腰を高速回転させれば、ボールは遠くに飛ぶ

どうすれば、ゴルフ上達できるの?
ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

腰を高速回転させれば、ボールは遠くに飛びます。

腰は漠然と回してはダメです。高速で回すことです。

角速度を高めればボールは飛びます。

飛ぶか飛ばないかの理屈はこの角速度の差にあるのです。

角速度とは、角度の変化を時間で割ったものです。

例えて言えば、部屋のドアが「バタン!」と閉まるか、「ギーギーギー」と閉まるかの差です。「バタン! 」は角速度が速く、「ギーギーギー」は角遠度が遅いというわけです。
ゴルフに当てはめると、体の回転速度のことになります。

体の回転速度が速ければ速いほどボールは遠くに飛ぶ

「もっと腰を回して!」

耳にタコができるくらいによく言われた言葉でしよう。
腰を回しなさい、とことさらに言わなくても、スイングをすれば誰でも腰は回るものです。
間題は、いかに速く回すかなのです。

ただ、スイングすれば腰は回って当然としか考えない人と、腰を回すのは、それもできるだけ速く回転させるのは、ボールを遠くに飛ばすためということをわかっている人では、つまり、何のために腰を回すのかについて理解している、いないではスイングそのものに大きな差が生じてしまいます。

「腰はここまで回す」というのではなく、「速く回す」だけでいいのです。

われわれは、さまざまな動作を、運動の回路を通して大脳に記憶させ、それを必要なときに再現するのです。そのためには、動作というものが意識的に行われる必要があります。意識的に行うことで、動作に目的性が生じ、やがて技というレベルに磨かれていくわけです。何も考えないムダな練習はヤメ!というわけです。

角速度についても同じことが言えます。できるだけ腰を速く回転させることを、常に意識する必要があります。また、意識することで速く回せられるようになるので す。

意識することで、高速回転という動作を形づくっていくのです。
そんな高速回転を可能にする体づかいのポイントが外腹斜筋です。

外腹斜筋とは、腹直筋の両横、いわゆる脇腹に斜めに走っていて、おもに上体をヒネるときに使う筋肉です。ここをアドレスからフィニッシュまで意識してスイン グをしていくと、非常に安定したボデイターンが可能になるのです。

腕を振り回してもヘッドスピードが上がらない理由

腰を速く回すということがわかっていない人は、たいてい、「ヘッドスピードが速ければボールは遠くに飛んでいく、そのためには腕をできるだ速く振るにかぎる。そのためには、腕のパワーが、とりわけ左腕のパワーが問題となる」と思っています。
「ヘッドスピードが速ければボールは遠くに飛んでいく」、これについては正解です。

飛距離はヘッドスピードの速さ次第なのです。

「腕をできるだけ速く振る」、これについても正解です。

では、どこがいけないのか。「腕のパワーが問題となる」のではありません。ましてや、パワーは腕で発生するものではありません。腕の大きな役目は、パワーを伝達すること。あくまでもパワーは、体の中心軸を基点に、 体(腰) を回転させることで発生するのです。この回転が速ければ速いほど、パワーは大きくなります。いくら、腕だけをカ一杯振り回しても、クラブは振れてはいないのです。ヘッドスピードは出ていないのです。体の中心の軸が回っていないから、ヘッドスピードが出ないのです。

角速度を高めると、ボールの方向性も安定する

角速度を高めることのメリットは、ボールの飛距離ア ップを図るということだけではありません。実は、ボールの方向性とも密接な関係があるのです。

我々のスイングは、体の中心を軸にクラブへッドまでの半径で、円を描きます。

インパクトとは、この円周上の一点に置かれたボールに、クラブへッドが当たることを言います。そしてこのとき、ボールに対してクラブへッドが直角(真正面から) に当たるかぎり、ボールは真っすぐに飛んでいくのです。

重みのあるクラブへッドは、円周上を常に、軸に対して直角に移動します。この状態で、つまり、ボールを真正面から捉えるために、いちばん大切なことは、体の中心軸で発生したパワーを素直にクラブへッドに伝えるということです。パワーを口スすることなく、クラブへッドがボールに正確に当たる。当然と言えば当然です。ところが、アマチュアの多くは、パワーを素直にクラブへッドに伝えることができないのです。

「どうしてできないのですか。何かテクニックがあるのですか?」

こう思われるのも当然です。

テクニックなんて全然関係ありません。ただ、腕の動きが素直でないんです。
腕の動きが素直でない? 何も変な動きをしているつもりはないのですが・・・

腕の動きが素直でないということは、よけいな力を入れてしまうということです。

例えば、クラブを左の指でぎゅっと握ってしまう、肩と腕で作るいわゆる三角形を意識するあまり、腕の肘や関節をガチガチに固めてしまう。これでは、体を軸にしてスイングすることなどできません。

あくまでも、体の軸を中心にするスイングに、腕は素直に従うものだというわけです。

ゴルフの場合、体の中心軸の回転により発生したパワーは内から外に伝わるという、カの伝動性があります。

このカの伝わり方の上手な人ほど、腕をムチのように使っています。

逆に、下手な人は腕だでけ振ろうとすのるでのヘッドスピードが上がらないのです。角速度は殆どなく、腕だけに頼ろうとするのでヘッドスピードが出ないのです。

常に腰を回転させる動作を練習に取り入れたいものです。

腰を回転させる動作は、日常生活にはあまりないので、意識的に練習で取り入れていくようにしましょう。

また、この腰を回すということは、準備運動としても非常に有効なのです。たとえば、ゴルフ場に着いても、スタートまで練習時間がなく、ボールを打たずにティーグラウンドに立たなくてはいけないときがあります。

そんなときは、ミドルアイアンを二本ほど握って、スイングプレーンを意識してクラブを左右に振り回します。これを20回もすると、ボールを打ったのと同じくらいの効果があるのです。

結論、角速度を速めることが、飛距離アップに繋がるということです。

応援しています。

上達するゴルフ練習法がオススメする練習メソッド

★体幹軸ゴルフ マスターパック
★忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
腰を高速回転させれば、ボールは遠くに飛ぶ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!