逆オーバーラッピンググリップ

どうすれば、ゴルフ上達できるの?
ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

「パッティングにスタイルなし」

という格言をもっとも端的に物語っているのが、グリップだろう。

パッティングのグリップは構え以上に十人十色です。

・手の位置を左右逆にするクロスハンドグリップのプロ

・変則的なグリップのプロ

ここでは、最も一般的とされる逆オーバーラッピンググリップを中心に説明しましょう。

先ずは、逆オーバーラッピンググリップの基本的な握り方ですが、それは「両手のひらで包むように握る」ということです。

ショットの場合は、フェイスローテーションをスムーズにしたり、パワーをムダなくボールに伝えるため、フィンガーグリップ(左手の小指の付け根から人さし指の第2関節にグリップを当て、右手は中指と薬指の第1関節にグリップを乗せるようにして握る方法)を採用しているプロが多い。

しかし、パッティングの場合は、フェイスローテーションをする必要も、パワーをボー ルに伝える必要もない。自分のイメージやフイーリングをパターに伝えればよく、そのためには、パターとゴルファーの唯一の接点であるグリップがパターと一体化していた方がよいのです。

それには、「両手のひらで包むように握る」方法がベストでしょう。

まず左手だが、フィンガーグリップのときより指の関節ひとつ分、手のひら寄りにパターのグリップを当て、親指はグリップの真上に乗せる。

右手は、小指と薬指を左手の人さし指の下にもぐりこませるようにして、親指はやはりグリップの真上に乗せる。あるいは、右手から先に握り、そこに左手を被せるように握ってもかまわない。こうして他の指を自然にグリップに巻きつかせれば、逆フィンガーグリップの完成です。

グリップをこの形にすると、構えたときには、両手のひらがちょうど向い合せになっているはず。そして、ここがもっとも肝心なところだが、左手の甲がきちんとターゲットに向き、右手の甲はそれとは反対になっていなければならない。

これによって、左手の甲は、パターのフェイスと一体化します。そして、右手の “押す力”がスクエアにパターからボールへと伝わり、結果としてボールはターゲットに向かって真っ直ぐに転がっていくのです。

最も一般的な逆オーバーラッピンググリップでは、右手の人さし指をショットと同じく、ピストルの引き金を引くような形でクラブに引っかけているゴルファーが多い。

しかし、右手の人さし指を伸ばす握り方もあり、こうすると、手とパターの一体感がより強くなり、パターヘッドを思った方向に出しやすくなるのです。

石手の人さし指はまっすぐに伸ばして、パターグリップの右側面にぴたりと当ててもいいし、指先だけはグリップのやや下側にあてがってもいい。

右利きのゴルファーの場合、パッティングのタッチは右手で出すタイプが多いはずだが、人さし指を伸ばすことで右手の感覚がより鋭くなり、方向性の精度も高まるというわけです。

■パッティングの原則のひとつに「手首を使わない」

手首を使ってインパクトすると、距離感が出しにくいだけでなく、方向性も狂いやすいからです。

そこで、プロはさまざまな方法で手首を固定し、アドレスでつくった手首の角度をストローク中、ずっとキープしようとする。左手の人さし指を伸ばすというのも、そのための方法のひとつです。

逆オーラッピンググリップの場合、左手の人さし指は右手の小指と薬指の間に置くゴルファーが多いが、左手の人さし指を伸ばして、右手の小指、薬指、中指の3本を包み込むようにすると、左手首の角度がキープしやすいだけでなく、両手の一体感が出てグリップ全体が安定します。

また、左手の人さし指だけでなく、右手の人さし指も同時に伸ばしてグリップするという方法もあります。こうすると、両手全体で包み込むようにしてパターを握っている感覚がより強くなるのです。

両手の間隔をきっちりと詰めたり、左右の人さし指の曲げ具合を調節したりすれば、きっとあなたにぴったりのグリップが見つかるはずです。

■オーバーラッピンググリップ

プロのなかには、パッティングのときも普通のショットと同じ、オーバーラッピンググリップで握るプロもいます。

このタイプのプロは「パットもショットの延長である」と考えることによって、パッテイングをよりシンプルにしようとしているわです。

パットのセオリーとして「真っ直ぐ引いて真っすぐ出す」というものがあるが、パットもショットの延長と考えれば、「インサイド・イン」、つまりインに引いて、インに出すという軌道をイメージしながらストロークしています。

パットとショットはまったく別物と考えるか、パットはショットの延長線上にあると考えるかによって、グリップの仕方もイメージ上のストロークの軌道も変わってくる。これがパッティングの面白いところで、あなたもあれこれ試して、自分にベストのグリップを見つけてみてはどうですか。

■クロスハンドグリップ

クロスハンドグリップとは、左手を右手の下にしてパターを握る方法。

このグリップも、左右の人差し指を曲げる・伸ばす、左右の手の間隔をあける・詰めるなど、さまざまなバリエーションがあるが、いずれも、ストロークを先導する左手の動きがシンプルになるため、方向性が安定するというメリットがある。

そのほかにも、左手が下になることで、両肩を結んだラインが水平になり、ラインが出しやすい、左手首の角度がキープしやすく、左腕とパターの一体感が得られやすいなどのメリットがある。

ただし、左手が主役になる分、繊細な右手の感覚が出しずらくなるため、曲がるラインやロングパットの距離感は合わせにくくなるというデメリットもある。

もちろん、これはあくまで一般論。どんなグリップであれ、自分のフィーリングに合うと思うのであれば、何でもありなのだ。

これぞと思うグリップを見つけたら、あとは練習あるのみです。

参考になれば幸いです。

上達するゴルフ練習法がオススメする練習メソッド

★体幹軸ゴルフ マスターパック
★忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
逆オーバーラッピンググリップ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!