飛距離を最低20ヤード伸ばし真っ直ぐ飛ばす方法

ゴルフをやる上で、やはり飛距離は欠かせません。

飛距離が伸びればその分、スコアも縮まり、
より遠くへ飛ばせれば、スカッとして楽しいはずです。

そこでどんなに練習してもなかなか飛距離が伸びないあなた!

今の自分のスイング、正しいスイングなのでしょうか?

雑誌に載っている方法や、レッスンプロに通って練習して、
確かに上手くはなったけど、、、
なぜか「飛距離が出ない。」ということはないでしょうか。

・年だから…

・運動神経が悪いから…

なんてことを思っていませんか。

これらは飛距離が伸びないのとは関係ありません。

ではなぜ飛距離が出る人と出ない人に差が出るのでしょうか??

重要なのは「体幹」と「軸」なのです

飛距離を出そうとして、普段は出来ているスイングが無意識のうちに出来なくなり、結果「体幹」と「軸」がフィットせず飛距離が出ない。

飛距離を出すために練習。また練習。。。

練習方法を間違えると、そのうち悪いクセがついたりして、悪循環となってしまうのです。。

しかも首や肩、腰などの筋肉を痛めたりして、ゴルフが楽しめなくなる人も多くいます。

しかし「スイングの本質」を正しく理解していれば、飛距離がアップしケガもしにくくなるのです。

これには大事なことが2つあります。

・体幹軸を中心とした回転運動

・左右対称のスイングを身につける

以上、この2つです。

この2つのポイントが飛距離アップのカギとなるのです。

このポイントをおさえておくと、あなたが持つスイングパフォーマンスを最大限に引き出し、
飛距離や正確性、スイングスピードまでアップさせてくれます。

つまりこれをマスターすれば、きっと、最短距離でスコアアップも可能となるでしょう。

飛距離が伸びれば、ゴルフがもっと楽しくなることは間違いありません。

確実に飛距離を最低20ヤード伸ばし、真っ直ぐ飛ばすためには、「力いっぱいクラブを振る」ことではなく、体の軸をぶらさずに、無駄な力が入らないしなやかなスイングを身につけることが必要ですが、少ない練習量で上達のポイントをつかめる練習方法があります。

クラブの芯でボールを捉える方法

クラブの芯でボールを打つにはどうすれば良いのか?

「あれ?すごく飛んだ!」という経験がありませか?

その理由は、「芯でボールを打てた」ということでしょう。

芯を外すと飛距離が大きく落ちてしまいます。

芯で打てれば飛距離が伸びます。

クラブの芯でボールを打つと、、、

左右のバラつきがなくなり、曲がらない飛距離が出るショットに繋がります。

もしあなたが、「ショットが安定しない」、「飛距離が出ない」と悩んでいるならクラブの芯でボールを打つ練習をして下さい。

(1)「スイング軸」を安定させる

「スイング軸」を安定させるとクラブの芯で打ちやすくなります。

スイング軸を安定させるために『バックスイング時に頭を動かさない』を意識しています。

(2)オーバースイングを直す

オーバースイングとは
「トップのポジションでシャフトが地面と平行を超えてしまう状態」です。

オーバースイングのために飛距離をロスしている人は多いです。

オーバースイングはインパクトが安定しないので芯を外しやすくなります。

たくさん練習をすればオーバースイングでもボールを打てますが練習量が少ないアマチュアは再現性が悪くなります。

アマチュアこそ「コンパクトなトップ、大きなフォロー」が大切です。

本人が気づかないうちにオーバースイングになっている場合もあります。

「少しくらいオーバースイングの方が飛距離はでるのでは?」と思っている方もいます。

でも、、、誤解です。
オーバースイングは「百害あって一利なし」です。

オーバースイングを直すとショットが安定し、飛距離が伸びる可能性も高いです。

ご心配無用です、誰もが飛距離をロスする原因を持っています。

少しの気づきでゴルフの飛距離は伸びるものです。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう