eGolfview厳選ゴルフ練習教材

eg-link-res

桑田泉の「常識破りの上達法」クォーター理論

ボールを見るな!

「ボールを見るな!」というのは、
目を閉じろという意味ではなく、「ボールを凝視するな」ということ。

つまり、ボールをジッと凝視しなくても、
「何となくボールが視界に入っている状態」を作れば、それでいいのです。

このように、ボールを漠然と見ることで、頭をスイング軸の中心として
左右に回転させられ、スムーズにクラブを振りまわせるようになります。

また、フォローでもボールのあった位置を見たまま、
頭の位置を残すことができるので、ヘッドアップもすぐに直せます。

これが、桑田プロが「たった1球」で、あなたを上達させられる秘密。

つまり、あなたを1球で変える要素は、あなたの耳に入る「言葉」なのです。

100切りゴルフの準備とコース戦略

ボールを見るな!ダフれ!手打ちしろ!

たった1球、
常識と真逆のスイングをする勇気が、
あなたにあるのなら、
プロのように美しいスイングと
スコアアップの両方を手に入れることができます。

ゴルフは、道具を上手く使うスポーツで、
物理や力学のスポーツ。

また、
自分をどのようにコントロールするかで
スコアが決まるメンタルスポーツでもあります。

科学的に裏打ちされた「誰もが納得!」の
ゴルフレッスンを是非一度、お試しください。

桑田泉のクォーター理論

吉本巧プロの1軸左肩打法の基礎

1軸左肩打法でスイングできれば、スイング軌道が安定し、ヘッドが走ってヘッドスピードがあがり、インパクトで力がボールに伝わり、飛距離アップを実現できます。

もしあなたが、

●ドライバーの飛距離を伸ばしたい。

●今よりももっと飛ばしたい。

と悩んでいるのであれば今すぐ、

1軸左肩打法

を実践してください。

1軸左肩打法でスイングできれば、

●飛距離が伸びる。

●体が正しく機能する。

●スイング軌道が安定する。

●インパクトで力がボールに伝わる。

●ヘッドが走ってヘッドスピードが上がる。

●直進力のあるボールが打てる。

を手に入れることができます。

あなたは、今のスイングで満足していますか?

不満のある方は、この記事を読んでみてください。

スイングはあなたの体が 「無理なく実践できる」ことを中心に考えなくてはなりません。

不満点は、レベルによっても様々だと思いますが、概ねショットのばらつきが大きな問題点ではないでしょうか?

・2軸打法など複雑な理論を学ばれた為に、難しくなりスイングが再現できなくなった

・雑誌やレッスンプロごとに言っていることが相反することがあり、混乱する

・やみくもに球を打つだけの練習では、向上が見えない

このような悩み、ありませんか?

あなたのお悩みを解決する「簡単」なスイング理論を学びませんか??

ゴルフのスイングは、極端な話、毎回アドレスしたところにクラブが戻ってくれば、同じように飛ぶのです。

しかし、それが難しくしているのが、様々な関節と、それを利用した「複雑」な理論です。

タイガーウッズなどに代表される2軸理論。

タイガーウッズの活躍を見れば、間違いであるとは言えません。

ただ、日本人の平均体格にあっているかと言われるとどうでしょうか?

合っているとは言い難いですよね。

やはり、週一回練習場へ行き、月に一回程度ラウンドをする、そんなアベレージレベルのゴルファーには、それに最適な練習法があるのです。

もちろん、プロゴルファーの中にもこの理論を学んで、活躍されている人もいます。

レベルによって求めるものは違いますが、基本の簡単な理論を身につけて、ショットの正確性・再現性を高めることが、スコアをまとめる第一歩です。
1軸左肩打法の基礎「2万人以上のゴルファーを上達に導いた最新ゴルフ上達法」

素振りでドライバースイングのリズムを整える方法

スイングを良くするには、スイングのリズムを変えることが
ポイントになってきます。

スイングの形だけだと、漠然としてしまいますが、
音つまりリズムでスイングを感じると、スイングにはっきりとした
基準ができるので、スイングが安定してきます。

スイングのリズムには、個人差があります。
自分に合ったリズムを見つけることによって、
スイングが上達しやすくなります。

最初に自分のスイングを見直してみて下さい。
スイングの乱れで多いパターンが、
バックスイングのリズムが早すぎることです。

スイングにリズムがないと、スイングが乱れてしまいます。

最適なスイングリズムを見つける4段階練習法

最初に、自分にとって最適なスイングリズムを探し出しましょう。
次の4段階練習法にそって、見つけていくと良いです。

●第一段階 テンポ60で打つ
●第二段階 少しづつテンポを上げて打つ
●第三段階 自分の歩く速度と比較してみる
●第四段階 自分のテンポで繰り返して打てるかチェック

テンポ60とは、一分間に60拍という意味です。
一拍目で、バックスイング。
二拍目で、切り返し。
三拍目で、ダウンスイングからインパクト、フォロースルー です。

最適なテンポには個人差があるので、
最適なテンポが見つかるまで、いろいろと試してみて下さい。

次に、ラウンド中の即席テンポ修正ドリルです。

ラウンド中にスイングリズムが早くなってしまったり、
手打ちになってしまうことがあると思います。

そのようなとき、素振りでリズムを整える方法があります。
通常のアドレスをとっていただき、
前方に振って下さい。

腰から腰の高さまでの幅を、アドレスで止めることなく、
素振りを繰り返して下さい。

この素振りをすることで体重移動がスムーズに行われ、
スイングのリズムを作ることができます。

腰の高さで何度も素振りを繰り返していただいて、
徐々に振り幅を大きくして下さい。

腰の高さまでの素振りが慣れたら、次は肩までの高さ、
最後にトップまでもっていきます。

徐々にスイング幅を広げることによって、トップで力が入らず、
スムーズにバックスイングすることができます。

ラウンド中にリズムが悪くなってしまったら、
この往復素振りを繰り返して下さい。

『年齢』や『筋力』、『体格』などを理由に飛距離を諦めることは一切ありません!

あなたも最適なスイングリズムを見つけてください!

必ずドライバーの飛距離アップが期待できます。

ドライバーの飛距離がアップすれば、ゴルフが変わります。
見える世界、目指す目標、すべて変わってきます!!

あなたもドロー飛距離アッププログラムで、
飛距離アップをし、あなたの理想のゴルフを楽しんでください!

ドローボール・マスタープログラム

スライスしない打ち方のコツを知りたい・・・

と思ったら続きを読んでください!

あなたのドライバーショットからスライスを取り除き、ティーショットの飛距離を30ヤード以上伸ばすことが期待できます!

スライスはいやですよね!

でも、ゴルフのスイングは、基本的に曲がるものです。

そして、無理してストレートの球筋にこだわる必要もありません。

もしあなたが、スライスを本気で治したいと思うなら、今やっている練習は一旦脇に置いてください。

ズバリ、『ドローボール』を打つことです!!

背骨を中心に捻転し、大きな円運動の中でボールをとらえているのですから、サイドスピンがかかって当然です。

特にフェースが返りにくく、ボールを捕まえにくい大きなヘッドのドライバーなどは、顕著に表れると思います。

ここでご紹介する練習ドリルでは、ヘッドを小手先に頼らずに返す方法を手に入れられます。

スライスの原因はなにか?

ご存知の通り、インパクトの瞬間にフェースが開いてしまっているのがスライスの原因です。

それを改善するには、フェースを閉じる動作を入れることが手っ取り早い。

ですが、インパクトの瞬間にフェースを返す(閉じる)動作を入れてしまうと、左回転のスピンがかかり引っ掛けや、フックに転じてしまいます。

今までのスライス改善の指導は、根本的にこの「フェースを返す・閉じる」動きを入れる為、
タイミングが合えばストレートに近い球筋になりますが、多くのアマチュアにとっては、再現性が低く諸刃の剣になってしまうでしょう。

このレッスンで手に入れられるのは、ストレートボールではありません。しっかりしたスイング軌道とそれに伴うドローボールです。

スライス改善の弊害

今までの多くのスライス改善を行う方法は、ストレートボールに近づける為、フック回転をかけ、スライス回転を相殺させるような動きでした。

結果的にストレートボールに近づけられたとしても、インパクトは弱くなる傾向にあります。

多くのプロゴルファーは、バッバワトソンは例外としても、大なり小なりボールを曲げてコントロールしています。

ストレートボールを持ち球とするプロは皆無ではないでしょうか。

サイドスピンは、ゴルフのスイングの構造上、避けられないものなので、それを利用し、コントロールしていくというのが正しい解決法だと思います。

この教材では、サイドスピンを無理に消すことはしません。

目指すべくは、緩く左へ曲がるドローボールです。

スライスから転じてボールが捕まり出すとドローが出やすくなりますが、小手先でヘッドを返すような再現性の低い技術ではなく、体幹を使った、正しいヘッドの軌道を手に入れられます。

結果的に、スライスの改善とともに、飛距離の向上も見込めるでしょう。

ドローボール・マスタープログラム

あなたも片手シングルプレイヤーになれる!

もし、あなたが「80台を出せるゴルファー」であるのなら、あなたはもう「片手シングルプレイヤー」になったも同然です。

突然ですが、

あなたはプロゴルファーとアマチュアゴルファーとの決定的な違いは何かご存知ですか?

グリップ?、アドレス?、体重移動?、、、

細かいことを挙げたらきりがないのですが、ズバリ!!ダウンスイング~インパクトで無意識にコックがほどけてしまう現象だということをご存知でしたでしょうか?

これを理解して克服しなければ、何年やってもシングルプレイヤーにはなれません。

プロのゴルファーの100%ができていて、アマチュアのゴルファーの99%ができていないと言って間違いありません。

ダウインスイング~インパクトで無意識にコックがほどけてしまう現象!

アーリーリリースが撲滅されているスイングを身につければ、あなたのベストショットを常に持続させ、さらに磨きをかけて短期間にシングルプレイヤーになることができます。

あなたも片手シングルプレイヤーになれる!

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう