バンカーショットの基本を習得すれば一発で脱出

あなたも「バンカーが苦手」と悩んでいませんか?

バンカーは「入りやすい場所」に配置されています。

ガードバンカーはグリーンのすぐ周りに配置。

FWバンカーはセカンド地点の近くに配置。

バンカーに絶対に入れないというプレーは難しいでしょう。

バンカーが苦手だとスコアを崩しやすいです。

おお叩きする人がたまにいますね。

バンカーが苦手になる一番の理由は「練習不足」です。

大半の練習場にはアプローチの練習場やバンカーの練習場がありませんね。

そこでバンカーの練習場がなくてもバンカーの練習ができる練習方法をご紹介します。

その前にバンカーショットの基本も習得してください。

バンカーショットの基本ポイント

・トップでもフォローでも腕に力をいれず、クラブの重さでスイングをします。

・フェースを開き、バックスイングをゆったりと大きく

・腕の力を抜き、クラブの重さを利用してリズム良く振ります。

・振りぬく位置をイメージしておき、怖がらずにフォローを大きく振ります。

バンカーショットを得意になるには、「基準となる距離」を作ると良いです。

・ふり幅はいつも一緒で、肩から肩のスリークオーターを基準で振る

・腰を回転させてスイングする。(手打ちは駄目です)

・取る砂の量もいつも一緒

・下半身を安定、上半身をリラックス

腕の力を抜いてリズムよく振りぬきます。

25ヤードくらいの距離を打てると思います。

基準となる距離ができると自然に距離感も安定してきます。

フェースを開けば、ボールは高く上がり距離を短くできます。

振り幅を少し変えると、打つ距離を微調整できます。

まずは「基準の打ち方をマスター」が大切です。

バンカーを一発で脱出する練習方法

どうすればバンカーを一発で脱出できるか?

バンカーが苦手と悩んでいる方は多いですね。

さて、皆さんはバンカーショットは得意ですか?

「得意です」と即答できる人は少ないでしょう。

私も苦手です。

バンカーに入っていくときは緊張します。

バンカーは苦手だと思うからよりいっそうミスが出やすくなりますね。

ではどうすればいいのでしょうか?

まずは、距離はどうでもいいので、バンカーを必ず脱出できるショットを1つ身に付けるといいでしょう。

ボールの位置、アドレス、フェースの開き、などのパターンを1つだけしっかり決めます。

ポイントは2つ。

(1)ウェッジの歯を砂に差し込むのではなく、バウンスから着地させて砂を爆発させること。

(2)手打ちではなく体をしっかり回転させること。

ベルトのバックルが出したい方向よりもさらに左を向くぐらい体を回転しないとボールは出ません。

このやり方をマスターするまでは、高く上げたり、遠くに飛ばしたりといったことは考えず、
ひたすら出すことだけに専念します。

バンカーショットが上手くなる方法

バンカーにボールが入ると色々なショットが要求されます。

あごの高いバンカーショット、ピンが遠いバンカーショット、ピンが近いバンカーショット、目玉のバンカーショット、左足下がりのバンカーショット、、、状況により様々ですね。

ですが、バンカーショットは簡単に考えた方が良いでしょう。

高く上がって距離が出ない打ち方」と「低く出て距離が出る打ち方」の2つをマスターできれば、だいたいのシチュエーションには対応できると思います。

ただし、それも、現場の思いつきで変えるのではなく、クラブやフェースの開きを変えるのか、振り幅を変えるのか、得意のパターンをしっかりと決めて、事前に身に付けるようにするといいでしょう。

(1)バンカーに慣れる

実はバンカーショットは慣れれば簡単なショットです。

ボールを直接打つショットよりインパクトの許容範囲が広いからです。

バンカーが苦手な理由は「単純に経験回数が少ない」というだけです。

次の方法でバンカーの経験値を増やしましょう。

  • ラウンド前にゴルフ場に早めに着きバンカー練習をする
  • ラウンド後にコースの練習場で練習する
  • ショートコースなどで練習

コースに出る機会がどうしても取れないなら練習場でティーアップしたボールを打つ練習をオススメします。

(2)バンカーショットのイメージ

バンカーショットは砂を飛ばすというイメージで打ちます。

ボールを意識すると鋭角に打ち込みやすくなります。

ヘッドが砂に深くもぐり飛距離がでにくくなります。

ボールを中心に周辺の砂ごとグリーンに乗せるイメージです。

バンカーの苦手意識が減るとグリーンを狙うショットのプレッシャーも減ります。

スコアアップは当然としてゴルフの楽しみが増えますよ。

バンカーショットは砂を打つ

バンカーショットではボールを打たないということです。

何を打つのかといえば砂。

ボールの手前の砂を打つつもりでそこにヘッドを落とし、砂を飛ばすイメージで振ればボールは勝手に出てくれます。

それにはまず、砂が飛ぶように構えなければなりません。

まず、ボールに対しフェアウェイから打つのと同じようにアドレスした場合を考えてみましょう。

ボールの手前を打つとダフリますから、誰もがロフトを立てて上からボールを打つイメージをもつと思います。

でも、バンカーでこのようなイメージをもって打ったら飛びすぎてしまいます。

フェアウェイバンカーから打つ場合なら構いませんが、ガードバンカーではグリーンをオーバーするでしよう。

また、ミスしてダフるとクラブのリーディングエッジが砂に刺さってボールが飛ばない。もちろん砂も飛びません。

これらを防いで砂を飛ばすには、少しフェースを開いて構えることです。

そもそもサンドウェッジにはバックフェースのソール側にバンスと呼ばれる出っ張りがついていて、フェースを開くとバンスが下を向くようになっています。

この状態でスイングすると、リーディングエッジが刺さることなく砂を飛ばすことができるのです。

ということで、まずはボールにセットしたときにフェースがやや上を向くように開きましよう。

この状態だとスクエアには構えられませんから、リーディングエッジを目標方向に向けたら、それに合わせてオープンに構えてください。

体ごと開きますから、スタンスを含めた体のラインは目標より左を向くことになります。

ボールの手前を打つので、ボール位置は真ん中より左。ヒザを曲げて重心を下げ、さらに左足に体重を多めに乗せておくとボールより下を打ちやすくなります。

ちなみにフェースの開き具合を多めにし、ヒザを深く曲げて重心を下げるほど、ボールは飛ばなくなります。

その際は、オートマチックにスタンス幅が広がってきます。飛ばなくなるぶん打球は高く上がるので、バンカーのアゴが高いときなどには有効です。

逆にフースの開き具合を抑えてかまえると飛ぶセッティングになります。スピン量の少ないボールが打てるのでランが使えます。

スタンスに沿って目標の左に振り抜く

アドレスが決まれば、それに合わせて振るだけ。

手先でなく体の回転を使って打つことは、ノーマルなライでのショットと変わりません。

変わるとすれば、あまりフットワークを使わないこと。

アドレスではヒザを曲げて重心を下げましたが、砂を打つまではこのバランスをキープしたままです。

スイング軌道はアウトサイドインになりますが、これは目標に対してオープンに構えているので当然のこと。怖がらずにスタンスラインに沿って、目標の左に振り抜きましよう。

バックスイングがアウトサイドに上がると体が回りづらくなるので、必要以上に回さなくてもオッケーですが、フォロー側は体を回して最後までしつかり振り抜くこと。こうするとヘッドがボールの前の砂に”パン”と落ちてボールが高く上がります。

201打つときは絶対にボールを上げようとしないように。体が起きて軸が傾き、ダフりやトップになります。これではせっかく砂を打つために作ったセッティングが台無しです。

ライの悪いバンカーショットになるほど、下半身を大きく動かさないことが大切。これを守ってヘッドを砂に落とせば脱出できます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう