絶対オススメの素振り飛距離アップ

もっと飛距離がでればな・・・

ラウンドが終わるといつも思っていませんか?

ゴルフは飛距離が出る方が有利なのは間違いありません。

飛距離が伸びると

セカンドショットをショートアイアンで打ち余裕でパーオンも可能です!

こんなゴルフが出来れば最高に楽しいでしょう。

きっとあなたも飛距離が伸びれば嬉しいですよね?

スポンサーリンク

飛距離を伸ばすなら素振り

ドライバーを逆さに持ちます。

左手だけで片手素振りをします。

左手だけで素振りをしてインパクト直後に「ビュッ!」と音が出れば大丈夫です。

飛距離アップには

加速しながらのインパクト」 が重要です。

インパクト後に音が出れば加速をしながらインパクトができている証拠です。

(1)素振りは左手

飛距離がおちる原因の1つが「右手の使いすぎ」です。

アマチュアの場合、右手の使いすぎのために飛距離が落ちている方が多いです。

左手で素振りをすることで左手でリードするスイングができます。

(2)クラブを逆さに持って素振り!

いくつか理由はあるのですが、主な理由はこれ。

・クラブを軽くすることで早いスイングを体感できるため

・スイングの細かい部分を気にせず調和のとれた素振りをしやすいため

スイングを調整するにはボールを打つ必要はありません。

素振りをたくさんするゴルファーは上達しますよ。

(3)野球のバットで素振り

飛距離アップの効果的な練習方法として、野球のバットを使う練習法があります。

バットを左手でしっかり握って、右手は軽く添えるだけで何回か素振りをする。

バットはクラブの重さの2倍以上もあり、左手1本のみではかなりきついが、毎日続けているうちに左手首の返し方や腕のたたみ方がわかってくる。

逆に、左腕をたたまないと、バットの重さに振られてスイングができない。

重いものを振ると、ゴルフスイングは左下半身と左腕がリードしないとスムーズに振れないことがわかります。

このことにより軌道も自然に覚えられる。

また、左腕の握力が強くなって飛距離アップにつながると同時に足腰の動きも強化される。

下半身が安定していなければ、到底ゴルフの上達はおぼつかない。

これはすべてのスポーツにいえることです。

この練習法を毎日続けるとよいです。

最初のうちは少ない回数で、体を慣らしてから回数を増やしていく。

1日に30回から50回続けられるようになると、飛距離は30ャード以上も延びるだろう。

この練習方法は、スイングの軌道も自然に覚えら、左腕や握力が強化されて飛距離がアップします。

(4)飛距離アップ壁おしドリル

飛距離アップには素振りに加えて壁おしドリルも一緒にやりましょう。

このドリルは非常に簡単で、練習場でもラウンド前にもできます。

先ず、クラブを持ってトップの形をつくります。

クラブは何でも良いです。

もしクラブが手元になければ、シャドースイングでも良いです。

では、やってみましょう。

自分の右側に壁がある場所でアドレスします。

しっかりと深く肩を回した状態でトップを作ります。

トップの形を作ったらグリップエンドで壁を押します。

腕の力ではなく体の回転で押すようにします。

トップからダウンスイングに切り返すときの「タメ」ができるようになります。

ヘッドスピードが上がり飛距離アップを期待できます。

ラウンド前に行うと肩甲骨まわりのストレッチ効果もあります。

是非、お試しください。

応援しています!

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう