体の捻転と肩の回転を深くすれば飛距離は必ず伸びる

ゴルフの飛距離は肩の回転により産まれます。

肩の回転が不足している飛ばし屋はいません。

ゴルフはだれでもボールを遠くに飛ばすことに快感を覚えます。

ちょっとした工夫をしただけで肩の回転が深くなり、ドライバーの飛距離が20ヤード伸び
アイアンの飛距離も1番手伸びます。

肩の回転が不足しているために、飛距離をロスしている方は多いです。

肩の回転が不足すると、いくらクラブを早く振ろうとしてもヘッドスピードはでません。

肩の回転が十分なら、無理に早く振ろうとしなくても自然にヘッドスピードがあがります。

バックスイングで十分に肩を回転できれば自然に飛距離が伸びます。

スポンサーリンク

肩の回転を深くして飛距離を伸ばす方法

以前、Aさんはこんな悩みを持っていました。

・ドライバーの飛距離が出ない
・スライスが直らない
・アイアンの飛距離がでないし精度も悪い

なんとかしようと色々なビデオを購入しました。

練習場ではうまく打ててもいざコースに出ると特にスライス病が出てしまう。

その繰り返しでした。

で、、、

ある方法を試したところ、スライスが直りドライバーの飛距離が20ヤード伸びたそうです。

アイアンの飛距離も1番手伸びました。

Aさんが実践したのは、

「ゆっくりテークバックして、ダウンスイングを肩から始動」

ゆっくりテークバックすることで、大きな筋肉を使えて芯で捉えやすくなるのです。

なぜ、ゆっくりテークバックがオススメなのか?

体幹を使ったバックスイングができる

ゆっくりテークバックをオススメする理由はいくつかあるのですが、、、

その1つが「体幹を使ったバックスイングができる」です。

最近、活躍している若手プロの多くが下半身の動きをおさせて体幹を使ったバックスイングをしています。

体幹を使ったバックスイングのポイントは、

「右膝の位置を変えずにバックスイングをして下半身を安定させる」

「手を使わずに、上体を捻転させる」

ただ、、、肩を回そうとして下半身も一緒にまわってしまってはだめです。

ゆっくりとテークバックをすると体幹を使ったバックスイングをしやすくなります。

スイング軌道が安定するのでスイングの再現性が高くなります。

ボールを芯で捉えやすくなります。

体幹の大きな力を使えるのでヘッドスピードがアップします。

芯で打てて、ヘッドスピードがアップするので飛距離がアップします。

理由は、最近のクラブは体重移動よりも、捻転で飛ばす方が、楽に飛ばせるからでしょう。

あなたも「ゆっくりテークバック」を試してみませんか?

肩の回転が深くなって飛距離がアップしますよ。

肩の回転を深くする方法

(1)アドレスで肩の力を抜く

アドレスで肩に力が入っているとバックスイングで肩がスムーズに回転しません。

アドレス時に力がはいると肩や肩甲骨まわりの筋肉が縮まります。

筋肉が縮まると、肩がスムーズに動かなくなるのです。

アドレスでは肩の力を抜くことがが飛距離アップのコツです。

年齢を増すことにより体が硬くなります、

この場合は前傾姿勢を少し浅くすることで肩の回りを良くすることができます。

(2)バックスイングの始動から肩を回転させる

回し方としては、左肩甲骨から回していくと軸がぶれません。

バックスイングの始動時に腕とグリップで出来る三角形をキープして、クラブが地面と平行のポジションになるまでにできるだけ肩を回転させましょう。

捻転を最大にする方法

飛距離が出るゴルファーは「捻転」を作るのが上手いです。

捻転が大きいと飛距離が伸びます。

それには飛距離を伸ばすための捻転の練習方法が大切です。

(1)先ず、クラブを持たずにアドレスの姿勢を作ります。

次に左手首と右手首をクロスします。

両手の甲がそれぞれあわさるようにします。

(2)次に、左腕で抵抗をしながら右手首で後方へ押すます。

左手で抵抗しながら、右サイド(右背中)の筋肉を使ってバックスイングをします。

下半身の回転を出来る限りおさえて、右ヒザの位置が動かないように注意します。

左手に抵抗されているので、背中の筋肉で上半身を回転させる動きを体感できます。

この練習を行うことで、

左腕を伸ばしたままバックスイングをする動きを体感できます。

(3)「捻転」のエネルギーを感じるには

トップで背中の筋肉が伸びている状態で3秒間停止します。

背中の筋肉が伸ばされた状態を体感できます。

トップで停止しているのはキツイはずです。

その「キツさ」がボールを飛ばすエネルギーになります。

上半身は元の位置に戻ろうと下半身に引っ張れている状態です。

これが「捻転」のエネルギーです。

(4)手首の位置をキープしながら下半身を回転

上半身をそのままにして、下半身を目標方向に回転させます。

「捻転」の力をさらに強めるために下半身を先行させて回転させます。

「捻転」がさらに強まります。

左サイドで引っ張るようにすると良いです。

ダウンスイングで徐々に加速させながら振りぬきましょう。

(5)実際にボールを打って確認する

この練習方法で感覚をつかんだらクラブを使って素振りをして下さい。

素振りで感覚をつかんでから実際にボールを打ちましょう。

捻転の力が増加し飛距離がのびます。

この練習方法はクラブを使わないのでいつでも行えるし、体の動きも集中できます。

捻転のエネルギーを増やすことで飛距離を伸ばせます。

飛距離が10ヤード、20ヤード伸びるとゴルフが急に面白くなります。

飛距離を伸ばして、もっとゴルフを楽しみましょう。

応援しています。

ゴルフは、思った方向に、思った距離を出すというゲーム

そのためには、まずはグリップ・姿勢・その時の向きという、打つ前の原則(プリスイングの原則)を知り、そこから、しっかり練習することが必須です。
上達するゴルフ練習法

Enjoy Golf Lessons PART.3

Enjoy Golf Lessons PART.4

Enjoy Golf Lessons PART.5

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう