パターの距離感と方向性を養い3パットを減らす

「3パットが多い」とお悩みなら、、、

ロングパットの距離感を磨くことでスコアが大幅に良くなる可能性が高いです。

3パットが多いのはショートパットが入らないからではなく、ロングパットの距離感が合わないのが原因です。

少し長めのパットを簡単にカップインできたら最高ですよね。

パットの精度が高くなると大幅なスコアアップを期待できますよ。

3パットを撲滅するパターの距離感と狙った方向に正確にパットをする方法をご紹介します。

ラウンド前にロングパットの練習

ストロークの練習はパターマットで毎日行いましよう。

練習グリーンで行うのは「タッチの確認」です。

練習グリーンの平らな場所で10ヤード、20ヤード、30ヤードと距離を変えて練習します。

ストロークの大きさで距離感を作ります。

平らな場所で距離感をつかんだら上りと下りも練習します。

上りのとき、どれくらい転がりが遅くなるか?

下りのとき、どれくらい転がりが早くなるか?

を確認します。

ラウンド前に練習した距離は、本番でも距離があいやすいです。

3パットが多いのはショートパットが入らないからではないです。

ロングパットの距離感が合わないことが原因です。

距離感が合わないと悩むなら、ラウンド前にロングパットを練習しましょう。

(1)狙った方向に正確にパットする

これは私達ゴルファーにとって永遠の課題ですよね。

1.5~2mのパットを確実に入れる事ができたらゴルフスコアは驚くほど良くなります。

曲がるラインだと難しいでしょうが真っすぐ上りの2mのパットは入れたいです。

2mを確実に入れるには狙った方向に正確に打てるか?

が勝負です。それには、

(2)芯で打つ

芯を外すとフェースの向きは大きく変わります。

トゥ側でボールを打つとフェースが開きます。

ヒール側でボールを打つとフェースが閉じます。

フェース面が開閉するとカップを外れます。

芯で打つと転がりの良いボールになりカップに入りやすくなります。

(3)慣性モーメントが大きいパターを使う

最近は大型マレットのパターが増えています。

慣性モーメントが大きく打点のミスに強いパターを使うと芯を外した場合のズレが小さくなります。

パットの方向性が安定しないなら大型マレットパターがオススメです。

パットの精度が高くなると大幅なスコアアップを期待できますよ。

もしあなたが「3パットが多い」と悩んでいるならアプローチを練習するのも良い方法です。

3パットの1番の要因はファーストパットの距離が長いからです。

アプローチでピンに近づければ3パットを減らせてスコアが良くなります。

正確なパットの打ち方、距離感の作り方

どうすれば、「3パットが多い」が減らせるのか?

3パットが多いのはショートパットが入らないからではないのです。

ロングパットの距離感が合わないことが原因です。

どうすれば、ねらった方向に正確にパットできるのか?

2mのパットを確実に入れるには「ねらった方向に正確に打てるか?」が勝負です。

これは私達ゴルファーにとって永遠の課題ですよね。

(1)自宅練習でストロークを安定させる

パターマットを使った練習は、プロでも毎日、自宅やツアーのホテルで練習してます。

パターマットを使った練習は距離感を養うために重要なのです。

ストロークが安定し、芯で打てるようになるからです。

芯で打てて、ストロークが安定すれば振り幅で距離感を作れます。

下半身を固定し肩でストロークする動きを練習しましょう。

当然ですが、手を使いすぎると距離感があいません。

距離感を作るのは肩のストロークです。

そのために安定感のあるアドレスが大切です。

正しいストロークが出来てはじめて正確な距離感が出せます。

ロングパットの距離感を高めるには自宅練習が効果的なのです。

(2)距離感を合わせて3パットを減らす方法

距離感が合わないと悩むなら、ラウンド前にロングパットを練習しましょう。

ストロークの練習は自宅で行っているので、練習グリーンで行うのは「タッチの確認」です。

練習グリーンの平らな場所で10ヤード、20ヤード、30ヤードと距離を変えて練習します。

ストロークの大きさで距離感を作ります。

平らな場所で距離感をつかんだら上りと下りも練習します。

上りのとき、どれくらい転がりが遅くなるか?

下りのとき、どれくらい転がりが早くなるか?

を確認します。

ラウンド前に練習した距離は、本番でも距離があいやすいです。

3パットが多いのはショートパットが入らないからではないのです。

ロングパットの距離感が合わないことが原因です。

ラウンド前にロングパットを練習すれば、3パットは必ず減ります。

(3)フェース面の向きが勝負

パターの方向性はストロークの方向性よりもフェース面の向きが大切です。

パットではフェースとボールの接触している時間が一瞬です。

そのためストロークの方向はボールの転がる方向に殆ど影響を与えません。

フェース面が向いている方向にボールは転がります。

そのためどれだけ、「狙った方向に正しくフェース面をむけるか?」

「フェース面をキープしてストローク出来るか?」が勝負になります。

ちなみに、、、

2mのパットではフェース面が1.5度ずれるとカップを外れるそうです。

(4)ボールの線をターゲットへ向ける

フェース面をボールの線に直角にあわせてアドレスをします。

グリーンにボールを置くときにターゲットにこの線を向けてボールをセットします。

ボールの線にフェースを合わせるとパットの方向は合わせやすくなります。

(5)ボールのあった場所を見続ける

ストローク中に頭を動かしたらだめです。
フェース面がずれるからです。

ボールを打った後もボールのあった場所を見続けます。

手首を使わずに、肩の上下でストロークすると正確なストロークをしやすいです。

ボールが入るか、止まるまでフォローの形をキープしましょう。

パットの精度が高くなると大幅なスコアアップを期待できますよ。

もしあなたが、
「3パットが多い」と悩んでいるならアプローチを練習するのも良い方法です。

3パットの1番の要因は「ファーストパットの距離が長いから」です。

アプローチでピンに近づければ3パットを減らせてスコアが良くなります。

グリーンの傾斜の読み方

ファーストパットで距離感が合わず、カップに寄らないと3パットが増えてしまいます。

距離感が合わないのは打ち方に問題があるのではなくグリーンの傾斜を読めていないためにおこります。

グリーンの傾斜を正確に読めると3パットが減りスコアアップになります。

・周りの風景にだまされずに、左右のどちらに曲がるのか読む

・グリーンの上り、下りを確認する

・グリーンの傾斜が見えやすい場所に立つ

グリーンの傾斜を読みやすくなる簡単な方法です。

グリーンの傾斜を正確に読めるとパットの距離感が良くなります。

パットの距離感が良くなると3パットが減ります。

3パットが減ると大幅なスコアアップを期待できます。

もしあなたも「3パットが減らない」と悩んでいるなら!

練習は沢山しているのに本番で3パットが減らない。

という場合、、、

傾斜を読めていない

という可能性が高いです。

(1)傾斜を正確に読む練習をする

練習グリーンでは打ち直しができます。

傾斜を読めなくても、1発目の転がりをみれば、2回目、3回目は上手く行きます。

しかし本番では1発勝負です。

そのため傾斜の正確な読みが大切なのです。

傾斜を読めていないと、、、

・上りパットで大ショートする

2打目のパットで距離が残るので3パットになりやすいです。

・下りパットで大オーバーする

傾斜によってオーバーしたことに気づいていないと、、、

「あれ?このグリーンすごく早い?」

と勘違いします。

そして2打目の上りパットをショートします。

練習グリーンでは距離があうのに本番では「ダメ」という場合は、傾斜を正確に読むという練習が効果的です。

(2)グリーンの傾斜はグリーンに上がる「前」に読め

グリーンに上がると傾斜が読み難くなります。

グリーンで一番高い所と、一番低い所がわかればパットする傾斜を読みやすくなります。

グリーンに上る前に、このグリーンの一番低いところを見つけましょう。

(3)ラインは低い位置から読む

ボールとカップの付近で、一番低い場所からもラインを確認しましょう。

一番低い場所で、目線を下げると、傾斜を読みやすくなります。

(4)ラインを反対側から目線を下げて読む

パッティングラインは、カップの後ろ側から読むとわかりやすいです。

その時に「目線を下げてラインを読む」と良いです。

目線を下げるとラインが読みやすいのです。

(5)ショートパットのひっかけを防ぐ方法

絶対に入ると思ったショートパットがひっかけてしまい3パットになるケースがあります。

ショートパットのひっかけは大抵の場合、原因は「頭が右に動く」です。

カップが近くに見えるとカップインをどうしてもしたい。

この気持ちからインパクトより一瞬早く頭がカップ方向に動きます。

するとフェースが左をむきひっかけになります。

解決策としては、

・カップインまでフォローの形を崩さない
・カップインを耳できく
・ボールがあった場所をみつづける

など頭が動かない工夫をすると良いです。

ストロークの練習も大切ですが、パット数を減らすにはコツがあります。

一番カップインする確率が高い強さは43cmオーバー

ゴルフの上手い人は、ショートパットが上手いです。

練習量が多い、ラウンド量が多いということもあるが、ショートパットを上達するにはコツがあります。

一番カップインする確率が高い強さは、43cmオーバーと言われている。

最後の1転がりで、ギリギリ「コロン」と入る

ジャストタッチでは「弱い」。

カップまわりは、多くのゴルファーが踏んでいるため、スパイク跡でデコボコしている。

そのため、ジャストタッチでは、カップ手前でボールが曲がるケースが多い。

43cmオーバーの強さで打てると、グリーンのデコボコの影響が少なくなり、カップインの確率が高まる。

「ショートパットの強さ」を養う練習方法

カップの向こう側の壁に「ガツン」とあてる強めのパット。

最後の1転がりで「コロン」と入る、ジャストタッチのパット。

これを繰り返す練習をする。

2つの強さの差はかなり大きい。

これで、ショートパットの強さの許容範囲がこんなに広いんだという体感ができ、ショートパットを安心して打てるようになります。

特に、ラウンド前は1~2mのパットを多めに練習するとスコアが良くなる。

ショートパットがサクサク入るとゴルフが簡単になります。

もし「パット数が減らない」とお悩みなら、アプローチの距離感に課題があるかもしれない。

アプローチの距離感が良いとパット数は減りますから。

パット数を減らすためにはアプローチの上達も必要。

是非、試してください。

応援しています。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう