トップの捻転エネルギーが飛距離アップ

eg-link-res

飛距離を伸ばすための「捻転」を感じる練習方法があります。

クラブを使わずにできるので試して下さい。

(1)左手首と右手首をクロス

クラブを持たずにアドレスの姿勢を作ります。

左手首と右手首をクロスさせます。

両手の甲がそれぞれあわさるようにします。

(2)左腕で抵抗をしながら右手首で後方へ押す

左手で抵抗しながら、右サイド(右背中)の筋肉を使ってバックスイングをします。

下半身の回転を出来る限りおさえましょう。

右ヒザの位置が動かないように注意しましょう。

左手に抵抗されているので、背中の筋肉で上半身を回転させる動きを体感できます。

飛距離が出ない方はバックスイングを手で上げる傾向があります。

この練習を行うことで、左腕を伸ばしたままバックスイングをする動きを体感できます。

(3)トップで背中の筋肉が伸びていること確認

トップで3秒間停止しましょう。

背中の筋肉が伸ばされた状態を体感できます。

トップで停止しているのはキツイはずです。

「トップの状態をキープするのがキツイ」というのは正しい状態です。

その「キツさ」がボールを飛ばすエネルギーになります。

上半身は元の位置に戻ろうと下半身に引っ張れている状態です。

これが「捻転」のエネルギーです。

このエネルギーが飛距離を伸ばしてくれます。

緩みのない「キツさを感じるトップ」がパワーの溜まっている証拠です。

捻転のエネルギーを増やすことで飛距離を伸ばせます。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

クラブシャフトの立ったダウンのタメができるか?

コックをコックのリリース直前まで保てば保つほど、コックをリリースした時にヘッドスピードが上がるのです。

コックのリリースは動作としては小さな動きなのに、パワーを発生させる大きな役割をしているのです。

このコックこそ骨が生み出す物凄いヘッドスピードを作り出すのです。

遠心力などいらないのです。

ほとんどの人がコックを早くリリースするため、ヘッドスピード が上がらないのです。

筋肉隆々のプロレスラーが飛ばないのを、TVなどで見たことがあると思います。

初めて体感する骨が勝手に作り出すスイングスピードの速さにあなたは驚くことでしょう。

最後の最後まで欧米人のように腰の位置までコックを保つのです。

クラブヘッドなんかどうでもよいのです。
ほっとけば良いのです。

「グリップエンド」から突くようにすれば、クラブヘッドは勝手に「ヘッドの面を切り替え」てくれるのです。

一生に一度だけでも、本気でグリップエンドを地球に突き刺してください。

ヘッドの重いショートアイアンで、グリップエンドを一気に地面に突き刺してください。

右足先にあるボールを打つつもりで「グリップエンド」を一気に地面に突き刺し、フルスイングしてください。

最初は、右腰から左腰へのハーフスイングで、やってみてください。

ゆっくりではなく、早いスイングスピードでやってください。

右膝を左に動かないようにしてですよ!

イメージとしては、右サイドにためた「L字のコック」を「スパ ーーン!」 と解き放つ感じです。

ヘッドに強く引っ張られるのを、感じるはずです。

そうすると、インパクト後、シャフトの上の面から、フォローで上に上がっていくはずです。

決して、インパクト後、シャフトの左サイドの面から、フォローで上に上がっていかないはずです。

そう、シャフト、ヘッドが正しく、入れ替わったのです。

トッププロだけが体感している異次元の世界をあなたも体感!

一度だけ、一度だけ体感してください。

このヘッドの動きをあなたが「自分自身の手」で手に入れるのです。

私は何もしていません。

あなたが「自分自身の手」で「新しいゴルフの世界」への扉を開くのです。

あなたの得るものは、はかりしれないでしょう。

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!   

応援しています!

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう