この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「タメ」のあるスイングで飛距離を伸ばす

軽く振っているのに、なぜか、すごく飛ばす人っていますよね?

軽く振っているのに、飛距離がでる理由の1つが、

自然なタメが出来て、クラブヘッドが加速しているから

ただ「タメ」を作ろうとしても、なかなか上手くいかないものです。

もしあなたも

タメが作れない!

と悩んでいるのであれば、この記事を参考にして下さい。

飛距離が出るタメの作り方

タメが作れない原因の1つが「ダウンスイングでの右腕の使いすぎ」です。

私達ゴルファーは飛ばそうとするとダウンスイングで右腕を使いすぎてしまいます。

右腕が強くなるとタメが早くほどけてしまいます。

ではどうすれば良いのか?

(1)右腕をリラックス

右腕をリラックスすると自然なタメを作りやすいです。

右腕をリラックスするには次の方法がおすすめです。

・アドレスで「右腕の力を抜く」
・左右のグリップをヒンガーグリップで握る
・アドレスで「右手のグリップを緩める」

アドレスをした時に右腕、右のグリップから「スーッ」と力を抜きましょう。

右腕がリラックスしてダウンスイングで自然なタメが生まれます。

(2)ダウンスイングを左サイドでリード

ダウンスイングを左サイドでリードすると良いです。

ダウンスイングからフォローまで左肩、左腕でクラブを振りましょう。

ダウンスイングを左サイド主導で行うと自然に「タメ」が生まれやすいです。

「自然なタメ」が出来るとヘッドスピードが上がり、軽く振っても飛距離が出るようになります。

どうして軽く振っても飛距離がでるのか?

(1)タメの作り方とコツ

飛距離と安定性を手に入れるには、腕の力にたよらない、「下半身主導のスイング」を身に付ける必要があります。

なぜなら、

下半身は腕よりもパワーがあり、腕のように器用に動かないからです。

タメが出来ていない人は、腕を使いすぎています。

「下半身主導のスイング」を身につけましょう。

そうすれば、自然にタメが生まれ、飛距離が伸びて、スイングが安定します。

(2)タメを作るドリル

下半身主導のスイングが身につく、ドリルをご紹介します。

ボールを打っても良いですし、素振りでも効果はあります。

■ボールから少し離れてアドレス

通常のアドレスよりも、20cmほど後ろに下がり、アドレスします。

■バックスイングで、右足を踏み込む

右足を前に踏み込んで、 バックスイングを開始します。

下半身主導のバックスイングになります。

■切り返しで、左足を踏み込む

左足を前に踏み込み、ダウンスイングをします。

下半身主導のダウンスイングになります。

(3)タメは自然にできるもの

タメを意識して作る必要はありません。

正しい動きをすれば、「タメ」は自然にできるものです。

このドリルにより、下半身の力を使えるようになります。

自然なタメがうまれ、飛距離がアップします

タメができる壁おしドリル

自分の右側に壁がある場所でアドレスします。

クラブを持ってトップの形をつくります。

クラブは何でも良いです。

もしクラブが手元になければクラブを使わなくても良いです。

まずはトップの形をつくります。

しっかりと深く肩を回した状態でトップを作ります。

トップの形を作ったらグリップエンドで壁を押します。

腕の力ではなく体の回転で押すようにします。

トップからダウンスイングに切り返すときの「タメ」ができるようになります。

ヘッドスピードが上がり飛距離アップを期待できます。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

壁押しドリルをご紹介します。

安定して曲がらないドライバーの打ち方
安定して曲がらないドライバーの打ち方
もっと飛距離がでればな・・・ もっとドライバーショットが安定していればな・・・ ラウンドが終わるといつも思っていませんか? ...

まとめ

『なぜ、軽く振っても飛距離がでるのか?』

軽く振っているように見えて、飛距離が出るゴルファーは、腕の力に頼らず、 下半身の力を活かしています。

腕の力に頼らないので、軽く振っているように見えるのです。

腕を脱力させて、下半身を積極的に使う」を大切にしましょう。

飛距離が伸びて、スイングが安定しますよ。

参考になれば幸いです。

忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
「タメ」のあるスイングで飛距離を伸ばす
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!