ボディターンをマスターして飛距離アップ

ゴルフスイングで重要なことは、ボディターンです。

ボディターンとは、手や腕に頼らずに、身体の回転軸を中心にした捻転力で、ボールを飛ばす動きです。

アマチュアゴルファーに多いとされる手を多用するリストターンは、ボールを遠くまで飛ばしたいときやラフに捕まったボールを出したいときに使います。

しかしリストターンを使いすぎてしまうと、ミスショットの原因になってしまいます。

ボディターンは、手や腕を使わずに、両肩や体幹などの鈍感で大きな筋肉を使ってボールを飛ばしていきます。

身体の近くをクラブが通って、クラブが身体に巻きつくような感じで、円運動でスイングします。

手や腕を使ったときに比べて、クラブが安定した軌道で、高速で通過していきます。

ボディターンマスタードリル

ボディターンマスタードリルは、これは身体の中心軸を安定させるドリルです。

ボディターンをマスターするためには、中心軸の左右のブレ、前後のブレを無くす必要があります。

中心軸が安定してくると体重移動がスムーズに行えます。

中心軸を安定させるためには、頭の位置、前傾角度、両ひざの位置に注意することが重要です。

頭の位置がずれてしまうと、スイング中に上下動が出てしまい、ボールを正確にヒットすることができなくなってしまいます。

頭の位置を最後までキープしながら、スイングすることが大切です。

前傾角度をキープすることは、スイング中の伸び上がりや沈み込みを防いてくれます。

前傾角度に対して、両肩を垂直に回すことが大切です。

トップとインパクトで両肩の位置を入れ替えるつもりで、スイングして下さい。

両ひざの位置をキープすると、ひざの流れ、ひざの上下動を防いでくれます。

またダウンスイングで右ひざが前に出てしまうことも禁物です。

スイング軌道が安定せずに打ち出し方向にバラつきが出てしまいます。

頭の位置、前傾角度、両ひざの位置について、詳しくは、動画をご覧下さい。

ボディターンマスタードリルは、体と腕の一体感をつくる必要があります。

体と腕の一体感をつくるために必要なのは体の向きとグリップの位置です。

スイング中、グリップは常に身体の中心にある必要があります。

中心から外れている場合は、手や腕が単独で動いていることが多いです。

両肩の中心にグリップがあるのを感じてください。

ボディターンマスタードリルは、手首を使わずにゆっくりスイングする。

ダウンスイングで、アドレス時の手首の角度をキープして下さい。

手首をキープするために、切り返しで慌てずにゆっくりスイングする意識をもってください。

下半身だけを回転すると自然と上体がダウンスイングに入ってきます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク