アプローチのグリーン周りの攻略方法

グリーンの攻略はグリーン周りの正しい状況判断が大切になります。

グリーンをこばした際に、 ただ漫然とフェアウェイから自分のボールの位置に向かうのでなく、グリーンに近づく段階からグリーン回りの状況をよく観察しましょう。

ボールのライだけを調べるのでなく、グリーンの傾斜やカップの位置を確認することか大切なのです。

バンカーについてもその位置と深さを知ることが必要です。

仮にバンカーに入れなくとも、カップを狙うライン上にバンカーがあったりします。

そして、 ボールの位置からはどんなアプローチをするべきかについて、的確な判断をしなければなりません。

転がせるかどうか、すぐに止めるボールが必要なのか。

この選択の如何によってスコアは大きく左右されてきます。

ラフの状態で使用クラブを変える

グリーンをこばすと、大抵の場合、深いラフにボールがつかまっています。

グリーンの工ッジから1メートルくらいのカラー部分は比較的短く草が刈られていて、ほとんど問題はない。

ここにボールが止まれば、バターの使用も可能でしょう。

しかし、フェアウェイの端からカラーまでのいわゆる花道以外のライにボールが止まると、深いラフとなります。

順芽か逆芽かによって抵抗が変わってくるし、草の上に浮いているケースではクラブフェイスが下をくぐって、テンプラとなりやすいのです。

ヘッドの重いクラブを選んだり、打ち方にも注意しなくてはなりません。

グリーンのうねりを正確に確認

グリーンサイ ドへ歩いてくる時に、グリーンの傾斜やうねりがどうなっているかをよく観察することです。

全く平坦なら問題はなく、あとはカップの位置だけです。

しかし、一般的に受けグリーンが多いのは事実。

つまり、奥の方が高く、手前が低いというグリーンです。奥にオンすると、下りの早いパットがのこることになります。

また、右や左のサイドにオンするとフックライン、スライスラインのパットとなります。

狙い目はまっすぐな上り、つまりカップの手前ということになります。

また、単に全面が頃斜しているのでなく、マウンドがあったり、2段、3段となったグリーンもあります。

その状況を正しくつかみ、自分の最も自信の持てるパットが可能な立置にオンさせる必要があるのです。

斜面にボールがある場合、通常のショットでもなかなかむずかしい。

アプローチにおいてボールが斜面にあるなら、もはや大きなトラブルに陥ったという思識を持つべきでしょう。

アドレスやスイングなど、より慎重にならなくてはいけません。

簡単に手打ちですまそうとするとミスのもとになります。

バンカーでもパターが使える?

ガードバンカーはほとんどがアゴが高いが、中には全くアゴらしいアゴがなく、グリーンのカラーまでのラフも浅いというケースがあります。

こんな時はパターで転がしてオンさせる方法も考えてよいでしょう。

また、パターでは難しい状況であれば、ミドルアイアンでのランニングアプローチが可能でしょう。

ピッチングウ工 ッジでピッチェンドランをやってもよいでしょう。

バンカーだからとい って、サンドウェッジの工クスプロージョンショットしか思い浮かばないようではだめです。

カップの位置次第で攻め方が変わる

グリーン内にカップがどこに切られているかも重要な判断材料である。

奥にあるならランの出る大きめのクラブでランニングアフローチが合っているし、ピッチェンドランでも比較的奥に第1バウンドを落とせるのでやさしくなります。

このケースではピッチショットの必要性はありません。

逆に、カップが工ッジから近い時は、ランニングアプローチはロフトの大きいクラブで止まりやすく打たなくてはなりません。

ピッチエンドランにしても、エッジぎりぎりに第1バウンドを落とす必要がありかなり難しくなってきます。

状況判断とクラブ選択

どんなアプローチで攻めるかを判断したら、次は使用クラブの選択が問題となります。

例えば、7番のピッチェンドランが得意クラブとしてもランが多くなりすぎるので、カップが近い場合は無理です。

ランニングアプローチにおいて、その選才の差は顕著となってきます。

カップが遠い時はカラー付近からいろいろなクラブで攻めることができます。

ロフトの差によって弾道も変わるが、落としどころさえ気をつければ5番アイアンの転がしが一番やさししショットでしょう。

しかし、カップがエッジに近くなると、ランの多い大きめのクラブは使えなくなります。

9番アイアンやピッチングウェッジを使用してすぐに止めてやらなければなりまん。

攻め方とクラブの選択が一致してこそ、良い結果が生まれます。

得意なクラブをつくる

ピッチェンドランやピッチショットは、ラフに沈んでいるケースが多く、クラブへッドが重く、ロフトの大きいクラブ、9番アイアンやウェッジの出番となります。

このケースではクラブの選択に悩む必要はありません。

しかしランニングアプローチにおいては、打ちやすいクラブ、安定したランの足をつかんでいるクラブを使う作戦もあってよいでしょう。

カップがエッジから近い場合では、 8番アイアンで攻めるのが得意という人はそれで押し通すとよいでしょう。

そのケースの球の上がり方と転がりさえしつかり把握していればよいわけです。

クラブの違いによるランの差を知る

得意なクラブをつくるといっても、それは限られたケースにおいて該当することでもあります。

インパクト後の弾道が低いクラブでは、たとえば途中のマウンドにぶつかることもあります。

ロフトが小さくなるほど弾道は低くランが多くなり、ロフトが大きくなるほど弾道か高く、ランか少なくなるわけです。

各クラブの差をしっかりと知ることが必要です。

同じバックスイングの大きさで同じ力でヒットしたと仮定すると、9番アイアンと7番アイアンでは、そのランははるかに7番が大きくなります。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m