ピッチエンドランとピッチショットの練習方法

アマチュアに一番必要なショートゲームのワザはピッチショットやピッチエンドランです。ボールの位置とクラブを変えることで多彩なアプローチショットが可能になります。

先ずは、最初にマスターしてほしいのは、サンドウェッジでのピッチェンドランです。

アベレージゴルファーの中には、バウンスの大きなサンドウェッジは苦手という人がいるかもしれませんが、ピッチェンドランを覚えれば寄せワンのチャンスが上がります。

もしあなたも

寄せワンをもっと増やしたい!

と考えているのであれば、この記事が参考になります。

ピッチェンドランの打ち方

サンドウェッジでボールをスタンスの中央にセットし、そのボールに合わせてクラブへッドをソールします。

トウ側が浮いたり、ヒール側が浮いたりしないように、ソール全体が芝に接するようにアドレスしましよう。

このときのグリップの位置は、必ず左足太モモ前にくるようにすることです。右足の前や、左足よりもさらに左にはいかないように注意してくたさい。

そして、体のラインは飛球線に対して平行に合わせます。あとは、両手が右足太モモを過ぎたぐらいまでテークバックし、そこからダウンスイングに入ってボールを打つだけです。

ボールを無理に上げようとせず、自然にクラブを振り下ろします。これだけで本来、サンドウェッジが持つロフトどおりにボールは上がっていくのです。ボールはグリーンに着地した後、自然に転がっていきます。

このときのキャリーとランの割合は、5対5と考えてくたさい。

この基本形ができるようになれば、あとはボールの位置を変えるだけです。石足寄りにボールを置けば、ランニングアプローチになるし、左足寄りに置けば、ピッチショットになります。

これがオススメのアプローチの基本形です。

ボールの位置(3カ所)、クラブ (3本)を変えるだけで、3X3=9通りのアプローチが自然にできてしまうのです。これに、 ロブショットなどの特殊な打ち方をプラスすれば、カバーできない状況はほとんどありません。

ピッチショットの打ち方

スタンスの中央より左足寄りにボールを置きます。上げるアプローチなので、クラブフェースは少し開きますが、極端に開きすぎないように注意してください。

フェースを開いたぶんだけスタンスはオープンにします。スクエアな状態から左足をやや後ろに引くイメーシで構えます。ここで気をつけたいのは、スタンスこそオープンですが、肩、腰のラインは飛球線に対してなるべくスクエアになるようにする点です。

ボールが左足寄りにあっても、両手の位置は左足太モモの前です。テークバックでは、早めに手首のコックを使ってクラブを上げます。切り返しは、頭を動かさずに、そのままクラブを下ろします。ボールを打った後は、大きなフオロースルーをとります。

ランニング、ピッチェンドランでは、バックスイングとフォロースルーの大きさが同じになりますが、ピッチショットでは、バックスイングよりもフォロースルーのほうが大きくなるぐらいのイメージを持っことが大事です。

最低でもクラブを上げたぶんだけ、フォロースルーをとります。フェースを少し開いて、ロフト角が56度のサンドウェッジを使うと、実際には、57~58度ぐらいになるので、ボールは自然に上がります。だからこそ、無理にボールを上げようとはしないことです。

また、ランが少なくなるので、落としどころをしつかり決めておくようにします。手前のカラーにボールを落とすと、さらにランを抑えられるので、高速グーンでピンが近いときは有効ですが、通常はグリーンに直接ボールをおとすのが基本です。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク