも少ないので寄せワンも増えます。

転がすアプローチは「攻めのゴルフ」に必須のスキル。

ランニングアプローチをしようとしてもスピンがかかりボールが止まってしまうことが多々あります。

スピンがかかり過ぎるというのは、中級者、上級者に多い悩みかもしれません。

転がすアプローチは「グリーンを外してもチップインバーディーを狙う」そんな攻めのゴルフに必要なスキルです。

スピンをかけないアプローチを打つ方法

「スピンをかけないアプローチ」を打つ方法は大きくわけると次の2パターンになります。

(1)打ち方でスピンを減らす

ボール位置、フェースの開閉、アドレスの重心位置を変えることで多様なボールを打てます。

スピンを減らす方法としては、次のようなイメージで打つと良いです。

「右手で横からボール包み込むイメージ」

または

「右腰をボディーターンで目標方向に出す」

ボールにかかるスピンが減り転がるアプローチを打てます。

(2)クラブを使い分ける

打ち方を変えるよりもクラブを変えた方が簡単です。

打ち方は基本的に同じです。

AW、PW、9番アイアン・・・とクラブを変えることでキャリーとランの比率が変わります。

番手をあげるほど転がるボールになります。

9番アイアンを使えば「スピンで止まりすぎる」ということはないでしょう。

易しいのは「クラブを変える」

どちらのパターンでも可能ですが、「クラブを変えて打ち分ける」の方が易しいです。

またSWより9番アイアンの方がミスに強いです。

「ミスになる確率を減らす」という意味でも転がすときはクラブを変えるという方がオススメです。

ゴルフスコアをまとめるには「より安全な攻め方」「確率の高い打ち方」を選ぶと良いです。

アプローチのバリエーションを増やすとグリーン周りが面白くなりますよ。

ショートゲームについて、こんな名言があります。

スコアを5つぐらい縮めるような急激な進歩を遂げたいと思うなら、まずは練習方法を根本から変えなければならない。

2週間、練習時間の90%をチップショットとパットに費やし、残りの10%だけをフルスイングにすることです。

こうすれば95のスコアは必ず90になるはずです。

ですから、今までと同じ練習をしていては、今までと同じ結果になります。

「今年こそハンディキャップを減らす!」と決意したなら、「今年は今までとは違う練習が必要」です。

ぜひ、新しいことにチャレンジして下さい。

ショートゲームの上達は、短期間にスコアを伸ばすカギです。

今年はライバルをあっと驚かせましょう!

応援しています。

忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
スピンをかけないアプローチでチップインを狙う
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!