スタート3ホールや後半の上がり3ホールで大叩きを無くには?

eg-link-res

1ホールの大叩きでスコアがボロボロ・・・

あなたもこんな経験はないですか?

どうすれば大叩きを防げるのでしょうか?

トラブルに陥ったときに大切なものは技術よりも正確な判断でしょう。

正確な判断ができれば大叩きを防げます。

ゴルフで大叩きの原因は、
難しい状況から無理をしてしまうからではないですか?

コースに出るとどうしても、いいスコアで回りたいと思ってしまいます。

その思いが大きくなりすぎてしまうと、スタートホールや出だしの数ホールで大叩きしてしまうことがありませんか?

大叩きの別のケースとして、

ラウンド後半の上がり3ホールでスコアを乱してしまうことがありませんか?

せっかくのゴルフが台無しに・・・

では、そうならないためにはどんなことをすればいいのでしょうか?

トラブル時の無理は禁物

想像してください、、、

もしあなたのボールが林に入ってしまいました。

グリーンに近づけるには、木と木の狭い間に打たなければならない。

木と木の狭い間を狙えばグリーン手前の50ヤードにボールを運べます。

横に出せばグリーンまでの距離は150ヤード残ります。

あなたはどうしますか?

残り50ヤードも、残り150ヤードもスコアでは大きな差はありません。

グリーンに近づけようとして、林からの脱出に失敗するとスコアを大きく崩す可能性が高まります。状況とリスクを冷静に把握しましょう。

トラブル時は無理をしないことが大叩きを減らすコツです。

もし脱出が5割以上の成功ならばチャレンジしても良いかもしれません。

でも、殆どの場合「横に出すだけ」が正解でしょう。

安全策が優先でしょう!

次のショットが優しくなる場所を選ぶ

トラブル時は無理をしないで横に出そうと、安全なルートを選んでも油断は禁物です。

林から横に出すときに注意が必要です。

横に出すときは確実にフェアーウェイにボールを置きにいきます。

ボールを横にだす場合、弱すぎても強く打ちすぎても、フェアーウェイにボールが残りません。せっかく安全策を選択したのに、次のショットをラフや傾斜面から打つことにならないように注意しましょう。

ポイントは、どこにボールを出すか明確に決めることです。

  • 30ヤード以上打てば、手前のラフを超えてフェアーウェイに届く
  • 60ヤード以上打つと、逆側のラフに入る

この30ヤードから、60ヤードの範囲に林からボールを出し、確実にフェアーウェイにボールを置くことです。

ですが、安全策を選んだからといって出せばよいわけではありません。場所によっては次のグリーンを狙うショットがバンカー超えになってしまうケースがあります。

ボールを置く場所によって次のショットの難易度が変わります。

どこにボールを打つのか明確に決めて、次の打つショットが優しくなる場所を選びます。

これを意識するとスコアを崩さずにすみます。

ミスショットが出たら空を見上げる

大きなミスショットをしてしまった時、空を見上げてみることをオススメします。

頭に血が上ってしまうと、自分でも驚くほど視野が狭くなっているものです。

その時は、空を見上げて、深呼吸します。

雲の流れや木立の揺れ、風の音を感じてみます。

ゴルフができる喜びが感じられるはずです。

これで次のナイスショットに繋がるでしょう。

なぜ、最初の3ホールでスコアが崩れるのか

スタートの3ホール(モーニングショット)で崩れる理由の1つとして、 練習と本番ではプレルーチンからショットまでのリズムが違います。

ラウンド前にドライビングレンジで練習する人は多いですが、本番モードでスイングの練習をしている人は少ないですね。

また、到着の時間に余裕がなく、パッティンググリーンでストロークの練習やグリーンの速さを確認するだけでスタートしてしまう人も意外と多いですね。

この人たちはいきなり本番スタートなんのでミスショットが出ても全く可笑しくないです。

崩れる理由として、
練習場と本番のコースでは、ボールを打つまでのリズムが違うことでスタートの3ホールでスコアを崩してしまう人がいます。

練習場にはOBはありませんし、ミスショットをしてもペナルティもありません。

練習では何度も打ちなおしているうちにリズムが整います。

またメンタル的な影響もでないので完璧と勘違いしてしまいます。

tigger_missしかし、本番は1発勝負なので、練習場とはリズムが違いますが、3ホールほどプレーをすると一発勝負のリズムになれてきます。

そのため4ホール目あたりからショットが安定し、スコアも安定するのです。

スタートの3ホールでスコアを崩さないためにはどうすれば良いのか?

ラウンドの前の練習でコースでラウンドすることをイメージして練習をすることで本番に近いリズム感が養えます。

 ラウンドイメージの仕方

練習場で本番のリズムを作る方法として、これからスタートする1番ホールでも、別のコースのホールでも本番のコースを想定してボールを打ちます。

ドライバーでは本番と同じようにプレショットルーティンを行ってから、ボールを打ちます。

セカンドショットは残り距離を想定して、クラブを選び、プレショットルーティンを行ってからボールを打ちます。

狙った距離をショートした場合はその距離をアプローチします。

こちらもプレショットルーティンや素振りを本番と同じように行います。

こうしてラウンド前にラウンドしているメージをつくれば、本当の1番ティにきたときには、
既に3ホールほどプレーを終えた本番モードになっています。

とても単純ではありますが、

これで最初の3ホールで崩れるゴルフとお別れになります。

上がり3ホールのスコアの乱れを防止する方法

ラウンドの前半は調子が良くて、このままいけばベストスコアが出そう!

と思ったのに、後半で崩れて、終わってみればいつもと同じスコア・・・

誰しもがこんな経験はありますね!

実はラウンド後半にスコアを崩さない方法があるのです。

これを知ればスコアアップできますよ。

なぜ、ラウンドの後半になるとスコアが崩れるのか?

一番の原因は「疲労」、次に集中力の欠如です。

特に「下半身の疲労」がスイングに影響します。

歩きまわるとどうしても疲れが溜まります。

後半になって疲れてくるとアドレスやインパクトで上体が起き上がりスライスになりやすいです。

またバックスイングで右足が耐えられなくなり、スウェーになりやすくなります。

振り遅れになりスライスやプッシュなどのミスショットが多くなります。

疲労は徐々に溜まってくるので本人が気づいていないケースは多いです。

では、どうすれば良いのか?

「下半身の疲労」対策のポイント

(1)日常生活で下半身を強化する

普段からできるだけ歩くことを心掛けましょう。

  • エレベーターを使わずに階段を使う
  • 短い距離なら電車や車を使わずに歩く
  • スクワットなどの下半身強化を継続的に行う

下半身強化は飛距離アップにも効果があります。

日常生活で下半身を強化すると良いです。

(2)ラウンド前日に疲れをためない

ラウンド前日に猛練習をするのはノーです。

ラウンド当日に疲れを残すし、スイングはそんな簡単には変わりません。

前日の練習は「テンポを整える」くらいが調度良いです。

(3)ラウンド当日の疲労対策

ラウンド当日も疲労対策をすると後半のスコアダウンを防げます。

  • 夏用の服で「暑さ対策」をする
  • 日傘、サングラス「日焼け対策」をする
  • こまめに飲み物や食べ物を補給する
  • チョコレートなどにより糖分を補給し「集中力の低下を防止」する
  • バックスイングの「右膝の耐え」を意識する

また、後半は疲労からボールがバラつきやすいと知っていれば、「グリーンセンターを狙う」、「バンカーを避けて狙う」など戦略が変わってきます。

まとめ

ゴルフで大叩きしない方法!

・トラブル時の無理は禁物

・次のショットが優しくなる場所を選ぶ

・ミスショットが出たら空を見上げる

・ラウンドの前の練習でラウンドイメージして練習する

・日常生活で下半身を強化する

・ラウンド前日に疲れをためない

・ラウンド中は疲労を防止する

・疲労することを前提にコース戦略を考える

正確な判断ができれば、大叩きを防げます。

少しくらいミスショットをしてもスコアを崩さずにすみます。

応援しています。

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
スポンサーリンク

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう