フェアウェイウッドのミスが多いトップ・チョロを直す練習法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしあなたが「フェアウェイウッドでミスが多い」と悩んでいるなら!

ドライバーの飛距離アップが課題かもしれません。

フェアウェイウッドのミスが多いのは、ドライバーの飛距離不足によりセカンドショットで無理をしているというケースもあります。

フェアウェイウッドを安定して打てるとドライバーの飛距離不足をカバーできます。

フェアウェイウッドが安定して打てると距離の長いコースでもスコアを落とさずにすみます。

ではどうすれば
「フェアウェイウッドのミス」
を防止できるのか?

フェアウェイウッドのミスが一番多いのは、チョロやトップではないですか。

もしあなたが
フェアウェイウッドを使うとチョロやトップになるミスが多いのなら今回の記事が役に立つでしょう。

フェアウェイウッドのミスを減らす方法

フェアウェイウッドがトップ、チョロになる…

フェアウェイウッドがダフル…

フェアウェイウッドを斜面から打てない…

フェアウェイウッドが苦手だとロングホールではスコアをまとめにくいです。

フェアウェイウッドを使いこなせると400ヤードを超えるミドルのセカンドでグリーンが狙えます。

また、ドライバーでミスをして飛距離がでなくてもセカンドショットでグリーンを狙えます。

フェアウェイウッドでトップになる原因は、スイングでボールを上げようとしているからです。

ボールを上げようとするとアッパースイングになり、ボールの下は地面なので「ダフリ」「トップ」になります。

ティーアップしているボールならなんとか打てるのですが地面にあるボールは打てません。

実はフェアウェイウッドもダウンブローが良いです。

ただ、、、意識してダウンブローに打つのは難しいです。

フェアウェイウッドでダウンブローに打つオススメのドリルがあります。

・ボールの横に葉っぱを置きます。
・ボールと葉っぱを一緒に打つ
をお試しください。

適度なダウンブローになりやすいです。

FWのチョロやトップを直すコツ

フェアウェイウッドでチョロやトップを直す方法は、いくつかありますが、その中の簡単な方法をご紹介します。

(1)アッパー軌道で打っていませんか?

飛距離を伸ばしたいと思うと気づかないうちに「アッパー軌道」になりやすいです。

ドライバーの練習を多くしているとアッパー軌道になりやすいです。

ティーアップして打つドライバーはアッパー軌道でも打てます。

地面にあるボールをアッパー軌道で打つことはできません。

ボールの前に地面を叩くかチョロやトップになってしまいます。

(2)アッパー軌道になる原因は「上げたい気持ち」

アッパー軌道になる原因はいくつかあります。

・飛ばしたいという気持ち

・ドライバーの練習をたくさんしている

・アドレスで体重が右足に多めにかかっている

・アドレスで左肩が右肩に比べて高すぎる

・インパクトで軸が大きく右に傾く

いずれも「ボールを上げたい」という気持ちが根本にあります。

そのために無意識にアッパー軌道になっています。

(3)ボールはクラブが上げてくれる

ボールはクラブのロフトが上げてくれます。

フェアウェイウッドのチョロやトップを直すにはスイングでボールを上げようとしないことです。

「低いボールを打つ」という意識にするとチョロやトップを直しやすいです。

「クラブを信じてボールを上げようとしない」

低いボールを打つイメージです。

「ダウンスイングで左足に体重を乗せる」を意識すると上手くいくケースも多いです。

■ロフト角が多めの優しいフェアウェイウッドを選ぶ

「フェアウェイウッドが苦手」という場合は優しいクラブを選ぶようにしましょう。

優しいフェアウェイウッドを選ぶポイントは単純です。

「ロフト角を多め」にする。

ツアープロもロフト角は多めにする傾向があります。

練習量の少ないアマチュアゴルファーが地面から打つ場合はロフト18度以上の5Wから使うのがオススメです。

■3Wが苦手なら、5Wを使う

3Wが苦手なら、5Wを使い、5Wが苦手なら、7Wを使うというのも賢い考え方です。

3Wに比べて5Wは、シャフトが短いので芯で打ちやすいし、ロフトがあるのでボールが上がりやすいです。

飛距離は、5Wでミートすれば3Wより5Wの方が飛ぶケースも多いです。

普段は3Wで打てるとしても状況に応じて5Wの方が良い場合も多いです。

たとえばセカンドショットなどが傾斜地の場合ヘッドスピードは大きく落ちます。

そのため3Wより、5Wの方が楽に飛ばせる状況は多くなります。

FWのダフリを防ぐコツ

クラブフェースの下でボールを叩くとチョロになります。

ボールの前の地面を叩くとダフリになります。

では、どうすれば良いのか?

フェアウェイウッドのダフリ病の人には、理屈抜きで、ティーアップして打ってみることをすすめます。

フェアウェイ ウッドを使うと、どう してもダフリが多い。

こういう人は、飛ばすことを考えて体を使いすぎています。

クラブを下ろしてくるとき、左肩が上がりすぎたり開いたりして、クラプへッドか早く落ちてくるからです。

このフェアウュイウッドのダフリを直す練習は、ティーアップをして打ってみることです。

この場合のティーの高さはドライバーのようなティーの高さでなく、ショートコースで使うアイアンの低いティーの高さにします。

ただし、ティーアップしたとしてもドライバーを打つ練習のように球を打つのではない。

この練習の大切なポイントは、ティーを払う感じで打つことにある。

すると、自然にヘッドをマットにすべらせる感覚がわかってきます。

このマットの上をすべらせる感覚がわかってきたら、ティーアップをやめてマットの上に直接ポールを置いて打つ。

その際、試しにクラブを2~3センチ程度短く持っと振りやすくなります。

そして、まだミスショットが多いようならティーアップして打ちます。

この練習を繰り返しやってみると、ダフリがやがて直ってくるし、フェアウェイウッドは軽く打って飛距離が出ることもわかるはずです。

まとめ

フェアウェイウッドはゴルファーの強い味方です。

フェアウェイウッドを使いこなせると、、、

・ドライバーでミスをして飛距離がでなくてもセカンドショットでグリーンを狙えます

・長いコースでも安心して攻略できます

・ティーショットのプレッシャーが軽くなります

フェアウェイウッドを安定して打てるとドライバーのミスをカバーできます。

フェアウェイウッドを安定して打てるとロングホールを良いスコアであがれます。

参考になれば幸いです。