アプローチショットの構え方と打ち方の基本

アプローチのミスが減らない・・・

と悩んでいませんか?

アプローチでミスせずにワンピンに寄せられたらスコアは絶対に良くなります。

コースで、ドライバー飛ぶね!とみんなに言われ。

グリーンに上がってみるとみんなと一緒!

アプローチに問題があるのではないでしょうか?

アプローチショットが上達する打ち方のポイントを紹介します。

上達には正しい打ち方を理解しよう

アプローチを上達するには、 練習量を増やす前に「正しい打ち方を理解する」が先です。

目標とするスイングを理解していなければ、どんなに練習をしても効果は低いです。

ボールを狙った場所に打てなかったとき原因がスイングなのか、アドレスなのかわかりません。

あなたが、アプローチを上達したいなら、やみくもに練習量を増やす前に、「正しいアプローチの打ち方」を理解してから練習することお勧めします。

独学でもプロに習ってもかまいません。

アプローチを上達するために、大切なのは、

・正しい打ち方を「理解」する
・正しい打ち方を身につけるために練習する
・距離感を養う

この順番です。

「練習」の前に、正しい打ち方を「理解」しないとダメです。

アプローチは左足体重でアドレス

アプローチの基本はピッチ&ラン。

キャリーとランが5対5の割合になるように打つのが基本です。

これを基準にアプローチする状況やグリーンのコンディションに合わせ、高いボールや低いボールを打つ。こうしてキャリーとランの割合を変えるなどして寄せ方をアレンジします。

アプローチで大事なのはアドレス。

構えをキープしたまま打つイメージが必要だからです。ピッチ&ランのアドレスでは、左足に多めに体重を乗せます。アプローチではボールを飛ばさなくてもいいので、スイング中に体重移動をする必要はありません。また、軸をブラさず、決めたポイントでボールをとらえるうえでも左足体重はとても有効なのです。

左右の体重配分は6対4くらい。ボールを上げようとしてすくい打つクセがある人(トップしたり、ダフったりすることが多い)は、左足体重の割合をもっと増やしてもいいでしょう。

左足体重で構えたら、打ち終わるまで左足体重のままでいます。

打ち終わってから、左足体重の度合いが増えることはあっても、減ることはありません。これを心がけるだけでもすくい打ちは減ると思います。

それには上体をリラックスさせます。そのため一度構えてからヒジを曲げ、両ヒジの距離を少し離す動作を入れて、腕からカを抜くようにします。こうすると肩や上体からも力が抜けてリラックスできるんです。

上体に力が入るほど手先で振りやすくなります。すくい打ちはもちろん、ザックリも出やすくなる。スイング軸もブレやすいので気をつけましょう。

最後にボールの位置ですが、左足体重で構えたときに、左腕とクラブが一直線になった延長線上にくるのが最適なポジション。結果的に両足の真ん中あたりにくるはずです。

この体勢で素振りをしてみて振り抜きづらいようなら、その位置のまま左足を引いてオープンに構えてもOKです。素振りでダフったり、思ったように芝を擦れないのであれば、ワングリップほどクラブを短く握り、ボールに近づいてアドレスしてもいいですね。

ボールを上げようとしている人ほど、ボールの位置が左に寄りすぎている可能性があるので気 をつけてください。

アプローチは左腰主導で下半身を回す

ボールを上げたいときなど特別な場合を除けば、アプローチでは終始左足体重をキープしたままでスイングします。アドレスで左足体重にしておくと、左足のつけ根に張りを感じるので、そこを軸にして左腰主導で下半身を回します。

上体から力を抜いて、下半身を回せば上半身も一緒に回る。左足体重にすることでヘッドが上からボールをとらえやすくもなります。その結果、ボールが適度につかまりスピンの効いたボールが打てるわけです。

左右の振り幅を対称にすることも重要です。アマチュアの方の場合 、バックスイングを大きくとってインパクトが緩むパターンが多く見られます。ボールを打ちにいったり、インパクトを意識することがこうなる原因だと思います。

これだと距離感が合わないのはもちろん、ダフリやトップといった基本的なミスも出やすくなります。手が先行するので、ヘッドの入り方がまちまちになってしまうのです。

なので、短い距離で振り幅が小さくても左右対称に振ることを心がけます。

加えて、グリップエンドと、軸となる左腰の間隔が変わらないよう、上半身を「右→左」と回すようにします。このように動けると、フォローではへソとクラブへッドがともに目標方向を指す形になります。

アマチュアの方の中には、普通に打てばボールが上がるのに、自分で上げようとしてミスをする方が少なからずいます。これを防ぐ方法は、ボールを上げようとしないことしかありません。
ボールは上げるものではなく、上がるものです。自分が上げなくてもクラブが上げてくれます。

下から上に振るのではなく、上から下に振りながらボールをとらえてはじめて、ロフトどおりのボールが打てます。上げようとしないほうが上がると言ってもいいほどです。

アプローチショットの打ち方のポイント

自分なりの「基準となる打ち方」を持つとアプローチは安定します。

自宅でパッティングマットを使って2mのアプローチを繰り返すのも良いです。

短いアプローチで基本を身に付けます。

練習場で30ヤードの距離を繰り返し練習するのもオススメです。

練習場のマットの上で基準となる打ち方を身につけるために反復練習をします。

次は、

アプローチに使うクラブの選び方でミスを減らせます。

AW(52度)とSW(58度)では打ち方が違います。

アプローチに使うクラブはSWでもAWでも良いです。

自分の基準となる打ち方でクラブを使えば良いです。

アプローチに使うクラブとしてAWやPWも選択肢に加えると良いです。

SWに比べてロフトが少ないAWやPWは花道で平らな場所からのアプローチはミスが少なく距離感もあわせやすくなります。

どちらが打ちやすいかは打ち方によって個人差があります。

基準となるアプローチの打ち方」を身に着けていればクラブを変えても距離の再計算は容易と思います。

また、

ゴルフは練習場とコースではどうしても環境の差が大きいので、コースでいろいろ試してみると良いでしょう。

上達が早い人はラウンド中にいろいろな打ち方を試します。

まとめ、アプローチショットのポイント

・反復練習で「基準の打ち方」を身につける
・自分の基準に合ったクラブの選択
・ラウンドでいろいろ試してみる

アプローチのミスを減らせると大幅なスコアアップを期待できますよ。

アプローチが上手くなるコツ

(1)ミスの少ないAWを使う

アプローチに使うクラブはAWがおススメです。

グリーン周りのアプローチはSWでと最初から決めている人もいますが、、、

おそらく多くのプロがSWを使うからでしょう。

アプローチに使うクラブとしてPWも選択肢に加えると良いです。

SWに比べてロフトが少ないAWやPWはミスが少なく距離感もあわせやすくなります。

プロの試合はグリーンが早いのでSWを使わないと寄せるのが難しい場合も多いです。

普段アマチュアがラウンドするグリーンはAWやPWで対応できるケースが多いです。

ラウンドでいろいろ試してみてはいかがですか?

アプローチに使うクラブとしてAWやPWも使ってみましょう。

(2)左ヒザの角度を変えないでショットする

アプローチは、左足を安定させると、

・クリーンにボールをヒット出来ます
・『打ちたい距離』を打てる確率が上がります

バックスイング時に、左膝をできるだけ動かさないようにすることを意識してください。

アドレスからバックスイング始動後、トップのポジションまで、

・左膝をできるだけ動かさないように
・左膝が伸びないように

を同時に意識しましょう。

すると左足がしっかり踏ん張れて、打点が安定しますよ。

(3)頭を動かさないでショットする

アドレスからバックスイング始動後、トップのポジションまで、頭を動かさないようにします。

アドレスからトップまで左膝と頭を動かさないとショットが安定します。

アプローチが苦手な人はバックスイングで左膝と頭の位置が動いているケースが多いです。

アプローチが上手い人はバックスイングで左膝と頭の位置が動きません。

アプローチでボールの寄せ方のコツを掴んだら次は距離を打ち分けるですね。

アプローチの距離を打ち分ける3つの方法を紹介します。

アプローチを簡単にする練習方法

アプローチは転がす、上げる、どっちが正解?

アプローチには複数の打ち方あります。

大きくわけて3つ。

ランニングアプローチ

ピッチエンドラン

ロブショット

です。

(1)基本のピッチエンドランをマスター

キャリーとランの距離が半々になるのがピッチエンドランです。

これをマスターすれば多くのバリエーションに応用ができます。

「ボールの位置を変更する」
「フェースの開きを調整する」
「クラブを変える」

基本的にはこの3つで様々なアプローチに応用できます。

まずピッチエンドランをマスターしましょう。

ピッチエンドランのポイントは

・スタンス幅を小さく
・クラブを短く持つこと
・オープンスタンス

「スタンス幅を小さく」、「クラブを短く持つこと」でインパクトのブレを少なくできます。

「オープンスタンス」で、ターゲットに対する視界が広くなり方向性を出しやすくなります。

(2)基準となる距離を作る

アプローチは「基準となる距離」を持っていると距離感が良くなります。

オススメは30ヤードのアプローチを基準にします。

ですが人それぞれなので、あなただけの基準を持っていても良いわけです。

今の時点で気持よく安心して打てるアプローチの距離があるはずです。

30ヤードかもしれませんし、20ヤードかもしれません。

「安心して打てる距離」をあなたの基準にすれば良いわけです。

(3)安心して打てる距離を探す

S/W、A/W、P/Wで、一番安心感のあるクラブを使います。

おそらく、一番練習しているクラブです。

すると、気持よく打てて、何も考えずに、安心して打てる距離があるはずです。

その距離をあなたの基準にすれば良いわけです。

プロがSWを使うのは試合で使われるグリーンが高速のため。

我々が普段ラウンドするコースはそこまで高速ではありません。

AW、PWでも対応できるでしょう。

(4)自分の基準を中心に距離感を磨く

たとえば、あなたの基準がA/Wで30ヤードなら、その距離を中心に、前後の距離をいったりきたりします。

30ヤード(基準)

40ヤード(大きい)

30ヤード(基準)

20ヤード(小さい)

30ヤード(基準)

40ヤード(大きい)

この練習を繰り返すと、「基準となる距離」を中心に範囲が広がります。

今までは30ヤードの基準が20ヤードから40ヤードになります。

人によって、基準となる距離が違います。

この方法なら、今までの練習を活かして、距離感を養えます。

アプローチはスコアアップの要です。

アプローチの距離感を磨くことは、「100の壁」、「90の壁」を超える近道です。

アプローチの距離を打ち分ける方法

(1)グリップの持つ位置を変える

グリップの持つ位置を変えると同じスイングでも距離を打ち分けることが出来ます。

次の3パターンを練習しておくと良いです。

・グリップエンドを1cm余らせる(通常のグリップ位置)
・グリップエンドを3cm余らせる
・グリップエンドを5cm余らせる(シャフトギリギリ)

クラブの長さが変わるので今までと同じ力感、同じリズムで打つ距離が変わります。

グリップの持つ位置を変えると機械的に距離を打ち分けることができます。

(2)振り幅を変える

スイングの振り幅で距離を打ち分けます。

プロでも次の基準を持っています。

・右ももから左ももまでの振り幅なら20ヤード
・腰から腰なら30ヤード
・胸から胸なら40ヤード

コツは明確な基準を持つこと。

例えば、

・腰から腰の振り幅なら26ヤード
・ハーフショットなら47ヤード
・スリークォーターなら67ヤード

基準を持てば、そこから足し算や引き算をして距離を打ち分けることができます。

自分が打ちやすい振り幅で基準をもちましょう。

(3)クラブを変える

クラブを変えるというのも簡単な方法です。

同じ振り幅でもクラブを変えれば距離が変わります。

「SW、AW、PW」などのウェッジを変えて距離を打ち分けます。

最近のアイアンは飛距離がでるクラブが人気のためストロングロフト化しています。

そのためショートアイアンの飛距離が伸びています。

ショートアイアンの飛距離が伸びているため短い距離を埋めるクラブが必要です。

「ウェッジを4本」というセッティングにすると距離の打ち分けをしやすくなります。

私もPW、AW、AW、SWのウェッジ4本です。

AWはロフト角の違うクラブで飛距離を打ち分けています。

アプローチの距離感が良くなると大幅なスコアアップを出来ます。

是非、試してください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう