どうすればアプローチのミスを減らせるのか?

もしあなたが、

グリーン周りのアプローチが苦手、ダフリが多い

と悩んでいるのであればオススメの解決方法があります。

アプローチのミスを減らすにはちょっとしたコツがあります。

ゴルフが上手い人はアプローチが上手いですね。

アプローチのミスを減らす簡単なコツ

アプローチのミスを減らすには幾つかの方法がありますが、効果の高い方法をご紹介します。

(1)ノーコックで打つ

短いアプローチのミスを減らすには「手首を固定してコックをしない」
という方法がオススメです。

距離の短いアプローチはこの方法が有効です。

アプローチをノーコックで打つと次のメリットがあります。

・入射角が安定する
・打点が安定する
・大きなミスにならない

(2)低いボールを打つイメージ

グリーンが近くに見えると高いボールを打ちたくなります。

すると「すくい打ち」になりやすいです。

すくい打ちはダフリの原因になります。

アプローチでダフりやすいなら「すくい打ち」の可能性が高いです。

ショートアイアンは何もしなくてもボールが上がってくれます。

ボールはクラブが上げてくれます。

スイングで上げようとするとダフル、トップがでやすいです。

「低いボールで方向性を出す」という気持ちで打ってはいかがでしょうか?

ショートアイアンでは低いボールを打つつもりでも
自然にボールは上がってくれるものです。

(3)アプローチ打ち方(ダフリ、トップを減らす方法)

・ノーコックで打つ
・低いボールを打つイメージ

アプローチのミスが減ると大幅なスコアアップを期待できます。

グリーン周りが苦手と悩んでいましたら参考にして下さい。

アプローチでダフリを直すには、練習場で高くティーアップしたボールを打つ

練習をします。

練習場では、

(4)高くティーアップしたボールを打つ

という練習がおすすめです。

練習場にある高めのティーを使います。

ドライバーの高さにティーアップしたボールを打ちます。

使うクラブは50ヤード前後で使うクラブです。
(SW、AW、PWが一般的です)

ティーアップするのでマットの影響を受けません。

クラブヘッドを浮かせた状態でアドレスをします。

ゴムティーを打たずにボールを直接打ちます。

ゴムティーを打ってしまったらNGです。

地面にあるボールならダフっています。

トップ気味の「カツッ!」という感触が正解です。

マットの上のボールを打つよりも簡単そうに感じるかも知れませんが、、、

実は難易度は高い練習です。

ティーを打たずにボールを打つ。

高さと方向性を安定させる。

この練習を続けるとインパクトが正確になります。

スイング軌道が安定しアイアンやドライバーのショットも良くなります。

いつもの練習メニューに取り入れる価値がありますよ。

100ヤード以内のアプローチはスコアの要です。

この距離を攻略すると大幅なスコアアップを期待できます。

アプローチこんな場所ではどんなクラブを使うのか?

アプローチでは、状況判断が重要になってきます。

アプローチの状況によってクラブを使い分ける必要があります。

グリーンセンターにピンが切ってあるとします。

現在、ボールはグリーンわきのカラーにあります。

ボールからグリーンエッジまで3ヤードあります。

グリーンエッジからピンまで20ヤードあります。

この状況だと、どのパターンで打っていくのが一番寄りやすいか、を考えて下さい。

またボールのライも考える必要があります。

現在ボールがある状況は、良いライです。

芝はふかふかです。

ただし芝目が逆目になっています。

そしてエッジからピンが遠い状態です。

これらの状況を踏まえて、状況判断していきます。

今回私が使用しようと考えているクラブは、9番アイアンです。

もしここでサンドウェッジを使用してボールを上げようとしてしまうと、寄る確率がかなり低くなってしまいます。

ウェッジで最も多いミスは、ボールの手前を打ってしまい、ザックリミスをしてしまうことです。

ボールは、1ヤードくらいしか前に進まないパターンです。

するとアプローチに恐怖感を覚えてしまい、結局パターを使うはめになってしまいます。

このようなミスを防ぐためには、クラブの選択を間違えないようにする必要があります。

ザックリミスをしてしまう最大の原因は、芝目が逆目になっていたからです。

もし順目だったら、クラブが滑ってくれますが、逆目だと、クラブが引っかかってしまい、ボールが跳ねたのです。

結果的に、ちょっとしかボールが飛ばなくなってしまったのです。

9番アイアンを使うと、簡単に打つことができます。

短く持って、パターのように打ちます。

打ちこむのではなく、パターのようにフェイス面に乗せていく感じです。

ゆっくりとしたリズムで打ってみて下さい。

ポンと軽く打つだけで、ボールが転がって、ピンにボールが寄っていきます。

この打ち方は簡単ですので、芝目が逆目のときは、9番アイアンで転がしを試してみて下さい。

状況を判断することは、アプローチ成功の50%を占めているといっても過言ではありません。

アプローチ前は、常に状況判断を忘れないで下さい。

参考になれば幸いです。

60歳以上の方でも
クラブを変えずに飛距離を伸ばした
最速飛距離アップ術に興味ありませんか?

ゴルフ飛距離130%ブースター

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう