安定したドライバーショットの打ち方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフのスコアが崩れる原因の多くはドライバーのミスショットではないですか?

「あそこでOBがなければなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

ドライバーショットが安定しているとスコアを大きく崩さずにすみます。

ショットが安定すると、気持よく振りきれるので飛距離も出しやすいです。

ドライバーショットを安定させる方法がありますか?

安定したドライバーショットの打ち方

(1)アドレスのチェックが最優先

ドライバーが安定しないのはスイングの問題だけではない!

実は、、、

ドライバーが安定しない理由はアドレスに問題あり!

アドレスに問題があるのに、スイングを直しては問題が複雑になります。

「ショットが安定しない」と悩んだらまずはアドレスをチェックしましょう。

ショットを安定させるアドレスの作り方はこちらを参考にしてください。

正しいアドレスを決める方法 ”Y字型”、逆K字型”

(2)前傾角度のキープがショットを安定させる

ショットが安定しない大きな理由の1つが、「スイング中の前傾角度が変わる」です。

スイング中に前傾角度が変わると、、、

・トップやダフリがでます

・スライスやフックもでます

・飛距離も落ちます

などなど、、、

前傾角度が変わると、あらゆるミスショットにつながります。

スイング中の前傾角度のキープはショットの安定には必須条件なのです。

前傾角度をキープしようとすると上半身ばかりを意識しがちです。

実は、、、前傾角度がブレるのは「腰の高さが安定していない」というケースもあります。

スイング中の腰の高さを変えない」がポイントです。

腰の高さが安定すると、上半身の前傾角度も安定します。

ただ、、、前傾角度が変わる原因にアドレスに問題があるケースが多いです。

アドレスが安定しないと、上半身がぐらついて前傾角度もキープできませんから。

アドレスのチェックとスイング中の腰の高さを変えないが大切です。

ナイスショットの必須条件は前傾角度をキープするです。

(3)スウェーを防止して飛距離を伸ばす

飛んで曲がらないショットを打つために「スウェー」はスイング最大の敵です。

ショットが安定しなくなり飛距離を大幅にロスします。

飛ばそうとしてスウェーをしているゴルファーは多いです。

スウェーを防止して飛距離を伸ばす方法は、こちら参考にしてください

https://egolfview.com/archives/11464

スウェーを防止すれば、スイング軸が安定するので、飛距離もアップしますよ。

ドライバーを安定させる3つの重要ポイント

「ドライバーが安定しないのはスイングに問題がある」と考えている方は多いですが、、、

実は、、、

「ドライバーが安定しない理由はアドレス」というケースがとても多いです。

90%以上のアマチュアがアドレスの問題からスイングが安定していないと悩んでいる気がします。

ショットを安定させるためのチェックポイントをご紹介します。

(1)グリップ

ウィークグリップ過ぎないか?

右手の親指と人差し指でできるV字が右肩を指すくらいが標準です。

グリップを強く握り過ぎていないか?

グリップが強すぎるとヘッドが走らない。

(2)アドレス

アゴを少し上げて背筋を伸ばす。ボールを見下す感じで調度良い。

アゴを上げることで肩の回転がスムーズになります。

おしりを少し上に突き出す。おしりを上にあげるとスイング軸が作りやすいです。

ヒザはゆとりを持ち軽く曲げる。パワーがためやすくスイング中に踏ん張れるようになります。

肩や腕に力をいれすぎない。力を入れすぎるとヘッドが走りません。

肩を落として「ホッ」と息をはいてみましょう。肩の力が抜けてクラブヘッドが走ります。

スイング軌道も安定しますし、飛距離も伸びます。

アドレス時に右肘を少し曲げると上半身の力みが取れます。

(3)重心移動

アドレスではないですが、バックスイングの始動でもスイングが不安定になっている方が多いです。

飛ばそうとして、体を左右に動かしすぎてはダメです。

右膝が右に流れないようにアドレスからインパクトまで右膝が正面を向いた状態を保つとスイングが安定します。

軸がぶれないので飛距離が伸び、ショットが安定します。

右足の内側で体重をうけるイメージです。ですが、外側に体重がのったら動きすぎです。

「グリップ」、「アドレス」、「初期の重心移動」がokならショットが安定します。

あとは気持よく振りぬくだけ!

スイング中に余計な細工はいりません。

頭を残して、目とボールの距離を変えず左足へ体重を移動しながら打てば、素晴らしいショットを打てます。

気持よく振りぬいて下さい。

スイングに悩んだらアドレスをチェックするのは上達の近道です。

方向性が安定するドライバーの打ち方

方向性をアップさせるための課題は、アドレスでの正しいアライメントです。

アドレス時に正しく打ちたい方向に向いてアドレスできているか?

スイングを悩むよりもアドレスの向きが大切です。

多くの方が実際にコースに出ると、右向きのアドレスをとってしまいます。

意外やボールを打つ前にアドレスの向きをチェックしてみると、結構、右をむいている。

アドレスで右を向いているのでナイスショットでもボールが右に飛びます。

一番の問題は、アドレスで右を向いているのに、スイングに問題があると勘違いすることです。

もしあなたが、狙った方向に飛ばないと悩んでいるのなら、「アドレスの向き」をチェックして下さい。

ミスショットの8割はアドレスとアライメントですね。

(1)「スパット」を使って正しい方向にアドレスする

スパットとは、目印のことです。

スパットをボールの前後で2箇所見つけます。

ボールから、目標方向に50cmほど離れたところにスパットを見つけます。

スパットとして利用するものは、ディボット、色の違う芝、小枝など、落ち葉などなんでもいいです。

スパットを利用すると、目標方向に正しくアドレスをしやすくなります。

スパットは目標方向とは逆側にも見つけます。

2つのスパットの間に、ボールがあるようにします。

ボールをはさんで2つのスパットがあると練習場でボールを打つのに近い状態になります。

正しい方向にアドレスするのがとても簡単になります。

(2)「スパット」に慣れる練習(マットの上にコインを置く)

「スパットを使ってもアドレスの方向がズレる・・・」
と悩んでいる人もいます。

それならば「スパット」に慣れる練習をしましょう。

練習マットの上にコインを置いてそのコインをスパットにしてアドレスをする。

スパットを使ってアドレスをする感覚をつかめます。

この練習はボールを打たなくてもできるので
自宅でもできます。

(3)スパットをボールの前後で2箇所見つける

目標方向とは逆側にもスパットを見つけるとアドレスが更に簡単になります。

2つのスパットの間に、ボールがあるようにします。

ボールをはさんで2つのスポットがあると練習場でボールを打つのに近い状態になります。

正しい方向にアドレスするのがとても簡単になります。

(4)アゴを少し上げる

「アゴを少し上げて背筋を伸ばす。」

「ボールを見下す感じ」で調度良いです。

アゴを上げることで肩の回転がスムーズになります。

肩の回転がスムーズになるのでスイング軸が安定します。

肩の回転がスムーズになるので回転スピードが早くなります。

「アドレスでアゴを少しあげるだけで」
ショットが安定して飛距離も伸びるのです。

肩の回転不足のためにスライスになっている方もいます。

アゴを少しあげるだけでスライスも直る可能性があります。

(5)おしりを上に上げる

おしりを少し上に突き出す。

おしりを上にあげるとスイング軸が作りやすいです。

スイング軸が安定するのでショットが安定します。

(6)肩の力を抜き、ヒジに余裕を持たせる

肩や腕に力をいれすぎない。

力を入れすぎるとヘッドが走りません。

肩を落として「ホッ」と息をはいてみましょう。

肩の力が抜けてクラブヘッドが走ります。

スイング軌道も安定しますし、飛距離も伸びます。

アドレス時に右ヒジを少し曲げると上半身の力みが取れます。

ヒジに余裕があるとダウンスイングで自然なタメが生まれやすくなります。

ヘッドが走りやすくなり飛距離もアップを期待できます。

ちょっとしたコツを知るだけで方向性が良くなるケースもあります。

ショットの方向性が良くなると大幅なスコアアップを期待できます。

練習場でボールをたくさん打つよりもアドレスをチェックします。

打席でただボールを打つのではなく、目標を毎回かえて、狙った方向にアドレスする。

実際にコースでボールを打つところをイメージしながらボールを打ちましょう。

スタンスの向きだけでなく、肩のライン、腰のラインが目標方向をむいているか確認しましょう。

狙った方向にアドレスをできるとスコアがとても良くなります。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

この記事をフォローしよう