苦手なグリーン周りのアプローチを克服!

eg-link-res

グリーン周りのアプローチが苦手という人が多いようです。

トップしたりザックリしたりのミスショットが出やすいだけでなく、距離感が合わないことが多いでしょう。

よく見かけるシーンが、「ナイス」と言われるぐらいきれいに打ったのに、ピンまで距離が残るケースです。

初・中級者は、うまく打つほど、距離が足らなくなるケースが多いですね。

なぜでしょうか?

大きな理由は、アプローチのキャリーとランを計算していないことです。

グリーン周りから、サンドウエッジやアプローチウエッジで打つことが多いと思いますが、これらのロフトのあるクラブは、ボールが着地した後、意外と転がりません。

スイングによって異なりますが、52度のウエッジで、キャリーとランの距離の比が1:1とも言われます。

56度や60度のウエッジだと、もっと突っ込まないといけないわけですね。

花道や砲台グリーンへの打ち上げだと、さらにキャリーの距離が要ります。

距離感が難しいところです。

しかも、うまく打つとスピンがかかるので、ボールは止まってしまいます。

スピン量のコントロールは難しいですようね。

その点では、

上げるよりも7番から9番ぐらいのクラブで転がしたほうが再現性は高くなりそうです。

ショートゲームを極めるには様々な打ち方が要求されます。

然しながらスコアを5~6打減らすには30ヤード前後を極めればよいと思います。

アマチュアゴルファーは30ヤード前後の距離を苦手としている方は多いです。

「残り30ヤード」くらいの短い距離から3打も4打も打ってしまうことがありませんか?

これではボギーはおろか、ダブルボギーすら怪しくなってきます。

30ヤードからピタリと寄せられると大幅なスコアアップを期待できます。

ではどんな練習をすればアプローチを上達できるのでしょうか?

ショートゲームでスコアアップさせる練習法

(1)右手1本で打つ

クラブを右手で短く持ちます。
体重は左足に多めにのせた状態をキープします。

軽く脇をしめて体の回転でボールを打ちます。

遠くに飛ばす必要はありません

「右手とクラブで作った角度」を変えないように体の回転でボールを打ちましょう。

手首の動きをおさえるとインパクトが安定します。

(2)左手1本で打つ

クラブを左手で短く持ちます。
体重は左足に多めにのせた状態をキープします。

軽く脇をしめて体の回転でボールを打ちます。

遠くに飛ばす必要はありません

「左手とクラブで作った角度」を変えないように体の回転でボールを打ちましょう。

手首の動きをおさえるとインパクトが安定します。

(3)両手で打つ

片手でボールを打つといつもよりクラブを重く感じます。

そのため手打ちになりにくく自然と体の回転でボールを打つ動きになります。

左右それぞれの片手打ちをしてから両手を使ってボールを打ちます。

片手打ちの感覚を忘れないうちに行います。

すると両手を使ったアプローチでも体の回転でボールを打てます。

「小さなショットでも体の回転で打つ」という感覚をつかめればアプローチが安定します。

片手打ちドリルは多くのレッスンプロが推奨する定番のドリルです。

コースで30ヤードをピタリと寄せる方法

30ヤード付近のアプローチはスコアに大きく影響します。

(1)手首を使わないノーコックで打つ

コックを使うと飛距離がでますがインパクトが不安定になりやすいです。

ショートアプローチはノーコックがおすすめです。

インパクトの打点と入射角が安定します。

手首の動きをおさえて肩の回転だけでボールを打ちます。

パットのストロークの動きをイメージするとわかりやすいです。

狙った方向に打ちやすくなりますし、ミスが少なくなります。

(2)グリーンの硬さと傾斜をチェック

落とし場所の地面が硬いとランが増え、柔らかいとランが減ります。

落とし所の傾斜によってボールがはねる方向もかわります。

アプローチでカップにピタリと寄せるにはグリーンの読みが大切です。

チップインを狙うならパットと同じくらい正確にグリーンを読む必要があります。

(3)イメージを明確にする素振り

アプローチは素振りが大切です。

素振りを「チャッチャッ」と適当に行う人もいますが、もっと丁寧に素振りをすると、
距離感が良くなります。

実際にボールを打つイメージで素振りをします。

イメージしたボールが、「イメージした強さ」でカップに吸い込まれるまでフィニッシュの状態を保ちます。

イメージを明確にすれば、距離感がつかみやすくなります。

(4)素振りで距離感を良くする方法

1回目は、「少しショート気味の素振り」

2回目は、「少しオーバー気味の素振り」

3回目は、「その中間の素振り」

このように3回素振りをすると距離感に大きな狂いがなくなります。

3回目の素振りの感覚が消えないうちに、ボールを打ちます。

アプローチの距離感を養いましょう。

アプローチの距離感が良くなると大幅なスコアアップを期待できます。

スコアアップのカギはグリーン周りにあります。

砲台グリーンでも寄せワンを増やすには?

練習では上手くいくのに、本番ではアプローチの距離感が合わない、、、

こんな悩みを持つゴルファーは少なくないです。

あなたもアプローチの距離感があわないと悩んでいるかもしれませんね。

アプローチの距離感がよくなると一気にスコアアップできます。

アプローチの距離感が狂いやすいのが日本のコースに多い砲台グリーンです。

(1)距離をしっかり確認

砲台グリーンは目標が高い位置にあります。

とくにピンの根本が見えない状況では距離感がつかみにくいです。

ピンまでの残り距離をしっかり確認しましょう。

(2)土手を越えるのが大事

状況によりますが砲台グリーンはショートしやすくなります。

目標地点が自分よりも高い位置になるからです。

距離感が狂いやすいので「素振りをしてイメージ」を作りましょう。

(3)ピンが近いときは土手にワンクッション

砲台グリーンでエッジからピンまで近い場合はどうするか?

フワッとロブショットでボールを上げれば止まりますが難易度の高いショットになります。

それよりも

「PWを使って土手にワンクッション」

がオススメです。

ロブショットの練習をあまりしていないという方も多いでしょう。

無理にロブショットにチャレンジするより「土手にワンクッション」が簡単ですよ。

(4)左足上がりはショートしやすい

砲台グリーンのアプローチは左足上がりになりやすいです。

左足上がりはボールが上がりやすくランが少なくなりやすいです。

「思ったよりも距離がでなかった」となりやすいです。

左足上がりのアプローチはピンの近くにボールを落とす勇気が必要です。

砲台グリーンを苦手とする方が多いですがコツがわかればミスを減らせます。

参考になれば幸いです。

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
スポンサーリンク

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう