300ヤードも10センチも1打は1打

パットは打てないとラインに乗っても入らない。でも、強めに打てばラインに乗らなくても入ることがある。極論を言えば、パットは打てなくなったら終わりでしょう!

「ノーカン」パットというのがあるけど、10メートルくらいの長いパットは寄せようと思っても寄せきれないケースが多いもの。だから、強いか弱いかといったら、強めに打っほうがよいでしょう。

でも、3~4 メートルのミドルパットは「入れたいな」と思うかもしれませんが、ラインを考えてタッチを合わせるつもりで、弱めに打ってください。 1メートル以内の短いバットなら、ものすごい下りのラインは別にして、これはもう強めにどんどん入れにいく。

そうでないと、いつまで経ってもボールの転がりが弱くて、生きた球が打てません。

パットは強く打て!打てなくなったら終わり

パットの構え方、左足体重に構え、左の内モモに重心をのせます。こうすると体が動きにくいのでストロークが安定するんです。そして肩で動かしながら腕で打っという感じです。これは肩と腕で五角形を作って、この五角形をキープしてストロークします。(因みに、3角形にしているプロもいます)

続習するときは、最初は2メートルくらいの距離から始めるといいと思います。注意したいのは「入れよう」として、ストローク中に目線を早くカップのほうに向けないようにすることです。体が左に流れてフェースの芯でしつかりヒットできなくなるから、構えたときの目線を最後までキープすることが大事です。

目線の話をしましたが、アドレスして一度ラインを目でなぞりながらカップのほうを見たら、目線をゆっくりボールの方に戻し、そのままテークバックを開始するとストロークのリズムがよくなるでしよう。この場合、上体を起こしたり頭の位置を変えたりしないで、目線をラインと平行に保っておくのがポイントです。

スコアメイクを考えると、パットが一番大事。ティグラウンドからグリーンまでの、どこで一番気を配らないといけないのか。やっぱりパットです。300ヤードも1打、1メートルも1打と思うと、パットは強い気持ちが大事だということです。

ラインの読み方

ゴルフは「状況判断のゲーム」と言われます。とりわけパットはそれが当てはまると思います。ドライバーで打っときは「右がOBだから注意しなくちゃ」とか、アイアンショットでは「グリーン手前のバンカーに入れないようにしよう」など、状況を見て攻めていますが、グリーン上となるとまるで無頓着なんです。

グリーンの傾斜によっては、間違った方向にボールを打ち出してしまうと、ボールがカップからどんどん遠ざかって3パットや4パットを生んでしまい、大叩きのもとになります。OBと同じくらいのダメージとなってしまうのです。

時には10メートルもの長いパットを一発で沈めることもあるので、「アマチュアが一番プロに近づけるのはパット」だという人もいますが、それは大きな勘違い! アマチュアは簡単に3パット、4パットしますが、プロは減多にしませんから。グリーン上の傾斜や細かいアンジュレーションの観察、ラインのイメージの組み立て方、タッチの出し方など、どれを取り上げても、プロとアマチュアのパットの技術には歴然とした差があります。ラインの読みの深さがそれだけ違うということなのです。

ラインを読むときは、ボールのほうからカップ側を見て、次にカップ側からも見ます。2つの方向から観察し、同じラインに見えるかどうかをチェックするのです。仮にフックラインだとしたら、次に傾斜の低い左サイドへと歩き、ボールとカップを結ぶラインを底辺とした三角形の頂点からラインを見ます。低い位置からしやがんで眺めると、ボールからカップに向かってどのくらい上がっているか、下っているかがよくわかるんです。そうすると、4メートルの距離なら、2メートル上って、1メートルフラット、最後に1メートル下るフックライン・・・・などといったイメージが鮮明に浮かんできます。

ベントグリーンは芝目を気にする必要がなく、傾斜を考えてラインをイメージするといいでしょう。しかし、ベントでも芝が長く伸びている場合は、芝目がコロがりに影響する場合があるので、カップを覗き込んで芝自をチェックすることをオススメします。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク