体重移動をおさえてドライバーを飛ばす方法

どうすれば、ゴルフ上達できるの?
ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

飛距離アップに本当に体重移動は不要なのか?

と疑問を持つかもしれません。

体重移動で飛距離をロスする主な原因は、、、

体重移動をするとインパクトのタイミングがとても難しくなります。

バックスイングで右足に大きく体重を移動するとダウンスイングで左に大きく戻す必要があります。

左右の動きが大きくなるとインパクトのタイミングがとても難しくなります。

プロの場合は「体重移動を意識しない」

というより

「体重移動を出来るだけおさえている」
という人が多いです。

体重移動をおさえた方が飛ぶ理由

飛ばそうとするほど、飛距離が落ちる!

ゴルファーなら誰もがこんな経験があるでしょう。

なぜ飛ばそうとすると飛距離が落ちるのか?

その理由の1つが「体重移動の意識」です。

最近の大型ヘッドは昔と比べて体重移動を必要としません。

体重移動をおさえて体の回転でスイングをした方が飛距離を伸ばしやすいです。

(1)体重移動で飛距離ロス

アマチュアの9割は体重移動を意識しすぎで飛距離を落としています。

バックスイングで右に体重を移動し過ぎです。

バックスイングで右足に大きく体重を移動するとダウンスイングで左に大きく戻す必要があります。

左右の動きが大きくなるとインパクトのタイミングがとても難しくなります。

インパクトがジャストタイミングであえば飛距離がでる可能性があります。

しかし、1ラウンドを通して安定したショットを打つのは難しいです。

アイアンショットも体重移動は注意が必要です。

バックスイングで右足に大きく体重を移動するとスイングの最下点が右に移動します。

すると、ダフリやチョロになりやすくなります。

アイアンで正確なショットを打つためにもバックスイングで過度な体重移動は危険です。

(2)「右足のたえ」でスウェーを防止する

回転でスイングをするには、バックスイングでの「右足のたえ」が重要です。

「バックスイングで右足の内側で力を受け止めます」

右足の全体や、右足の外側で力を受け止めようとするとスウェーになりやすいです。

「右足の内側で体重をうけとめる」

または

「右膝を正面に向けた状態をキープ」

というイメージがオススメです。

体重移動をおさえて飛ばす方法

(1)軸をぶらさない

軸がぶれると左右の動きが大きくなり、インパクトのタイミングが難しくなります。

(2)上体が真右を向くまでまわす

バックスイング時の「捻転」を大きくすると飛距離がアップします。

「捻転」とはバックスイング時の、「肩の回転」と「腰の回転」の『差』です。

テークバックは体の右サイドをまわします。

バックスイングは胸が真右を向くくらい上体を捻転しましょう。

少しの気づきでゴルフの飛距離は伸びます。

想像してください。

あなたの飛距離が30ヤード伸びたゴルフを!

パーオンが増えます。

バーディーを狙える回数が増えます。

大幅なスコアアップを期待できますよ。

あなたの飛距離はまだまだ伸びます!

参考になれば幸いです。

上達するゴルフ練習法がオススメする練習メソッド

★体幹軸ゴルフ マスターパック
★忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
体重移動をおさえてドライバーを飛ばす方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!