ショートパットが入らないと悩んでいる人へ!

ショートパットを入れるために、一番大切なのは、インパクトでフェース面が目標方向にスクエアになることです。

ショートパットでは、ストロークの軌道は殆ど関係ない、

何故なら

フェース面とボールの接触時間が短いので、ストローク軌道の影響を受けにくいのです。

試しに、フェース面をカップに向けたまま、いろんなストローク軌道でボールを打つとわかります。

ストローク軌道に関係なく、フェース面を向いている方向にボールは転がります

もしもあなたも

「ショートパットが入らない」

と悩んでいるなら、、、

インパクトでフェース面がズレている可能性が高いです。

フェース面がインパクトでずれる一番の理由

インパクトで頭が動くとフェース面がずれます。

ショートパットは、結果が気になり、インパクトより前に顔が上がってしまい、インパクトでフェース面が右や左を向く。

フェース面がずれるので狙った場所には打てません。

カップが近くなればなるほど、ヘッドアップの傾向は強くなります。

なぜなら、短い距離は、結果を知りたい気持ちが強くなるからです。

ヘッドアップをしていなくてもインパクトで、頭が左にずれる方もいます。

ショートパットが入らないと悩んでいるなら、「パットでは、頭の位置を絶対に動かさない

をお試し下さい。

どうしても頭が動く場合は、、、

パッティングでボールを打った後に、フィニッシュの形をくずさず、ボールのあった場所を見ながら「1,2,3」と数えるようにすると、頭の位置が動かずショートパットが入るようになります。

芯で打てるようになり、ロングパットの距離感も良くなります。

パットを上達すれば、あなたの平均スコアは確実に良くなります。

他にもショートパットを得意にする練習法がありますのでご紹介します。

ストローク中に下半身が動きすぎ!

パターのストローク中の、

  • セットアップ
  • バックスイング
  • ダウンスイング
  • インパクト
  • そしてフォロースルーまで

腰から下の下半身をできるだけ動かさないようにすることを意識してください。

パターのストローク中のセットアップからフォロースルーまでは、腰から下の下半身が全く動かないというのが理想です。

パターでは腰から下の下半身は固定させ、腰から上の上半身で打てれば打てるほどパターのストロークは安定します。

プロ選手のパターのストロークを見ると、ストローク中、腰から下の下半身はほとんど動きません。

特にアマチュアに多いのが、ショートパットなどで、ダウンスイング時に、ついカップやボールの転がりを気にしてしまい、腰と頭がターゲット方向へ移動してしまうことが多くあります。

このようになってしまうと、インパクト時のフェース面の方向性が悪くなってしまい、方向性が悪くなりショートパットが入らない。

また、ダウンスイング時に加速し過ぎてしまい、ショートパットがオーバーしてしまうということがあります。

パターのストローク中は、腰から下の下半身をできるだけ動かさないように意識してください。

ストローク中に首の付け根が動きすぎ!

セットアップからバックスイング、そしてダウンスイングからフォロースルーまで、首の付け根が動き過ぎるとパターのストロークは安定しません。

ストローク中、腕や肩は動いてもOKですが、首の付け根はできるだけ動かさないように意識してください。

ストローク中に首の付け根が動いてしまうと、

  • 左右のミスが増える
  • 距離感が安定しない
  • 毎回スイートスポットで打てない
  • クラブの先で打ってしまう
  • クラブの手前で打ってしまう
  • トップ気味に当たるなどのミスヒットがある

など、全体的にパターの精度が下がってしまいます。

首の付け根というのは、肩と腕が吊られている支点になります。

この支点が動いてしまうと肩と腕の動きは不安定になってしまします。

ストローク中は首の付け根が、前後、上下、左右でできるだけ動かないように意識してください。

フォロースルーが極度に小さい!

バックスイングの大きさは良くても、フォロースルーの大きさが極度に小さくなってしまう。

バックスイングの大きさよりもフォロースルーの大きさの方が極度に小さくなってしまっている状態というのは、ダウンスイング時にパターのヘッドが減速している状態です。

ダウンスイング時にパターが減速してしまうと、

★インパクト時にフェース面がぶれる

★フォロースルーでクラブヘッドが打ちたい方向へ出ない

この場合、ターゲットよりも左、ターゲットよりも右へ出てしまうということが起こり、方向性が悪くなりショートパットが入らなくなります。

バックスイングとフォロースルーの大きさはフォロースルーの方をバックスイングよりも1割増させることを意識してください。

例えば、バックスイングの大きさが20センチの場合、フォロースルーは22センチにする。

バックスイングとフォロースルーの大きさを同じにすると良く言われますが、これは一般論で、実際はフォロースルーを1割増しにした方が、

★ボールの回転が良くなる。

★インパクト時にフェース面がぶれにくくなる。

★スクエアに構えた状態のフェース面をインパクトで再現できる確率がアップする。

★フォロースルーで打ちたい方向へ真っ直ぐクラブヘッドが出やすくなる。

という効果があります。

打ちたいターゲット方向へクラブヘッドが出やすくなる。

特に右利き右打ちのプレーヤーの場合、左へひっかけるミスをしてしまう原因の多くは、ダウンスイングでの失速です。

ダウンスイング時にクラブヘッドが失速してしまうと、フェース面は閉じてしまいやすくなります。

フォロースルーの大きさはバックスイングの大きさよりも1割増しを意識してください。

注意点として、フォロースルーの大きさを1割増しにすると、以前のストローク時に比べてボールが転がるようになります。

この場合は、バックスイングの大きさを以前よりも小さくしてください。

以前よりもコンパクトなバックスイングの大きさで、以前よりも1割増しのフォロースルーの大きさを意識してください。

ストローク中に手首を使いすぎ!

ショートパットの方向性が悪く、ミスになっている(左右にミスしてしまう)時の多くは、ストローク中に手首を使い過ぎているためです。

セットアップで作られる両手首の角度を、バックスイング、ダウンスイング、インパクト、そしてフォロースルーまで変えないように意識してください。

多くの場合、パターのテイクバックの始動時に手首を使ってしまうことがあります。

また、スイングの始動が手首にしてしまうことがあります。

テイクバックの始動を手首にすると、勢いが付くのでバックスイングをスタートしやすくなりますが、これは絶対にいけません。

手首を使ってバックスイングをスタートさせてしまうとインパクト時に、

★「パチン」と打ち過ぎてしまいやすくなる。

★元の手首の角度に戻ってこないので、インパクト時のロフト角が安定しない。

セットアップからバックスイング、ダウンスイング、インパクト、そしてフォロースルーまで手首をできるだけ固定させ、手首を使わないように意識してください。

ストロークを安定させる打ち方

緊張する大事なパットで、インパクトでパンチが入り、大オーバーしたり、逆にオーバーが怖くなり、インパクトで緩みショートした経験はありませんか?

実は、、、

「パットのインパクトでパンチが入る」

「パットのインパクトで緩む」

を同時に解決する方法があります。

(1)手や腕を使い過ぎない

パターが苦手な方は手や腕を使いすぎています。

手や腕の小さな筋肉は繊細です。

緊張した状況で敏感に反応します。

インパクトでパンチが入ったり、緩んだりします。

パッティングで手や腕を使うと緊張する場面になればなるほど距離感が狂いやすくなるのです。

(2)プロは背中の筋肉でパットをしている

ではパターが上手い人は手や腕ではなく、どこの筋肉を使っているのでしょうか?

実は、、、
肩や背中の筋肉を使ってパットしています。
背中や肩という大きな筋肉は緊張していても影響を受けにくいのです。

そのため、プレッシャーに強いパッティングができます。

大きな筋肉を使うと距離感が安定するだけでなくプレッシャーにも強くなるのです。

(3)背中と肩の筋肉を使うドリル

ではどうすれば、肩や背中の大きな筋肉を使ってパットをできるのでしょうか?

ストロークを安定させるために定番のドリルをご紹介します。

・アイアンを一本用意します。

・シャフトを両脇にはさみます
(胸と腕の間にはさみます)

・その状態でストローク式でパットします

腕や手がロックされるので肩や背中の筋肉を使いパットをする感覚を体感できます。

肩や背中の大きな筋肉を使ってパットをするので、プレッシャーがかかった場面でも、インパクトが安定します。

この感覚が正しいストロークです。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう