サンドウエッジのバウンスを使えばバンカーは簡単に脱出できる!

サンドウェッジはロフト角が大きいく、ボールが高く上がるという特性があります。

もう一つ、際立った特徴があります。それは、ソウルに大きなバウンス角が付いているという点です。

ご自身のキャデイバッグからサンドウェッジとピッチングウェッジを持って来て、それぞれのソールをじっくり見比べてください。

メーカーや機種によって多少の違いはありますが、サウンドウェッジのソールはピッチングウェッジに比べて幅が広く、バウンス角も大きく、飛び出しているように見えるはずです。

バンカーショットはこのバウンスを使い砂を爆発させてボールを運びます。

もしあなたが、

バンカーから上手に脱出できない!

と悩んでいるのであれば、この記事が参考になります。

スポンサーリンク

バンカーショットはバウンスを使えば簡単!

ピッチングウエッジとサンドウエッジを床にソールしてみましょう。

ピッチングウェッジは、リーディングエッジと床面の隙間がほとんどありませんが、サンドウェッジは、リーディングエッジと床面の隙間が大きく、リーディングエッジが浮いて見えるはずです。

最後に2本のウェッジのフェースを45度開いてみましよう。(フェース面をターゲットの右上に向けて)

きっと、サンドウェッジは開いても座りがよく、フェース面がタ ーゲットを向いているよに感じられると思います。

ピッチングウェッジは座りが悪く、フェース面があらぬ方を向いているようにしか見えないはずです。

多くのメーカーがいろいろな研究の成果としてデザインしているため一概にはいえませんが、サンドウェッジは基本的にソール幅が広めで、バウンス角が大きく、リーディングエッジが浮いて見え、フェースを開いても座りがよく構えやすいクラブなのです。

これは他の番手にはない特徴なので、アイアンのスイングを単に小さくしただけの打ち方では、サンドウェッジというクラブの特徴を活かすことができないのです。

サンドウエッジとアイアンの打ち方の違い

バンカーでのサンドウエッジの打ち方は、ボールの手前2~3センチのところにヘッドを打ち込んでも、バウンス角の大きいサンドウェッジはヘッドが砂に深く潜らず、砂を爆発 させる力が大きいので、簡単にバンカーから脱出できます。

しかしバウンスはソールに付いているため、ソールを使って打てない人には無用の長物でしかないのです。

アイアンの打ち方は、芝の上にあるボールに直接フェースをコンタクトさせ、インパクト時の体のポジションが左サイドに入り、ややハンドファーストになって打ちます。

しかし、 バンカーショットは、アイアンのスイングを小さくしただけの打ち方では、バウンス角の大きいサンドウェッジを使ってもまずバンカーから出すことはできません。

その証拠に、多くのアマチュアゴルファーはバンカーショットを苦手としていますし、もし脱出できても方向性や距離感をコントロールすることができないでしよう。

要するに、サンドウェッジの最大の特徴であるソール(バウンス)を使う打ち方を身に付ける必要があるのです。

バンカーショットのミスで大叩きした経験はありませんか?

あなたもバンカーショットのミスが多いと悩んでいるならバンカーショットのミスを減らせる方法があります。バンカーショットが得意になるとスコアを崩さずにすみます。

バンカーショットのミスを減らす方法

コースでバンカーショットをするときに多くのことを注意していませんか。

できれば1つ、多くても2つくらい。

ミスを減らす2つのポイントを厳選しましたのでご紹介します。

(1)フェースを開く

バンカーショットは直接ボールを打たずに砂の勢いでボールを運びます。

フェースを開かないとクラブが砂に潜ってしまい砂が前に飛びません。

フェースを開くとクラブヘッドが砂に潜りにくくなります。

慣れていないと違和感がありますが、バンカーショットの基本は「フェースを開く」です。

勇気をもってフェースを開きましょう。

(2)砂をバンカーの外に飛ばす

フェースを開いて打ち込むだけでは、ボールが前に進む力が弱いです。

したがって、砂をバンカーの外に向かって飛ばすというイメージです。

バンカーショットで「ボールが前に進まない」、「グリーンに届かない」は、砂をバンカーの外に向かって飛ばすを心がけてください。

砂と一緒にボールもグリーンに運べます。

バンカーショットが得意になるとゴルフが楽になります。

距離のあるバンカーショットを攻略する

ピンまでの距離が30ヤードもあるバンカーショット。

あなたはどうやって打ちますか?

30ヤードの距離があるバンカーショットをピンに寄せるのは簡単ではありませんが、グリーンに乗せるだけなら簡単にできる方法があります。

ピンまで30ヤード!

距離の長いバンカーショットを成功させる方法として、残り距離が30ヤードというバンカーショットでS/Wを使うには、「砂を薄く取る」必要がありますが、これは難易度が高いです。

アマチュアが無理をすると、体の動きが必要以上に大きくなりボールを直接打ってホームランになります。

この場合のオススメはこれです。

S/Wの代わりに、A/WやP/Wを使う。

ロフトがある分、前に飛ぶ力が大きくなり30ヤードの距離を打ちやすくなります。

S/Wより低くでて、ランの多いボールになります。

打ち方はS/Wと同じです。

クラブフェースを開きエクスプロージョン。

A/W、P/Wもフェースを開くことでバンス効果が使えます。

「砂を薄く取ろう」という意識は不要です。

ご紹介した方法なら大きなミスにならずグリーンにボールを運べます。

では、どうしてもS/Wで30ヤードの距離をだしたいならエクスプロージョンの極意があります。

ボールを左寄りに置き、フェースは開かずにバンカーショットをします。

ボールの高さも上がり、距離も出せます。

練習場でバンカー練習をする方法

コースに出る機会がどうしても取れないなら練習場でティーアップしたボールを打つ方法もありです。

(1)練習場でティーアップしたボールをSWで打つ

ティーアップしたボールをSWでフェースを開いて打ちます。

1cmから2cmほどの高さが良いでしょう。

実際のバンカーショットをイメージしながら打ちます。

  • アドレスはオープンスタンス
  • フェースを開く
  • ボールを打たずゴムティーだけ打つ

ティーだけ打ってボールが「フワッ」と上がれば成功です。

バンカーショットはボールを直接打ちません。

(2)本番ではボールの下にゴムティーをイメージする

イメージしたゴムティーだけを打つようにスイングします。

この練習法はバンカーショットの練習不足を補えますよ。

慣れてしまえばバンカーは難しいショットではありません。

ボールを直接打たなくても良いので許容範囲が広いのです。

バンカーの苦手意識が減るとグリーンを狙うショットのプレッシャーも減ります。

スコアアップは当然としてゴルフの楽しみが増えますよ。

是非、試してください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう