ドライバーの振り遅れを防止すれば飛距離が伸びる

振り遅れとは?

ダウンスイングで体の動きに対して腕やクラブが遅れすぎている状態です。

ですが、振り遅れといっても何が振り遅れか・・

というのは表現方法が変わってくるかも知れません。

一般的には、インパクトで

1)ヘッドが両手に対して遅れて入ってくること
2)フェースが開いた状態で降りてくること

・・を振り遅れと表現することが多いように思います。

振り遅れるとスライスや飛距離ロスにつながります。

では、何故ヘッドが遅れてしまうのか?

・・ということですが、これはいくつか原因があります。

それらは、

1)フェースが開いているため
2)インサイド・アウトで振り過ぎているため

といったことになります。

1)は主に普段からスライスを打っている方に多く、

2)はその反対で普段ミスする時はフックボールを打っている方に多いです。

ドライバーの振り遅れの原因?

振り遅れとは、ダウンスイングで体の動きに対して腕やクラブが遅れすぎている状態です。

振り遅れにより、 多くのミスショットがでます。

振り遅れにはいくつかの原因がありますが、アマチアに一番多い原因として、

  • 腕を強く振る
  • 過度な体重移動をする

・・・ことで振り遅れが発生します。

(1)腕を強く振る

腕の力で振り遅れを防ごうとしてはいけません。

腕の力に頼るとヘッドが走らず飛距離はダウンします。

タイミングも難しくなりショットが安定しません。

大切なのは「腕と体の同調」です。

「腕と体の同調」ができると振り遅れがなくなります。

飛距離が伸びてショットが安定します。

(2)過度な体重移動をする

必要以上に体重移動を行うと、振り遅れになりやすいです。

最近のクラブは体重移動よりも体の回転をメインにした方が良いです。

その方が飛距離も伸びますし、方向性も安定します。

(3)次に多い振り遅れの原因として、

バックスイングで腕を使いすぎで振り遅れが発生します。

バックスイングを腕でクラブを引き上げてしまうと振り遅れが発生します。

これでは、飛距離が落ちますし、スイングが安定しません。

バックスイングを腕で引き上げると腕が体の正面からはずれます。

腕が体の正面からはずれた状態でバックスイングを開始するので、インパクトでも腕が体の正面に戻りにくいです。

一度、腕が体の正面からはずれるとスイング中に戻すのは大変むずかしいです。

腕が体の正面からはずれないようにバックスイングをする必要があります。

腕と体を同調させるために、有効なドリルがあります。

・アドレスで両腕の間にタオルを丸めてはさみます

・タオルを落とさないようにバックスイングを開始する

・自然に体と腕が同調し、肩の回転でバックスイングができます

この動きを覚えましょう。

腕の位置が体の正面でキープできるので振り遅れになりにくいです。

振り遅れには、様々な原因があります。

スイングリズム、体重移動、クラブ選び、バックスイング・・・

まちがった対策は、効果がないだけでなく問題を複雑にしてしまいます。

振り遅れを解消して飛距離を伸ばす方法

(1)バックスイングは肩の回転で行なう

振り遅れになる原因はバックスイングにあるケースが多いです。

バックスイングを腕でヒョイとクラブをあげると振り遅れになります。

腕でヒョイとクラブを上げると体の正面からクラブが外れます。

体の正面からクラブが外れるとインパクトまでに戻す必要があります。

一度、体の正面から外れたクラブを元に戻すのは難しいです。

ではどうすれば良いのか?

バックスイングを腕でなく、肩の回転で行なうと良いです。

体の正面に腕とクラブをキープできるので振り遅れを防止できます。

(2)過度な体重移動をやめる

必要以上に体重移動を行うと、振り遅れになりやすいです。

最近のクラブは体重移動よりも体の回転をメインにした方が良いです。

その方が飛距離も伸びますし、方向性も安定します。

(3)オーバースイングを直す

オーバースイングとは、「トップのポジションでシャフトが地面と平行を超えてしまう状態」です。

ダウンスイングで腕が体の回転に追いつかず振り遅れになりやすいです。

オーバースイングを直すとショットの安定と飛距離アップを期待できます。

(4)トップでクラブの重さを感じる

切り返しでダウンスイングを急ぎ過ぎると振り遅れになりやすいです。

腕とクラブが体の正面から外れてしまいます。

トップでクラブの重さを感じると振り遅れを防げます。

「トップで左手の親指にクラブの重さを感じる」というイメージがわかりやすいです。

振り遅れにはいくつかの原因があり、アマチアに一番多い原因と解消法を説明しました。

ですが、ダウンスイングを下半身リードでスタートすると振り遅れるケースもあります。

下半身リードでも振り遅れる?

切り返しを下半身リードにすると、捻転差が最大化し飛距離が伸びると言われていますが、 実際にやってみると、スライスになり、ボールは右に飛ぶケースが多いはずです。

下半身リードでスライスになる理由は振り遅れです。

インパクト時にフェース面が開いてしまうために発生します。

下半身のみがターゲット方向へ移動し、上半身と下半身がバラバラになっている状態です。

「振り遅れ」の症状

振り遅れの症状には、

  • 飛ばそうとすると、ボールが左右に散る
  • ドライバーの安定性が悪い
  • ミスはプッシュアウトが多い
  • プッシュアウトを嫌うと引っ掛けが出る

「振り遅れ」の解決方法

下半身リードを意識するのをやめてトップのポジションからダウンスイングの始動時に、

左肩をターゲット方向へ移動させる動きからスタートさせて下さい。

この動きにするとスイング軸がブレません。

飛距離がアップし方向性も安定しますよ。

まとめ

振り遅れを解消して飛距離を伸ばす方法は、

(1)バックスイングは肩の回転で行なう
(2)過度な体重移動をやめる
(3)オーバースイングを直す
(4)トップでクラブの重さを感じる
(5)左肩をターゲット方向へ移動

です。

振り遅れを防げるとショットが安定し大幅な飛距離アップを期待できます。

応援しています。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう