ITパッティング理論~3パット撲滅~

eg-link-res

力んでオーバー、慎重にいくとショート・・・

距離感が掴めず2回に1回は3パット・・・

フック?スライス?ラインの読みが当たらない・・・

ゴルフは、いかにして、少ない打数でボールをカップに入れられるかのスポーツ。

しかし、ドライバーやアイアンの練習ばかりをしていませんか?

飛距離はアップした!

アイアンでピン寄せスキルも身に着いた!

最後は、 ボールをカップに沈める最後のショット!

「パター」をマスターするだけです。

でも、『パットが下手でもスコアは伸ばせる』と勘違いしてませんか?

スライスラインと思ったら、実際はフックラインだったり、

上りだからといってインパクトが強すぎてオーバーしたり、

慎重になり過ぎて、ショートし微妙な距離を残してしまったり、

せっかくパーで上がれるところを、3パットでボギーにしたり・・・

あなたもこのような経験があるのではないでしょうか?

パッティングが上達しない理由とは?

(1)パターマットでの練習では限界がある

パターマットでは、芝の感覚がない、微妙な傾斜感覚を養えないというのが欠点です。

真っすぐ打つ練習にはなるかもしれませんが、室内のバーチャルゴルフでラウンドするのと現実のコースをラウンドするのが全くことなるように、パターマットでの練習では限界があります。やはり実践に基づく練習法が重要です。

(2)距離感を掴む練習をしていない

パターは、ドライバーと違って、力を入れなくても打てます。
それゆえ、腕の力だけでインパクトしてしまう方が非常に多いです。

腕の力だけに頼ったパターでは、距離感を掴むことはもちろん、ボールのインパクトの正確性もかけてしまいます。

オーバーしたり、ショートしたりを繰り返して、パットが安定しない方は、ほぼ100%に近い確率で「腕だけでパッティング」しているはずです。

(3)ライン読みの精度が低い

当然ですが、全く平坦なグリーンは存在しません。
その状況で、目標となるゴール地点まで、どのようなルートでボールを運ぶか。

左に曲がるのか、右曲がりなのか。
状況によっては、段グリーンからパッティングになったり、下り、上りの時もあるでしょう。

また、朝と夜では、芝の長さが変わりますし、季節によっても芝の状態はさまざま。

「ただカップに向けて打つ」のと、「カップへの道筋を見極めて打つ」のとでは大きな違いあります。

1つとして同じ状況のグリーンで打てる環境はありません。
だからこそ、グリーンの状態を読み、ラインを読む力がプロ、アマチュア関係なく必要とされる能力になります。

(4)正確なインパクトができていない

ドライバーやアイアンに比べて、パターはボールをインパクトするのが比較的簡単です。

しかし、パターは「ただボールを転がす」という考え方はシンプルというよりは無計画なパッティングと言えます。

ゴルフが上手い人は、パターを軽視しません。
むしろ、スコアを伸ばす人、スコアが安定している人ほど、パターの重要性を熟知し、練習に抜かりがありません。

まとめ

ただ打つだけでなく、腕、肩、腰、手首や姿勢で、パッティング精度は大きく変わります。

さらには、体幹を意識することでパッティング精度はアップします。

軸を作り、力まずにインパクトすれば、理想のライン通りにボールが転がります。

さらには、距離感も正確性も上がりますから、パッティングに自信が持てるようになります。

あなたがパット技術と正確性をアップさせたいなら今までのパッティング練習法の欠点を克服し、再現性に特化した今までにない全く新しい練習法があります。

応援しています。