ショートゲームどうしたら寄せワンとれるか?

ショートゲームはスコアアップの近道です。

30ヤードからピタリと寄せられると大幅なスコアアップを期待できます。

ドライバーショットを飛ばす人は多くいますが、上級者はズバリ、「寄せワンで上がれるかどうか?」です。アベレージゴルファーは、アプローチ練習が足りません。

上級者は30ヤード以内ならほとんどワンピン以内の距離にアプローチすることができます。ですから30ヤード以内なら寄せワンで、上がれるのです。30ヤードはアマチュア選手が直面する最も多いアプローチの距離になります。

30ヤードの距離感を磨き、30ヤードの距離を体が覚えることができればスコアアップに優位になります。30ヤードの距離感の基準を作るクラブは、SWもしくはAWが適したクラブです。練習を開始する前にウエッジを1本用意してください。

そして、この選んだ1本のウエッジと心中する覚悟で練習に望んでください。

30ヤードの距離感を磨くための反復練習を行う時に、ある時はSWで打ったり、ある時はAWで打ったりすることはいけません。30ヤードの反復練習を行う時は1本のウエッジのみで行います。

ですが、30ヤードの距離感を磨き上げる反復練習の途中で、新しいウエッジに買い換えてしまうと、その時点でそれまでに作り上げた距離感が振り出しに戻ってしまいます。1本のウエッジで反復練習をしたほうが短い時間で距離感を養えます。

ゴルフが上手い人はアプローチに使う得意クラブがあります。

アプローチの打ち方を簡単にするには「アプローチで得意なクラブを1本作る」という方法がおすすめです。

アプローチで得意な1本を作ると

・アプローチの大きなミスが減る

・距離感が正確になりアプローチでピンに寄る回数が増える

・状況にあわせたアプローチを打てる

など、、、グリーン周りでの打数が減りスコアアップが期待できます。

ただ、、、SWとAWのどっちをメインのクラブにするか迷っている方も多いようです。

アプローチではSWとAWどちらを使う?

(1)得意なクラブがあると安心してラウンドできる

アプローチには様々な状況があり、プレッシャーのかかる場面もあります。そんなときに信頼できるクラブがあると安心してアプローチができます。そのクラブを基準にアプローチのバリエーションを増やせます。アプローチではPW、AW、SWのいずれかを得意クラブにするのがオススメです。

(2)迷ったらAWを得意クラブにする

SWを得意クラブにしようとする方が多いですが、SWよりAWの方が簡単です。SWはフェース面が上を向いているのでボールの下をくぐりやすいのでダルマ落としのようになり距離感がつかみにくいです。またリーディングエッジで打つ可能性も高いのでトップになりやすいです。

SWのロフトは56度、58度が一般的です。60度になるとロブウェッジとも呼ばれます。AWは52度くらい。SWの56度と、AWの52度では違いはわずか4度です。ですが、この違いが大きいのです。

アプローチはSWを使うよりAWを使うととても簡単になります。AWが難しいと感じるならPWでも良いです。「プロはSWを使うじゃないか」と思うかもしれませんが、プロの試合はグリーンが速いのでSWが必要な場面が多いです。

通常のゴルフ場はプロの試合ほどグリーンが速くありません。SWを使わずにAWで寄せられるケースが多いです。優しいAWのアプローチを基準にした方がスコアをまとめやすいです。

(3)キャリーとランの比率は「ランを少し多め」が良い

得意クラブを決める時、キャリーとランの割合は「ランを少し多め」がオススメです。

キャリー:ラン = 4:6

このあたりがオススメです。

ピッチエンドランと呼ばれるアプローチです。

この比率のアプローチをマスターすると実際のラウンドで使える場面が多いです。ピッチエンドランを基準にしてロブショットやランニングアプローチを打てるようになります。

フェース面を少し開けばランを減らせ、手首を柔らかく使うとロブショットになります。

ボール位置を右にすればランが増え、クラブを変えればキャリーとランの比率が変わります。クラブをPW、9番アイアンに持ち替えればランニングアプローチを打てます。

このように基準となるピッチエンドランを身につけると応用が出来るようになり、様々な状況でピンに寄せる事ができるようになります。アプローチの練習にスコアアップの近道があり、アプローチの精度を上げるとスコアが大幅にアップします。

どうすれば、寄せワンが取れるか?

上級者はグリーンを外しても寄せワンでパーをとります。ラウンド経験が豊富ということもありますが、寄せワンをとるにはコツがあります。特に重要なのは「距離感」です。寄せワンがとれる距離感の作り方をご紹介します。

(1)目で見た距離を打つ

30ヤード以内の微妙な距離感はふり幅だけで調整するのは難しいですね。10ヤード、20ヤード、30ヤードの距離感を持っている方も多いでが、しかし1ヤード刻みをふり幅だけで調整するのはほぼ不可能です。

1ヤードという微妙な距離を作るには「感覚を鍛える」しかありません。次のようにすると、微妙な距離感を養いやすいです

・ボールのライ、グリーンの傾斜を確認する

・どのようなボールを打つか明確にイメージする

グリーンに「トン」と乗せて「コロコロ」とカップに近づき「コロン」とカップに入るここまでをイメージします。するとどんなボールを打つのか「感じる」ことができます。この感じるというのは、「振り幅をこのくらいに・・・」とは違うものです。

慣れてくると、このイメージとボールを打つ体の動きが同調してきます。寄せワンを確実にとるには目で見た距離を打つために、自然に体が動くという練習が必要なのです。

(2)アプローチの距離感が良くなる「3回素振り」

素振りで距離感を良くする方法があります。

1回目は、「少しショート気味の素振り」

2回目は、「少しオーバー気味の素振り」

3回目は、「その中間の素振り」

このように3回素振りをすると距離感に大きな狂いがなくなります。素振りの感覚が消えないうちに、ボールを打ちます。

(3)基準となる打ち方を持つ

「目で見た距離を打つために、自然に体が動く」これが目標です。その精度をいかに高めていくかが勝負です。まずは「基準となる打ち方」を身につける必要があります。

毎回、リズムが変わったり、ボールの位置が変わったのでは、いくら反復練習をしても効率が悪いです。「基準となる打ち方」を持ってから反復練習やラウンドをすると、自然と距離感がよくなってきます。基準となる打ち方を身につけて、イメージどおりにボールを打つ練習をします。アプローチの距離感が大切です。

スコアアップのカギはグリーン周りにあります。

アプローチが上達する練習方法

(1)練習場で行うアプローチ練習

練習場で行うお勧めのアプローチ練習は、「ピッチエンドラン」です。

アプローチは大きく3つに分けることができます。

・ランニングアプローチ (ボールを低く打ち、転がす)
・ピッチエンドラン (ボールをある程度上げて、ある程度転がす)
・ロブショット (ボールを高く上げて止める)

ピッチエンドランを打てるようになれば、ボールの位置や、クラブフェースの開閉の微調整で、ランニングアプローチとロブショットを打てるようになります。

(2)自室で行える練習

2m以上のパターマットを使い、カップから2mの場所からボールを打ち、カップインを狙います。簡単に思えるかもしれませんが、やってみると難しさがわかります。アプローチは短い距離ほど正しい打ち方が要求されます。

手先を使ったアプローチは、方向や距離が安定しません。2mのアプローチを連続でカップインできるようになると、アプローチの精度が高まります。

(3)アプローチ練習場でする練習

ゴルフ場のアプローチ練習場では、ピッチエンドランの練習もしますが、「ランニングアプローチ」をメインに練習します。転がる距離の感覚を養うためです。まずは、ピッチエンドランをマスターし、精度を高めましょう。ピッチエンドランがアプローチの基本だからです。

まとめ

アプローチではSWとAWどちらがピンに寄る?

  • アプローチは得意な1本を作れ!
  • 得意なクラブがあると安心してラウンドできる
  • 迷ったらAWを得意クラブにする
  • キャリーとランの比率は「ランを少し多め」が良い

どうすれば、寄せワンが取れるか?

  • どのようなボールを打つか明確にイメージする
  • アプローチの距離感が良くなる「3回素振り」
  • 基準となる打ち方を持つ

アプローチが上達する練習は、「ピッチエンドラン」です。

アプローチはゴルフ上達への近道です。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク