左手主導スイングで飛距離アップを実現!

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私達ゴルファーは飛ばそうとすると右手でボールを叩きたくなります。

しかし、右手を強く使うとスイングの再現性が悪くなりやすいです。

左手主導のスイングをするとスイングの再現性が高くなります。

ヘッドも走りやすくなり飛距離もでやすいです。

どうすれば左手主導のスイングができるのでしょうか?

実は簡単な方法がありますのでご紹介します。

右手の力みをとれば飛距離が伸びる

(1)アドレスで右手は添えるだけ

きき手が右手の場合は、右手のグリッププレッシャーが強くなりやすいです。

どうしても力がはいる場合は、アドレスで右手は添えるだけを試してください。

右手のグリップを弱めると左手主導のスイングになります。

(2)右手の親指と人差し指をグリップから外す

右手の力がどうしても抜けないという場合は、右手の親指と人差し指をグリップから外すを試してください。

親指と人差し指をグリップから外すと右手の力を抜きやすくなります。

「右手のグリッププレッシャーを弱くする」

力みを取るためにシンプルで効果の高い方法です。

ショットが安定して飛距離も出やすくなります。

ドライバーの飛距離アップ練習ポイント

飛距離アップの方法は色々あります

その方法全てがあなたに合っているわけではありません。

ドライバーの飛距離を出す方法を厳選してご紹介します。

参考にしてください。

(1)右足の角度をキープ

飛ばそうとして体を左右に動かしすぎてはダメです。

バックスイングで右膝が右に流れないようにしましょう。

アドレスからインパクトまで右膝が正面を向いた状態を保ちます。

するとスイングが安定します。

軸がぶれないので飛距離が伸びます。

芯で打ちやすくなりショットが安定します。

バックスイングで右足の内側で体重をうけるイメージです。

足の外側に体重がのったら動きすぎです。

(2)肩を充分にまわす

バックスイング時の「捻転」を大きくすると飛距離がアップします。

捻転」とはバックスイング時の、「肩の回転」と「腰の回転」の『』です。

捻転を大きくするにはいくつか方法があります。

・肩の力をぬく
・ゆっくりとバックスイングをする
・右肩を後ろに引く

右肩を後ろに引くといつもより深く捻転できます。

腰と肩の捻転差が飛距離を作ります。

「体が硬い」という場合は、自分ができる範囲で肩をまわせばよいでしょう。

バランスを崩さない程度でよいです。

(3)ティーアップを高くする方法

ティーアップが高ければ、高いほど良いというものではありません。

標準的な高さから始めて、徐々に高いティーアップを試して下さい。

標準的な高さは、アドレス時にドライバーのクラブヘッドの上に、ボールが半分出る高さ。

個人差はありますが、高さの限界は、クラブヘッドの上にボール1個分出る。

ティーアップを高くするにしたがいアドレス時のボールの位置を左に移動します。

ボールの位置を左にする場合、アドレスが崩れやすいので注意。

それは、「アドレス時の肩の開きです

ボールを左に移動するとアドレスで肩が左に開きやすくなります。

するとアウトサイドインの軌道になりスライスになりやすいです。

ボールの位置を左にしても肩の方向は目標方向に対してスクエアの状態を保ちましょう。

ドライバーの飛距離が伸びるルックアップ打法

アニカ・ソレンスタムは飛距離が出る選手として有名です。

アニカ・ソレンスタムのスイングは、「頭を動かさない」、「頭を残す」を意識ししすぎると肩の回転がスムーズにできないため、「ボールを打ったらすぐに頭をあげる」というルックアップ打法を取り入れていました。

ルックアップ打法のポイントは「頭をまわす」です。

頭を残そうとし過ぎると肩の回転の邪魔をします。

スイング中に頭の位置が大きくずれると前傾角度が変わってしまいます。

正しくは「頭をまわす」です。

これは意識的に頭をまわすのではありません。

肩の動きにおされて「自然に頭がまわる」という状態です。

自然なルックアップ打法を身に付けるドリルがあります。

「目をつぶって素振りをする」です。

目をつぶることで「無理に頭を残す」という意識がなくなります。

目をつぶって連続素振りをしましょう。

頭を残す必要はありません。

クルッと自然に体を回転させれば頭は残ります。

その感覚をつかむために、「目をつぶって素振り」がおすすめです。

「頭を動かさない」を意識しすぎると肩の回転を邪魔してしまいます。

肩の回転がスムーズになるとショットが安定し、飛距離がアップします。

参考になれば幸いです!