この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプローチが上達するにはコツを掴むことです!

アプローチが上手い人はボールの寄せ方のコツを掴んでいます。

アプローチのミスが減ると大幅なスコアアップを期待できます。

グリーン周りのストレスも減りゴルフが楽しくなりますよ。

もしあなたも

「アプローチのミスが減らない!」

と悩んでいるのであればこの記事が参考になります。

アプローチが上手くなるコツを紹介

(1)ミスの少ないAWを使う

アプローチに使うクラブはAWがおススメです。

グリーン周りのアプローチはSWでと最初から決めている人もいますが、、、

おそらく多くのプロがSWを使うからでしょう。

アプローチに使うクラブとしてPWも選択肢に加えると良いです。

SWに比べてロフトが少ないAWやPWはミスが少なく距離感もあわせやすくなります。

プロの試合はグリーンが早いのでSWを使わないと寄せるのが難しい場合も多いです。

普段アマチュアがラウンドするグリーンはAWやPWで対応できるケースが多いです。

ラウンドでいろいろ試してみてはいかがですか?

アプローチに使うクラブとしてAWやPWも使ってみましょう。

(2)左ヒザの角度を変えないでショットする

アプローチは、左足を安定させると、

・クリーンにボールをヒット出来ます
・『打ちたい距離』を打てる確率が上がります

バックスイング時に、左膝をできるだけ動かさないようにすることを意識してください。

アドレスからバックスイング始動後、トップのポジションまで、

・左膝をできるだけ動かさないように
・左膝が伸びないように

を同時に意識しましょう。

すると左足がしっかり踏ん張れて、打点が安定しますよ。

(3)頭を動かさないでショットする

アドレスからバックスイング始動後、トップのポジションまで、頭を動かさないようにします。

アドレスからトップまで左膝と頭を動かさないとショットが安定します。

アプローチが苦手な人はバックスイングで左膝と頭の位置が動いているケースが多いです。

アプローチが上手い人はバックスイングで左膝と頭の位置が動きません。

アプローチでボールの寄せ方のコツを掴んだら次は距離を打ち分けるですね。

アプローチの距離を打ち分ける3つの方法を紹介します。

アプローチの距離を打ち分ける方法

(1)グリップの持つ位置を変える

グリップの持つ位置を変えると同じスイングでも距離を打ち分けることが出来ます。

次の3パターンを練習しておくと良いです。

・グリップエンドを1cm余らせる(通常のグリップ位置)
・グリップエンドを3cm余らせる
・グリップエンドを5cm余らせる(シャフトギリギリ)

クラブの長さが変わるので今までと同じ力感、同じリズムで打つ距離が変わります。

グリップの持つ位置を変えると機械的に距離を打ち分けることができます。

(2)振り幅を変える

スイングの振り幅で距離を打ち分けます。

宮里藍プロは次の基準を持っているそうです。

・右ももから左ももまでの振り幅なら20ヤード
・腰から腰なら30ヤード
・胸から胸なら40ヤード

コツは明確な基準を持つこと。

例えば、

・腰から腰の振り幅なら26ヤード
・ハーフショットなら47ヤード
・スリークォーターなら67ヤード

基準を持てば、そこから足し算や引き算をして距離を打ち分けることができます。

自分が打ちやすい振り幅で基準を持てばok。

(3)クラブを変える

クラブを変えるというのも簡単な方法です。

同じ振り幅でもクラブを変えれば距離が変わります。

「SW、AW、PW」などのウェッジを変えて距離を打ち分けます。

最近のアイアンは飛距離がでるクラブが人気のためストロングロフト化しています。

そのためショートアイアンの飛距離が伸びています。

ショートアイアンの飛距離が伸びているため短い距離を埋めるクラブが必要です。

「ウェッジを4本」というセッティングにすると距離の打ち分けをしやすくなります。

私もPW、AW、AW、SWのウェッジ4本です。

AWはロフト角の違うクラブで飛距離を打ち分けています。

アプローチの距離感が良くなると大幅なスコアアップを出来ます。

是非、試してください。

忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
アプローチが上達するにはコツを掴むことです!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!