ロブショットを簡単に打つ方法

eg-link-res

アプローチで、ふわっとしたボールを打ってボールを止めるロブショットについてご紹介します。

ロブショットは、グリップの握り方を一つ変えるだけで、簡単に打つことができます。

ロブショットで大切なことは、スイング中にアドレスのインパクトを変えずにインパクトすることです。

ロブショットの悪い例は、ダウンスイングで右手を使いすぎて、フェイス面がローテーションしてしまうことです。

そうすると、インパクトでフェイス面が元に戻り、ロフト角が立ってしまい、ボールが上に上がらずに、飛んでいってしまいます。

ロブショットを上手に打つポイント

このようなミスをなくすために、今回は、グリップに工夫を加えていきます。

通常のグリップに工夫を加える点は、右手のグリップを大きくかぶせて、上から握って下さい。

最初にフェイス面を時計の針でいうと、1時半から2時方向に傾けていただき、右手のグリップを上からかぶせて下さい。

あとは、フェイス面を変えずにスイングしていきます。

右手の甲が上を向いている状態でスイングして下さい。

右手の甲を上にして、グリップすることによって、ヘッドをローテーションさせない効果が生まれます。

ロブショットは、右手のグリップを意識して練習してみて下さい。

詳しくは動画をご覧下さい。