この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛距離が出るドライバーの打ち方があります!

私達ゴルファーは飛ばそうとすると右手でボールを叩きたくなります。

しかし、右手を強く使うとスイングの再現性が悪くなりやすいです。

左手主導のスイングをするとスイングの再現性が高くなります。

ヘッドも走りやすくなり飛距離もでやすいです。

どうすれば左手主導のスイングができるのでしょうか?

実は簡単な方法がありますのでご紹介します。

右手の力みをとれば飛距離が伸びる

(1)アドレスで右手は添えるだけ

きき手が右手の場合は、右手のグリッププレッシャーが強くなりやすいです。

どうしても力がはいる場合は、アドレスで右手は添えるだけを試してください。

右手のグリップを弱めると左手主導のスイングになります。

(2)右手の親指と人差し指をグリップから外す

右手の力がどうしても抜けないという場合は、右手の親指と人差し指をグリップから外すを試してください。

親指と人差し指をグリップから外すと右手の力を抜きやすくなります。

「右手のグリッププレッシャーを弱くする」

力みを取るためにシンプルで効果の高い方法です。

ショットが安定して飛距離も出やすくなります。

追記

飛距離アップの方法は色々あります。

その方法全てがあなたに合っているわけではありません。

ドライバーの飛距離を出す方法を追記で2つ厳選してご紹介します。

参考にしてください。

(1)右足の角度をキープ

飛ばそうとして体を左右に動かしすぎてはダメです。

バックスイングで右膝が右に流れないようにしましょう。

アドレスからインパクトまで右膝が正面を向いた状態を保ちます。

するとスイングが安定します。

軸がぶれないので飛距離が伸びます。

芯で打ちやすくなりショットが安定します。

バックスイングで右足の内側で体重をうけるイメージです。

足の外側に体重がのったら動きすぎです。

(2)肩を充分にまわす

バックスイング時の「捻転」を大きくすると飛距離がアップします。

捻転」とはバックスイング時の、「肩の回転」と「腰の回転」の『』です。

捻転を大きくするにはいくつか方法があります。

・肩の力をぬく
・ゆっくりとバックスイングをする
・右肩を後ろに引く

右肩を後ろに引くといつもより深く捻転できます。

腰と肩の捻転差が飛距離を作ります。

「体が硬い」という場合は、自分ができる範囲で肩をまわせばよいでしょう。

バランスを崩さない程度でよいです。

ドライバーの飛距離が出るとゴルフが楽しくなりますよ。

参考になれば幸いです!

忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
飛距離が出るドライバーの打ち方があります!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!