ターゲットに正しくフェースを合わせる方法

どんなに上手いゴルファーでもアドレスが狂うことがあるのです。

正しい方向にアドレスをしていないとナイスショットを打ってもOBになりやすく。

池や林に入りやすく、グリーンをはずしてしまいます。

狙った方向にフェースを向けることができると正しい方向にアドレスをしやすくなります。

正しい方向にフェースを合わせられると

・OB、池、林、バンカーに入る回数が大きく減る

・狙った場所にボールを打てる

・パーオンが増えてスコアが良くなる

正しい方向にフェースを合わせるだけでスコアが改善される。

スポンサーリンク

あなたは正しい方向にアドレスは出来てますか?

アマチュアの8割はアドレスでターゲットよりも右を向いています。

多くの方は「自分は大丈夫」と思っています。

以前はできていても徐々にアドレスは変わります。

自分ではきずかないので非常に厄介です。

殆どの女子プロはキャディが毎回のショット時に必ずアドレスをチェックしてます。

ぜひ、この機会に正しいアドレスができているか練習場でチェックしてください。

方法は簡単です。

・ターゲットを決める

・そのターゲットに対してアドレスをする

・クラブを足元に置く

・アドレスの方向が正しいか確認する

思ったよりもズレていてショックを受ける方も多いです。

ターゲットに正しくフェースを合わせる方法はいくつかありますが、あなたがやりやすい方法を選べば良いのです。

(1)アドレスに入る前にターゲットラインを明確にイメージ

練習場はターゲットに向けた直線があるので自然とターゲットラインに並行に立てる。

しかしコースにでると目印がない。

アドレスに入る前にターゲットラインをどれだけ明確にできるかです。

(2)ターゲットラインを決めて目印(スパット)を探す

ボールの近くにある落ち葉や芝の変化を目印にする。

ターゲットライン上の目印(スパット)とボールを線で結び、そのラインに平行になるようにアドレスをします。

(3)右手でクラブを持ってアドレスに入る

右手でクラブを持つ。

右手でクラブを持った状態でアドレスをすると視野が広くなり、視野が広くなると狙った方向に正しく構えやすくなります。

(4)セカンドショットの方向性に注意

ティーショットでは丁寧にアドレスをします。

ですが、ロングホールのセカンドショットがいい加減な方が多い。

ティーショットはOBが怖いのでしっかりとアドレスしますね。

グリーンを狙う時もしっかりとアドレスをしている。

しかし、ロングホールのセカンドショットはターゲットが曖昧だからアドレスがいい加減になりがちです。

同じ理由で池の手前に刻むときなどのショットもいい加減なる。

セカンドショットでOBになるのは、アドレスがいい加減でなるケースが多い。

本番で毎回正しい方向にアドレスできるように練習が必要です。

アドレスに注意をすることで、スイングの精度が高まり、狙った場所にボールを打てるようになります。

アドレスの練習は地味ですが効果の高い練習です。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう